【高校生必見】文理選択で悩んだらどうすればいいの?後悔しない進路の選び方を紹介!

【高校生必見】文理選択で悩んだらどうすればいいの?後悔しない進路の選び方を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

高校1年生にとって、悩みの種なのが文系か理系かの文理選択。

進学先を決めるときはもちろん、2年生への進級時のクラス編成に関わってくる場合が多くあります。
自分はどちらにすべきなんだろう…と、日々頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

どのような基準で選べば良いのか?後悔しないためには?今回は文理選択について解説していきます!

文系と理系の違いとは?

文系と理系の選択には、多くの場合、大学の受験科目が関わっていると思います。

国公立大学の一般受験には必須の大学入学共通テストの受験科目でみると、

文系の場合は、英語、数学IA、数学IIB、国語、地歴公民から2科目、理科基礎から2科目
理系の場合は、英語、数学IA、数学IIB、国語、地歴公民から1科目、理科専門から2科目

が一般的です。

理科基礎とは「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」。理科専門は「物理」「化学」「生物」「地学」です。
大学入学共通テストの場合、文系は社会2科目で理科は基礎から2科目、理系は社会は1科目・理科が2科目が多いという違いになります。

私立大学の個別試験の受験科目では、

文系の場合は、英語、国語、地歴から1科目
理系の場合は、英語、数学IA、IIB、III、理科から2科目

のことが多いです。英語は共通として、文系は国語と社会、理系は数学と理科の組み合わせになります。

もちろん大学によって試験科目は異なりますが、文系では数学Ⅲを必要とすることはほぼありません。

以上のことから、国語や社会が好きな人は文系、数学や理科が好きな人は理系の選択を考えている人が多いと思います。

おすすめの大学を探してみる

理系を選ぶべきはどんな人?

理系の決め方

理系を選ぶべき人は、やはり、医学部、歯学部、薬学部、看護学部、理学部、工学部、農学部など、「大学の理系学部に進もうと思っている人」です。

理系を選ぶべきは、将来に理系の知識や考え方を使った仕事がしたいということがはっきりしている人。
職業によっては、特定の学部を卒業していなければ国家試験の受験資格が得られないという場合もあります。

医療機関で働きたいという人はもちろん、例えば自動車や電気、建築などの分野で働きたい!という人は、理系がおすすめです。

将来の職業まで考えられないという人は、自分は物に対する興味と、人に対する興味とどちらへの興味が大きいか考えてみましょう。

理系の学問は科学や医学、数学など物に対する研究が多く、文系は経済や文化など人間社会の構造についての学問が多くなります。自分がどちらに関わっていきたいかを考えるのも、文理選択のヒントになります。

もちろん数学や理科が得意、という理由も選択のひとつになるでしょう。しかし、いままで数学はできていたのに、数学Ⅲになると全く手に負えなかったというパターンも見られます。自分が続けていける学問であるかは、先生や先輩の助言なども参考にして決めましょう。

おすすめの大学を探してみる

文系を選ぶべきはどんな人?

文系の決め方

文系を選ぶべき人は、文学部、外国語学部、社会学部、法学部、教育学部などを志望する人、または「理系を選ばない人」です。

将来、文系の知識を使って働きたい人はもちろんそうですが、理系に進みたいか、文系に進みたいか、良く決まっていない…という人は、最終的には文系にするのがおすすめです。

これは、理系は文系に比べて忙しく、考える時間が失われていくためです。
勉強に追われて、追われて、自分の時間が全然取れない、何も考えないまま受験生になってしまった…という理系選択者も多いのです。

また、理系の選択のヒントでも述べた通り、人や社会活動に興味がある人は文系が向いているともいえます。

おすすめの大学を探してみる

文系理系選択のヒントに「適職診断」

自分が何になりたいか、何ができるのか、10問のYes,Noで性格や傾向を診断してくれます。こんな職業があるんだと知ることだけでも、進路選択のヒントになりますよ♪

文系・理系で迷ったら?

理系のメリット

一般的に、「理系は潰しが効く」「とりあえず理系」という言葉があります。
文系から理系に途中で変わることは難しいことですが、理系から文系へは比較的変わりやすいからです。

その分専門性があるということでもあり、それを活かした理系のメリットは、やはり就職です。

理系の就職は、文系の就職より圧倒的に上手くいきます。

何故なら、自分の学んできた内容が、そのまま企業での活動に対応している場合が多いためです。

それに対して文系は、大学で学習した内容は余り役に立たない場合も多く、一から自分の強みを企業にPRしていかなければなりません。

理系のデメリット

しかし、理系学部に進むことで就職が決まりやすいということは、裏を返せば、理系は研究室に入った時点で、あるいはその学部に入る前に、自分が人生でやることをある程度決めなければならないということでもあります。

基本的には、理系の勉強は文系に比べて忙しく、大学でも一部の学科を除くと、研究などで多忙な日々になります。

受験では発展的な理科を2科目こなさなければならないのはとてもハードであり、その上で数学も完成させ、英語も一定のレベルまで上げてこなければなりません。

理系の場合、その人のポテンシャルの差が点数にはっきりと出ます。

なぜなら、理系科目は、内容を「理解」した上で、その理解を問題文の内容に対応させ、更にミスなく解かなければならないからです。

頭を物凄く使うことになります。

ですが…。
扱う内容が難しくなってくると、その「理解」がおぼつかなくなっていきます。
そうすると、周りとの差が段々と埋まらなくなってゆきます。

受験勉強でも言えることですが、将来に有利だとしても興味の持てない方を選択してしまうと、その学問に対して意欲が持てず、結果的に後悔する場合があります。

将来の就職自体を目標にしてモチベーションを保てるならよいのですが、何かがやりたいわけではなく、何となくで理系に入ってしまうと専門的な勉強は身に入りづらいのではないでしょうか。

文理選択の体験談

私自身も、現在文転をして、商学部を目標に勉強しています。

私の学校は進学校で、勉強が出来る人や、親が医者であるためにそれを継ぐ人が多く、「とりあえず理系」「文系は逃げ」のような空気がありました。

私自身も、学校や家庭の理系至上主義に気圧されて、正に「何となく」理系を選択しました。(もちろん、理系科目が得意だったからでもありますが…)

はっきりと言います。とても後悔しています。

ほんの少しでも考えていたら、自分が早期に文系を志望した方が良いことは目に見るより明らかでした。

しかし、私は「文系は負け」などという下らないプライドでそれをふいにしてしまったのです。

文理転向は、非常に難しいです。

例えば、2年生で文転をした場合、そこから1年以上、全く受験に必要もないような科目の授業を、定期テストを受けなければなりません。

赤点を取れば追試もあります。授業にも付いていけなくなります。

構内順位は目に見えて下がります。それでも、自分を信じて、勉強していくしかありません。

それでも、文系選択者には文系科目で勝てず、国公立大学は諦め…なんてこともあります。

とりあえず…ではなく、自分の意志で決めることが大切です。

まとめ

現在は日本でも文系理系の区別は曖昧になりつつあり、文理を融合した学部もありますが、実際の入試においては、まだまだ文理を選択しての受験対策が必要になる場合が多いです。

自分の将来にかかわる大きな選択をすることに戸惑ってしまうと思いますが、大切なことは、やはり”自分が”決めることです。
その時自分が決断したことであれば、将来方向性が変わることがあっても、後悔にはならず、新しい道へしっかりと舵を取れるはずです。

文理選択は、よく考えて、自分の意志で、責任を持って決めるようにしましょう!

おすすめの大学を探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種