電車の運転士になるには

  • 2021.02.16
  •        
電車の運転士になるには

電車の運転士の概要や仕事内容

電車の運転士とは

私たちが日常的に利用する電車の運転を担っているのが、電車の運転士です。電車の運転士は、車両の先頭にある運転室で、操縦機器を操りながら、電車の運転を行なっています。
電車の運転は、線路や乗車率、気候などによって調整しながら行わなくてはならないため、優れた技術が必要な業務です。また、日本の鉄道は時間厳守が基本となるため、運行時間の管理も正確に行わなくてはなりません。さらに、乗車客への安全配慮も必要です。そのため、電車の運転士は高いスキルや経験が必要な専門性の高い職業だと言えるでしょう。
運転士は専門の訓練を受けたり免許を取得したりした上で、電車の運転を担い、時間通りの安全な電車運行を支えています。

電車の運転士の仕事内容とは

電車の運転士の主な仕事は、電車を安全に運転し、目的地へと乗客や荷物を送り届けることです。ただし、運転士はただ運転を行っているだけではなく、その他の業務も担っています。具体的な仕事内容を挙げてみましょう。

  • 旅客・貨物電車の運転
  • 運転時の時間管理
  • 車両の点検
  • 後退する運転士への引き継ぎ・報告
  • トラブル対応
  • 緊急時における顧客の安全確保

電車の運転士は、電車の運転に加え、より安全な電車の運行を行うための点検や報告、トラブル対応も行っています。

電車の運転士になる方法

電車の運転士になるためには、大学や短大、高校、専門学校等を卒業後、鉄道会社に就職しなければなりません。鉄道会社に就職ができれば、まずは駅員や車掌職として働き、実務経験を積むことになるでしょう。
そして、運転士としての適性がある場合には、運転士としてのスキルを高めるための訓練を受けることになります。その後「動力車操縦者運転免許」試験を受験し、免許を取得して、運転士として配属されれば、運転士として働き始めることができます。
運転士は専門性の高い職業であるため、実務経験や免許取得が必要なのです。

電車の運転士に求められる資格や試験

電車の運転士になるためには、「動力車操縦者運転免許」を取得しなければなりません。「動力車操縦者運転免許」は動力車の種類によって以下の12種に分かれています。

  1. 甲種蒸気機関車
    蒸気機関車(専用軌道等を走る動力車を操縦する場合)
  2. 乙種蒸気機関車
    蒸気機関車(専用軌道等以外を走る動力車を操縦する場合)
  3. 甲種電気車
    電気機関車、電車(専用軌道等を走る動力車を操縦する場合)
  4. 乙種電気車
    電気機関車、電車(専用軌道等以外を走る動力車を操縦する場合)
  5. 甲種内燃車
    ディーゼル機関車、付随車、制御車(専用軌道等を走る動力車を操縦する場合)
  6. 乙種内燃車
    ディーゼル機関車、付随車、制御車(専用軌道等以外を走る動力車を操縦する場合)
  7. 新幹線電気車
    新幹線
  8. 第一種磁気誘導式電気車
    他車や地上と通信を行いながら、軌道上を自動操舵する電気式の電車
  9. 第二種磁気誘導式電気車
    他車や地上と通信を行いながら、軌道上を自動操舵する電気式の電車(自動運転を行う区間で自動運転が不能になった場合に、最寄駅や車庫へ操縦する)
  10. 第一種磁気誘導式内燃車
    他車や地上と通信を行いながら、軌道上を自動操舵するエンジン式の電車
  11. 第二種磁気誘導式内燃車
    他車や地上と通信を行いながら、軌道上を自動操舵するエンジン式の電車(自動運転を行う区間で自動運転が不能になった場合に、最寄駅や車庫へ操縦する)
  12. 無軌条電車
    トロリーバス

このように、「動力車操縦者運転免許」は細かく分類されているため、電車の運転士は運転する車種に合った免許取得が必要です。中でも、一般的な電車を運転するために必要なのは「甲種電気車免許」であり、普通列車や特急列車、モノレール等を運転する運転士は「甲種電気車免許」を取得しています。

難易度や試験について

「甲種電気車免許」の正確な合格率は不明ですが、8割程度と比較的高い水準にあるようです。そのため、資格取得の難易度はさほど高くはないでしょう。
試験概要は以下の表、もしくは試験実施団体ホームページをご覧ください。

受験日程 9月、3月
受験料 22,000円
試験会場 各地運輸局の指定場所
試験形式 身体検査・適性検査・筆記試験・技能試験
試験時間 不明
受験資格 20歳以上、1年以内に運転免許の取消を受けていないこと
合格条件 筆記試験:動力車の操縦に関する法令に係る科目200 点中120 点以上、動力車の構造及び機能に関する科目並びに安全に関する基本的事項及び運転理論に関する科目200 点満点中120 点以上

