口コミ募集中

お気に入り登録

学校法人桑沢学園

専門学校桑沢デザイン研究所

学費や奨学金/寮

専門学校桑沢デザイン研究所の学費
◆総合デザイン科(昼間部)
入学時納付金合計:940,000円
初年度納入額合計:1,580,000円
2年次納入額合計:1,280,000円
3年次納入額合計:1,280,000円
※上掲の学費の他に、同窓会終身会費30,000円、自治会費、学生災害傷害保険料を徴収します。

◆デザイン専攻科(夜間部)
入学時納付金合計:487,500円
初年度納入額合計:810,000円
2年次納入額合計:645,000円
※上掲の学費の他に、同窓会終身会費30,000円、自治会費、学生災害傷害保険料を徴収します。


〈諸経費〉(総合デザイン科・デザイン専攻科)
入学後、授業の進行にともない個人で使用する機材費や材料費が別途必要となります。
現在、デザイン業界を志す人にとって、個人でコンピュータ、デジタル一眼レフカメラ等を所有しておくことが、一般的に必要条件となっています。当校でも、授業や自宅での制作において必要となりますので、下記一覧を目安にご検討ください。(専攻によって内容が異なります。)

■入学年次
・材料費
 色彩用具、定規類、素材等 70,000円程度
・機材費
 一眼レフカメラ レンズセット 50,000〜70,000円程度(VDコース)
 パソコンを購入するコース(VDコース、PDコース、SDコース) 140,000〜200,000 円程度
  ※スペックにより異なります。※パソコンソフトが別途かかります。
 ミシンセットを購入するコース(FDコース)150,000円程度
  ※上記のほかに2年次(~3年次)には作品制作の中で随時かかる材料費(画材・出力費・素材等)が別途必要となります。費用は、コース、個人によって多少異なります。



◆基礎造形専攻(附帯教育)
年間一括
授業料:280,000円
維持費:60,000円
施設拡充費:40,000円
合計:380,000円
※上掲の学費の他に、学生災害傷害保険料を徴収します。
専門学校桑沢デザイン研究所の奨学金
★奨学金

◆日本学生支援機構
対象:全学生
・第1種(無利子)貸与月額:
 自宅通学:20,000円、30,000円、40,000円から選択
 自宅外通学:20,000円、40,000円、50,000円から選択
・第2種(有利子)貸与月額:
 20,000円~120,000円の5種類から選択(10,000円刻みで選択可)

◆東京都育英資金
対象:申込者(学生)とその保護者(税法上の扶養者)が、都内に住んでいること
貸与月額:53,000円

◆桑沢デザイン研究所奨学金
対象:総合デザイン科3年(継続2年以上在学者)、デザイン専攻科2年
/計15名
給付額:年間授業料の半期分

◆桑沢学園奨学金「特待生奨学金」
対象・給付額:
総合デザイン科2年・3年:20万円、デザイン専攻科2年:10万円
/計15名

◆桑沢学園奨学金「修学支援奨学金」
対象・給付額:
総合デザイン科1年・2年:5~40万円、デザイン専攻科1年:5~20万円
/計30~40名

◆桑沢学園奨学金「学業優秀者奨学金」
対象:総合デザイン科3年、デザイン専攻科2年
/計11名

◆桑沢デザイン研究所「所長賞」
対象:全学生/計5名

◆桑沢デザイン研究所「編入学奨学金」
対象・給付額:
総合デザイン科2年、内部:30万円 / 外部:15万円
/30年度実績計7名


★提携教育ローン

◆桑沢デザイン研究所専用学費サポートプラン
提携教育ローン『桑沢デザイン研究所専用学費サポートプラン』は、インターネットから提携会社である
株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)の教育ローン申込手続きを行うことができる本校学生・入学予定者専用のサービスです。
専門学校桑沢デザイン研究所の寮
◆学生会寮ってどんなところ?
期待と不安でいっぱいの、初めてのひとり暮らし。充実したキャンパスライフを送るには、安心して生活できる住まいを見つけることが大切です。
桑沢デザイン研究所が紹介する学生寮は、朝夕の食事と、充実した寮内設備が魅力の住まい。
バランスのよい食事による健康管理はもちろん、普通のひとり暮らしでは意外にかかる自炊や家事の時間を、勉強やアルバイト、趣味に当てることができます。また、寮長夫妻がいつもいる安心感や、セキュリティ面での心強さも学生寮ならではのメリットです。

◆体験入寮のご案内
体験入館のご案内詳細ページへ進学予定先の下見や、受験時にご利用いただけます。自分の目で直接学生寮をお確かめください。

他の人はこんな学校も見ています