口コミ募集中

お気に入り登録

学校法人国際代々木学園

日本デザイン福祉専門学校

メッセージ

  • 仕事をしながら子供と一緒に楽しみたい!

    勝田 英子さん

    勝田 英子さん

    卒業後は、デザインプロダクション勤務、その後フリーのイラストレーターとして独立。
    2013年・2014年と2年連続で「下松(山口県)手づくり絵本全国コンクール」市長賞を受賞。
    現在、大阪府大東市で、子育て支援センター『キッズプラザ』つどいの広場『まんまい〜よ』の保育士を務める傍らイラストレーターとしても活躍中。

    こういう仕事をしていて大切だと思うのは、遊んでいても歌を歌っていても自分自身が楽しむことです。
    自分が楽しんでいないと、子供たちに楽しさは伝わりません。
    一生懸命仕事を楽しんでください。

    全文を見る
  • 劇場版「TIGER&BUNNY-The Rising」の美術監督で、今、話題の「山賊の娘ローニャ」の製作にも参加。

    大久保 錦一さん

    大久保 錦一さん

    本校卒業後、アニメーション美術&背景の制作会社スタジオカノンに入社。
    約7年間の勤務の後フリーランスに。
    TV版TIGER&BUNNYで美術監督デビュー。

    美術監督の仕事は、作品を制作するにあたって作品全体の世界観をスタッフに示し、背景美術のクオリティーを一定の水準に保つことが仕事です。
    美術監督になるキッカケはある方の推薦でした。
    フリーランスになる前に勤務していた会社での仕事ぶり見ていてくれて、僕を推薦してくれました。
    美術監督を目指したかったら、まずは「何でも描くこと」です。
    デッサン力、観察力、表現力を磨き、共同作業ができる柔軟性があればよいでしょう。

    全文を見る
  • 表現の基本は「エンターテイメント」です。ワクワク、ドキドキしながら読んで欲しいから。

    榊 ショウタさん

    榊 ショウタさん

    高等学校在学中に描いた漫画で、本校在学中に週間少年ジャンプが主催する「手塚・赤塚賞」に応募、佳作に入選を果たし、卒業制作作品「Dr.DEAD」で2008年にデビュー。
    連載に「戦国アーマーズ」がある。

    やりがいを感じるのは連載を持った時です。
    数多くの漫画家の中から選ばれて描くことができるのは大きな喜びです。さらに評判が良ければ最高です。
    高等学校在学中に描いた漫画がジャンプの「手塚・赤塚賞」に入選。イラストレーションから漫画コースに進路変更。
    しかし、イラストレーションで学んだ画材やさまざまな表現方法は、現在の制作活動に役立っています。

    全文を見る
他の人はこんな学校も見ています