メッセージ

  • 未経験でもゲーム業界を目指せる

    吉中 友里さん(卒業生)

    2018年卒
    ギークス株式会社

    未経験でもゲーム業界を目指せるようなカリキュラムに魅力を感じて入学を決めました。
    冬期共同制作では女子だけのメンバーでチームを組み、女性向けゲームを制作しました。
    技術力はまだまだ至らないところがありましたが、斬新さや新鮮味という点で多くの企業様に覚えていただけてとても嬉しかったです。作品制作での経験と作品を武器に就職活動に挑み、無事内定を頂くことが出来ました。

    全文を見る
  • 凄い人たちの中で頑張れば、自然と上達する

    豆塚 隆 さん(卒業生)

    2005年卒
    フリーランス・アニメーター

    当初は「あまり絵も描けない自分がプロになれるのか?」と不安を抱きつつ入学しました。
    学校でも会社でも凄い人たちの中で頑張れば、自然と上達するようです(自分はホントに少しずつでしたが)。
    皆さんも、そういった人たちとの出会いを大切に好きなことを頑張ってください。

    全文を見る
  • 夢を見せる仕事であるということ

    氷上 慧一 さん(卒業生)

    2013年卒

    在学中に学んだことを突き詰めると、作家は誰かに夢を見せる存在であって、自分が夢を見るための手段ではない、という言葉にたどり着きます。プロの作家は自分の好き放題書いていることはほぼないですし、担当さんや読者さんからも無条件に褒め称えられるなどということはありません。
    私の場合は、仕事の九割がた、いかに他人に満足してもらえるかに注力しています。
    文章を書く内に、自分の満足感のために割いているのは残り一割といったところでしょうか。少なくとも、自分が「先生、先生!」とチヤホヤされるための仕事ではないというのが私の意見です。
    それでもこの道を志す方、自分の好き放題ではなくても、時には酷評されても、とにかく出版に関わることさえできれば満足というぐらい『文章を書くこと』に夢中な方、がんばってデビューして素敵な物語を世に送り出して下さい!

    全文を見る