地元でお店を開くことが私の夢です

坂本 結さん

大分県立佐伯鶴城高等学校出身

給食センターで調理師として働いていた母に憧れて、自分も同じ道を目指したいと思い専門学校に入りました。学校は仲間と一緒にお互いを高め合いながら頑張れる環境で、先生方が親身になってくれて、雰囲気もとても明るく、楽しかったです。授業はもちろん、オムレツコンテストやだし巻きテストなど、家で料理するのとは違って自分のやり方を見直す貴重な経験ができました。東京のレストランで働きながら知識や技術をしっかり身に付け、いつかは母と栄養士の姉と3人で、地元でお店を開くことが私の夢です。

一年で中国・日本・西洋料理をしっかり学び、卒業と同時に免許も取得できます

中嶋 直希さん

大分県立高田高等学校出身

小さい時から食に関することが好きで、祖父母の畑仕事を手伝ったり、親と一緒に料理をしたりしていました。この学校に入学を決めたのは、中国、日本、西洋料理を一年でしっかり学び、卒業と同時に免許も取得できるからです。学校は仲間がみんないい人で、授業では経験豊富な先生方がとても丁寧に、一つ一つをきちんと教えてくれました。これからバイト先だった地元の旅館で本格的に修業をさせてもらいますが、ゆくゆくは西洋料理の店でも学んで、地元でたくさんのひとを笑顔にできる店をつくりたいです。

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!