1969年設立、伝統と実績を誇る九州最初のコンピュータ専門学校。
5G時代の先へ進むキミたちの情熱を応援!

1969年設立、伝統と実績を誇る九州最初のコンピュータ専門学校。
5G時代の先へ進むキミたちの情熱を応援!

本校は、情報処理技術者の育成を目的に昭和44年(1969年)に設立。PINE-NET(パインネット)Ⅱシステム、e-ラーニング教育システム、オリジナル教科書など、常に時代の最先端の教育システムを活用し教育内容の充実に努めています。また、「産(産業)・学(学園)・研(研究所)」を有するeDCグループ(電子開発学園)との連携により、最新の技術・最新の教育環境で技術の習得ができます。

【 KCSの5つの特徴 】
①安心の学び
初心者からプロへ安心と充実の教育支援!
KCSの学びはコンピュータに慣れていない人も基礎から学習できる安心のカリキュラム。常勤講師によるクラス担任制で、きめ細やかなサポート体制で安心。

②先進的教育
全国の専門学校で初めてiCD Gold★認証取得!
KCSではiCDを取り入れた新カリキュラムを2017年度から導入。これまで以上に企業ニーズに基づいたIT教育を行い、情報化社会に貢献する人材の育成・輩出を進めています。この取り組みが評価され、全国で初めてIPAに認められた教育機関となりました。

③資格に強い
難関の国家試験で九州内合格者の多数がKCS生です!
※国家資格 情報処理技術者試験 1,036名
※ベンダー資格 1,199名
※検定資格 1,740名
(在校生合格者)

④就職に強い
手厚い就職サポートで確実に積み上げる就職実績!
KCSでは ①担任、②就職指導部、③カウンセラー、④卒業生の4方向 からの支援体制が整っています。学生一人ひとりがそれぞれのフィールドで活躍できるよう、強力体制でバックアップしています。
※就職内定率99.5%(2019年度実績)

⑤実践教育
KCSは産・学・研が連携した教育体制とスケールメリット!
KCSは「産業(IT・宇宙)」「学園」「研究」の3分野で構成される『eDCグループ』の専門学校。全国に広がるネットワークと「産・学・研」の総合力で、日本最先端の情報技術を学べます。