【高校生必見】ライバーになるには? | 初心者から目指す方法、収入、おすすめの学校を紹介!

【高校生必見】ライバーになるには? | 初心者から目指す方法、収入、おすすめの学校を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

最近流行している「ライバー」とは何でしょうか?
単にライバーといっても様々な形で存在します。

ライバーとは

ライバーとは、ライブ配信アプリを使って、 ライブ配信を行う配信者のことです。
また、ライブ配信収入を得ている人のことを指します。
アプリを使ってライブ配信をすれば、ライバーです。

ライブ配信を職業として、ガッツリ収益をあげたいという人がいます。
趣味や副業として隙間時間に始める人もいるようです。

ライバーの種類

ライバーには、一般ライバーと公式ライバーの2種類があります。
一般ライバーは、事務所に所属していないフリーのライバーのことを指します。
配信アプリで配信用のアカウントを開設すれば、一般ライバーになることができます。

公式ライバーは、アプリの運営会社と公式パートナー認証をしているライバーです。
公式ライバーになれば、報酬の還元率が上がったり、注目されやすくなったりします。

いきなり公式ライバーとしてデビューするのは難しいです。
まずは一般ライバーとしてデビューするのが一般的です。
公式ライバーになるにはいくつかの条件があります。
事務所に所属することで公式ライバーになります。
ライバーになれる学校はこちら

ライバーになるには

ライバーは誰にでもできる職種です。
配信アプリに登録すればライバーになれます。
まずどの配信アプリで活動していくかを決める必要があります。
配信アプリにはそれぞれ特徴があります。
アプリによって視聴者層が異なるため自分に向いているアプリを選ぶ必要があります。 中にはアプリの仕様上、初心者が稼ぎにくい配信アプリも存在しています。

配信者用アカウントを作成する

アプリが決まれば、アプリをインストールして配信者用のアカウントを開設します。
配信者用アカウントの開設方法は非常に簡単で2~3分程度でアカウント作成できます。
Twitter や Facebook などの SNS アカウントと連携させて登録することもできます。 SNS に連携させる場合は、 SNS を選択すれば、1~2分程度で登録できます。
SNS に連携させず、メールアドレスのみで登録する場合は ID を新たに取得します。

実際に配信する

配信内容は人それぞれで雑談や歌や楽器の演奏、メイク、ダンスなど何でもいいです。
中には顔出しをせずにゲームの実況配信や料理の手順を映す人もます。
顔出しをしたくない人でも安心してライブ配信することができます。

ライバーになるのに必要なものは?

ライバーになるのに必要な機材や資格、スキルはありません。
スマホ1台あれば誰でもライバーとして活動を始めることができます。
手軽さから、ライブ配信を始める人が急激に増えています。
より高画質・高音質に配信したい方は、徐々に機材を揃えていくのがよいです。
ライバーになれる学校はこちら

ライバーの収入源は?

YouTuberは広告収入によって稼ぐため視聴回数が多いほど稼ぐことができます。
ライバーの収入源として大きいものは、視聴者からもらうギフトです。
視聴者はギフトと呼ばれている投げ銭を、応援しているライバーに渡します。
そして集まった投げ銭を換金して収入を得ることができます。
ユーチューバーの場合は視聴回数が稼ぐ上で重要になります。
ライバーは投げ銭をしてくれる視聴者を獲得することが重要です。
そのため、投げ銭を多く投げる視聴者がいれば稼ぐことできます。
投げ銭は、1アイテムあたり数十円から10万円ほどするものもあります。
全て自分の収入とはなりません。
取り分は各ライブ配信サービスによって異なりますが、大体3割から5割ほどです。
ライバーになれる学校はこちら

公式ライバーになるには

公式ライバーになれば、注目されやすくなり活動の幅が増えます。
その分、報酬も増えやすくなります。

アプリ運営会社や経営事務所からスカウトを受ける

アプリの運営会社は自社のプラットフォームで配信する方をチェックしています。
魅力的な配信を行っている人や、SNS で人気のある方に声をかけることもあります。
普段から継続的にライブ配信を行い、自分の魅力をアピールしましょう。
運営会社や事務所から直接時に声がかかる可能性もあります。

運営会社のオーディションを受ける

ライブ配信アプリの運営会社では定期的に公式ライバーを募集しています。
ホームページなどの応募フォームから応募し配信アプリの運営会社の審査をうけます。通れば公式ライバーとして活動できることになります。
しかしオーディションは倍率が高く受かることが難しい診察なっています。
しっかり自分の魅力などのアピールをして審査を通過しましょう 。
ライバーになれる学校はこちら

まとめ

ライブ配信を始めることは簡単です。
しかし、収益を上げるためには人気を得る必要があります。

近年は、ライバーを育成するための専門学校やスクールもあるので活用すると良いでしょう。
皆さんの夢をかなえる手助けができれば幸いです。
ライバーになれる学校はこちら

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種