メッセージ

  • ファッション業界の未来を、ともに紡いでいきましょう。

    副学院長:濱口勝彦(先生)

    私はデザイナーになりたいという希望を持ちながら大学の法学部へ進み、卒業後はアパレルに就職、営業職に就きました。しかしデザイナーになるという夢を諦めきれず3年で退職。ファッションの専門学校で学び直し、その後デザイナーに。そしていくつかの企業で長くデザイナー、チーフデザイナーを務め、さらに企画部長としてビジネスの現場で働いたあと専門学校講師へと転身して今に至っています。
    ファッション業界の未来を、ともに紡いでいきましょう。

    全文を見る
  • 一本の糸から自分の作りたい作品を作ってみましょう。

    ニットアパレル造形 講師:松下 陽子(先生)

    イタリヤード株式会社アギーグレースディビジョンなどを経て、1990年株式会社オフィス松下を設立。

    大手アパレルメーカーやDCブランドのニットデザインに携わった後、数々の有名コレクションブランドのニット企画を支えてきたその豊富なキャリアと知識、企画力を生かし活動。

    2013年に日本の明日を見つめ、エイジレス・ファッション[MATSUSHITA] を立ち上げる。

    一本の糸から自分の作りたい作品を作ってみましょう。

    全文を見る
  • 学生の皆様に成功することをお約束できませんが、成長出来ることをお約束いたします!

    ファッション概論 講師:孫 滌非(先生)

    魯迅美術学院造形専攻卒業後来日。宮城教育大学デザイン科を卒業。
    その後、イタリア ナポリに渡りナポリ南方工法を学ぶ。
    中国中央美術学院教授
    現在はクラシコイタリアデザイナー・ナポリ南方工法学者として活躍中。

    学生の皆様に成功することをお約束できませんが、成長出来ることをお約束いたします!

    全文を見る
  • わかっているのとできるのは違います、一緒に実践しましょう。

    講師:加藤 和代(先生)

    1976年に渡仏してデザインとパターンを習得。

    日本帰国後、大手アパレルで企画職として活躍の場を広げる。

    1984年より現在まで専門学校でのレディースパターンの教師として長く学生の指導にあたっています。

    日本だけでなく幅広い視野で活躍できるインターナショナルな人材を育成していきたいと考えています。

    全文を見る
  • わかっているのとできるのは違います、一緒に実践しましょう。

    講師:宇佐美 太(先生)

    20年以上、大手アパレルの生産管理、品質管理業務を経験。

    その後服飾系専門学校で、『実践』と『体感』を重視した授業をモットーに講師として従事。

    ~ケーススタディを交えてファッション業界の理解を~

    アパレル企業は大きく分けて「創(企画)」「工(生産)」、「商(営業・販売)」から成り立っています。ケーススタディや演習を交えて、これらの工程を総合的に学習し、MD(マーチャンダイザー)の業務を理解していきましょう。

    全文を見る