YIC看護福祉専門学校の学部・学科情報一覧

看護学科

高い技術力を備えた看護師になる。

卒業後の主な進路

・看護師

  • 募集定員

    70名

  • 修業年限

    3年制

患者様とのコミュニケーション能力の向上を図る接遇教育や教員間で連携をとった熱い授業と指導を行い、
看護師として必要な知識、技術を系統立てて教授するとともに、豊かな人間性を育み、社会に貢献できる看護実践者を育成します。

【現場で即戦力!重宝される人材に】
●山口県の専門学校では唯一、心肺停止に対する救命蘇生のICLSを在学中に学べる
●教員・学生が作成した技術動画を活用し自主練!
●メリハリのある徹底した技術指導
●高校卒業からは最速で現場に出られる

【手厚い国家試験対策】
●入学前から知識を復習
●1年次から模試を実施
●チューター制による個別指導も充実
●国家試験を受けたばかりの卒業生からもコツを伝授!!

【求められる職種】
●県内・県外問わずに高い就職率
●求人数は多数!社会に求められる安定した職業
●山口県立総合医療センターや、山口県済生会山口総合病院など地域の中核を担う病院に多数就職
●就職後10年間はバックアップ!10年保証のYIC

  • 初年度納入金

  • 1,200,000円(入学金200,000円・授業料800,000円・施設設備費200,000円)
    ※別途、教材費など年間18万~32万円程度必要です。

介護福祉学科

介護現場で活躍できる実践力を身につける。

卒業後の主な進路

・介護福祉士

  • 募集定員

    25名

  • 修業年限

    2年制

その人らしい生活を支えながら適切な介護の提供ができるプロフェショナルをめざし、
YIC看護福祉専門学校ではYICネットワークを駆使して多職種の理解促進を図り、
本校独自のカリキュラムと地域に出ての授業展開で実践力を身につけます。

【卒業生数は県内NO.1!開校20年以上の伝統と歴史】
●県内No.1の卒業生数を誇る!
●900名以上の卒業生が、実習施設や就職先などの現場の最前線に
●施設長や管理職・実習施設の指導者と一緒に全面サポート

【現場経験はもちろん、長年の実績を持つ愛情あふれる教師陣】
●担任制で相談しやすい環境と雰囲気で安心
●一人ひとりにあわせた技術指導
●自慢の面倒見の良さ!
●少人数のグループ制で国家試験に向けてもしっかりサポート!

【社会に必要とされる職種】
●多くの求人数と100%の就職率
●処遇改善で給与面もアップ
●卒業して数ヶ月後に学校に集合!ホームカミングデーで卒業後も相談しやすい環境に。
●卒業後10年間はバックアップ!10年保証のYIC

  • 初年度納入金

  • 1,000,000円(入学金150,000円・授業料650,000円・施設設備費200,000円)
    ※別途、教材費など年間14万~20万円程度必要です。

社会福祉士通信課程

通信課程で懇切丁寧に指導、指導者のアドバイスで向上するスキル

卒業後の主な進路

・社会福祉士

  • 募集定員

    80名

  • 修業年限

    1.5年制

社会福祉士の第1回国家試験から四半世紀が経ち、様々な福祉的ニーズを持つ人を支えるため地域社会でいかに貢献できるか、時代の変遷とともに社会福祉士の役割がますます問われています。
当校のソーシャルワーク実習では、理論と実践の結び付けや、社会福祉士に求められるスキルについて理解を深めます。
可能な限り個々の都合に合わせた実習も可能です。

◆本校の講師陣が添削指導 科目課題レポート
「学習のてびき」に示された学習課題によって作成し、期日までに提出されたものを、本校の講師が添削指導します。
自宅学習は、定められた時間数を学習のてびきに示された授業計画に従って行います。

◆学期ごとに行う面接授業
面接授業は出席時間数のすべてを受講しなければなりません。
面接授業を欠席するとその科目は評価できなくなります。
ソーシャルワーク実習が必要な方は、ソーシャルワーク実習指導の面接授業も受講しなければなりません。

◆実習は240時間相当!ソーシャルワーク実習
YIC看護福祉専門学校が対象地域に確保する実習指定施設において、11月から翌年の7月の間に240時間相当の実習を行います。
実習の前後にソーシャルワーク実習指導も合わせて行います。

《相談援助業務とは》
医療・福祉業界における相談援助業務とは、老人福祉施設や障害者施設での相談員、支援員として、
患者様もしくは利用者様から費用や業務内容などの質問・相談を受け、応対する勤務を指します。
当校の社会福祉士通信課程では、ソーシャルワーク実習を実習指定施設において行っており、ソーシャルワーク実習指導の面接授業も合わせて受講します。
特別養護老人ホームや、老人デイサービスセンターなどの介護職は、相談援助業務に該当しません。
実務経験があり、ソーシャルワーク実習が不要の方は出願の際、実務経験証明書をご提示ください。

※面接授業(スクーリング)は、出席時間数のすべての受講が必須で、面接授業を欠席すると、その科目は評価できなくなります。
※相談援助実習が必要な方は、相談援助実習指導のスクーリングを受講しなくてはなりません。

  • 初年度納入金

介護実務者研修通信課程

介護実務者研修が通信課程で受講できる!

卒業後の主な進路

・介護福祉士

  • 募集定員

    80名

  • 修業年限

    6ヶ月制

2017年の法改正を受け、実務経験だけでは介護福祉士国家試験が受験できなくなり、実務経験3年に加えて「介護実務者研修(450時間)」の受講が義務付けられました。
本校では働きながら介護福祉士やサービス提供責任者などをめざす皆さんに対し、通信課程(パソコン・スマホ・タブレット端末を使ったEレポート方式)での実務者研修を開講いたします。
介護福祉に関する必要な知識・技術を丁寧に指導し、地域社会に貢献できる介護福祉人材の育成をめざしています。
仕事や家事と両立しながら、介護福祉士国家資格取得をめざす皆さんを、YICは全力でサポートします。

「Eレポート」方式について詳しくは一般社団法人KJK(http://www.k-jk.jp/)でご確認ください。

  • 初年度納入金

  • 入学金15,000円・受講料45,000~135,000円(教材費込み)
    ※金額は資格取得状況で異なります

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!