技能試験:各科目 100 点満点中60 点以上

※2020年現在の試験概要です。試験概要は変更の可能性もあります。

今後の電車の運転士の将来性

電車は人々にとって欠かせない移動手段です。特に都市部では電車の利用が一般的であり、自家用車を持たずに電車を利用する人が多くなっています。また、電車の路線もさらなる広がりを見せており、今後も公共交通機関として、電車は多くの人に利用されていくでしょう。よって、電車の利用は今後もなくなることはありません。
さらに、運転士は専門スキルが必要な職業であり誰でも簡単になれるわけではないので、人材は不足傾向にあります。そのため、現状の電車の運転士の需要は多く、今後も需要がなくなることはないでしょう。また、運転士経験者の中途採用も多いようです。

電車の運転士の就職先

電車の運転士の就職先は、鉄道会社です。鉄道会社は全国に多数存在しており、各社に運転士が所属して電車の運転を行なっています。
また、鉄道会社は以下のように分類されます。

  • JR
    国有鉄道が民営化されてできた鉄道会社。JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の6会社。
  • 私鉄
    民間企業が運営する鉄道会社。(小田急電鉄、東京メトロ、名古屋鉄道、近畿日本鉄道等)
  • 公営鉄道
    自治体や地方公営企業が運営する鉄道会社。(東京都交通局、名古屋市交通局、大阪市交通局等)
  • 第三セクター
    国・地方公共団体と民間企業が共同で運営する鉄道会社。(ゆりかもめ、千葉都市モノレール、三陸鉄道、愛知環状鉄道等)

鉄道会社によって、地域や規模、待遇は大きく異なります。また、近年では観光電車やイベント
といった、集客のための新たな取り組みを行なっている会社もあります。
就職活動においては、各社の個性を事前に知っておくことも大切でしょう。

電車の運転士の平均年収・MAX年収

電車の運転士全体の平均年収は約600万円で、女性運転士の場合は約520万になります。日本人の平均年収が440万円ほどなので、電車の運転士の年収はかなり高めの水準にあると言えるでしょう。
ただし、電車の運転士の年収は、勤める鉄道会社や会社の規模、キャリアによって大きく異なります。一般的には、規模の小さい会社よりも規模の大きな会社、地方よりも都市部を走る鉄道会社に勤める方が、年収は高くなる傾向にあります。また、キャリアが長い運転士であるほど、年収も高くなるでしょう。

電車の運転士に向いているのはこんな人

電車の運転士には、このような人が向いています。

  • 責任感が強い人
  • 集中力がある人
  • いつも冷静で、判断力に長けた人
  • 精神的にタフな人
  • 優れた管理能力を持つ人

電車の運転士は、乗車している多くの顧客の命を預かる、責任の重い職業です。そのため、責任感や業務に対する集中力があることは、電車の運転士にとって必須の要素と言えます。
また、運転士は緊急時の対応を行うこともあるため、いつも冷静で優れた判断力がある人が向いています。そして、責任や判断を負いながら業務を行うことに対する精神的タフさも、なくてはならないでしょう。
さらに、電車の運転士はシフト制の不規則な仕事をこなさなくてはなりません。よって、仕事を行いながら心身の健康を保つためには、自身の生活に対する管理能力も求められます。

電車の運転士に関連する職業や資格

電車の運転士に関連する職業

電車の運転士に関連する職業をご紹介します。

  • 車掌
    発車合図や切符確認等、電車内で電車のスムーズで安全な運行をサポートする職業。
  • 駅員
    切符の販売や顧客案内等、駅構内での業務を行う職業。
  • 鉄道整備士
    鉄道車両や線路、鉄道機器等の点検・整備・修理を行う専門職。
  • 鉄道会社営業職・企画職
    路線開発やイベント企画等、鉄道会社の運営を裏方として支える職業。他の会社と同じように、経理職や事務職等も存在する。

上記は鉄道の運転士と同じ、鉄道会社に所属する職業で、各職が連携しながら、電車の運行または鉄道会社の運営を行っています。

電車の運転士に関連する資格

電車の運転士に関連する資格をご紹介します。

  • 大型二種運転免許
    事業として顧客を乗せる大型自動車を運転するために必須とされている免許。バス運転手や大型トラック運転手として働くために必要。
  • 普通自動車第二種運転免許
    事業として顧客を乗せる普通自動車を運転するために必須とされている免許。タクシー運転手として働くために必要。
  • 鉄道設計技士試験
    鉄道の設計業務に関する総合的な管理能力を証明する資格試験。日本唯一の鉄道技術に関する登録試験として知られる。

運転を仕事とする職業は多くありますが、扱う車種によって必要になる資格や免許は異なります。
また、「鉄道設計技士」は鉄道に深く関わる資格試験であるため、電車の運転士にも関連性があると言えるでしょう。

電車の運転士になれる専門学校はこちら