【amps学園】アニメ・マンガ・イラストが学べるスクールの評判・学科など紹介!

【amps学園】アニメ・マンガ・イラストが学べるスクールの評判・学科など紹介!
 

アニメ・マンガ・イラストが学べるamps(アンプス)学園
今回は、amps学園の評判や学科や学費について紹介します!

amps学園の特徴は?

ampsは、以下の6つが特徴です!

知識や技術の習得を第一にしたカリスマ講師!
20名以下の少人数クラスで個性を伸ばす!
『本当の実力』を育てる!
・比較的学費が安い!
・在学中はもちろん卒業後のサポートも◎
アニメ制作スタジオで研修できる!

また、ampsは一般的な春入学制度のほか秋入学制度も導入しています。

ampsでの学校生活は?

一週間5日間、一日3時間の授業です!
学校は『サブカルチャーの街』である中野にあり、中野駅から学校までの通学路には
マンガ・アニメ・フィギュアなど様々なサブカルチャージャンルのお店が集まった「中野ブロードウェイ」があり、好きな物に囲まれた学校生活を送れます!

amps学園の評判は?

amps学園の評判を調べました!

「業界で現役として活躍している先生から、プロの現場と同様に厳しく丁寧に指導してもらった」
「学校のイベントや授業を通して違う学科の子とも仲良くなった
などの声のほか、
アニメ業界への就職実績が多い!
漫画家としてデビューした生徒が多い!

のも特徴のひとつです!

amps学園の学科は?

amps学園では、以下の3つの学科が展開されています!

アニメ ペンタブ

■アニメ学部

原画マン、アニメーターへの早期キャリアアップを目指す学部です!

・2年間学びながらデビューを目指す『専科』コース(週3回×2年間)
・短期間で学びたいところだけ学べる『ゼミ』コース(週1回×半年)

に分かれます!

『専科コース』ではプロのアニメーターを目指して、アニメ動画・原画制作の「知識」と「技術」を学びます!
アニメ制作スタジオが併設されていて、常にプロを意識しながら学べる環境が充実しているのも魅力です!

アニメ学部専科コースの学費は?

毎年かかる授業料などのほか、入学金を合わせた初年度納入金は『820,000円』で、受験料は別途『20,000円』必要になります。
卒業後までにかかる金額は総額『1,540,000』円です!

イラスト

■マンガ学部

業界の第一線で活躍している現役プロ講師に漫画のセオリーを教えてもらい、最短でのデビューを目指します!

・しっかり2年間学びながらデビューを目指す『専科』コース
・短期間で学びたいところだけ学べる『ゼミ』コース
・月額制で低額で学べる「マンガ教室」
・自宅で学べる通信講座

に分かれます!

アニメ学部専科コースの学費は?

毎年かかる授業料などのほか、入学金を合わせた初年度納入金は『820,000円』で、受験料は別途『20,000円』必要になります。
卒業後までにかかる金額は総額『1,540,000』円です!

イラスト

■イラスト学部

イラスト学部ではマルチに活躍出来るイラストレーターを目指し、業界への就職フリーランスとしての活躍を目指します!

・しっかり2年間学びながらデビューを目指す『専科』コース
・短期間で学びたいところだけ学べる『ゼミ』コース
・月額制で低額で学べる「イラスト教室」
・自宅で学べる通信講座

の中からコースを選べます!

イラスト学部専科コースの学費は?

毎年かかる授業料などのほか、入学金を合わせた初年度納入金は『820,000円』で、受験料は別途『20,000円』必要になります。
卒業後までにかかる金額は総額『1,540,000』円です!

いかがでしたか?

今回はamps学園の特徴について、学科・学費・評判を紹介しました!
参考になると嬉しいです!

amps

君の一歩で世界は動きだす。The world begins to move by your one step.

amps(アンプス)は、アニメ・マンガパイオニアスクール=「anime」「manga」「pioneer」「school」の頭文字を取って命名。
文字通りアニメ・マンガ・イラスト界を中心としたパイオニア(開拓者・先駆者・草分け)となる人材を育成する学校です。
また、ampsとはギターアンプの複数形の意味も持たせており「講師とスタッフ陣は様々なアーティストやクリエイターのアンプ(増幅回路)となる!」というポリシーがそのネーミングに込められています。
★★6つの強み★★
1.カリスマ講師による直接指導
2.少人数・個別指導にこだわる
3.本物のアーティスト、クリエイターを育てる
4.どの専門学校やスクールよりも安い学費で学べる
5.充実のサポート体制
6.アニメ・マンガ制作スタジオを併設
amps