【高校生必見】コロナ後で気になるファッション・エアライン・観光・ブライダル業界の今後はどうなるの?

【高校生必見】コロナ後で気になるファッション・エアライン・観光・ブライダル業界の今後はどうなるの?
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

新型コロナウイルスの流行により、ファッションやエアライン、観光、ブライダル業界は大きな打撃を受けました。
これらの業界は全て顧客あってのものですから、感染対策として自宅待機が推奨される昨今、非常に経営が苦しくなってしまった企業も多いことでしょう。

そこで今回は今後これらの業界はどうなっていくのか、新型コロナウイルスの流行が収まり、再び人々が気兼ねなく外に出られるようになった際にファッション、エアライン、観光、ブライダル業界はどうなっていくのかを見ていきたいと思います。

ファッションやエアライン、観光、ブライダル業界に進みたいとお考えの高校生の方は、ぜひ本記事を参考に、将来進みたい業界や進学先について検討してみてはいかがでしょうか。

ファッション業界

今回ご紹介する業界の中でも、ファッション業界は特に新型コロナウイルスの影響を大きく受けました。
自粛生活において外に出ることがなくなり、休日も家で過ごすようになると、おしゃれをする場面もめっきりなくなり、服を買い足す際も普段着、家で着るような服を買うことが多くなりました。
おしゃれ着を買うことがほとんどなくなったという方も多いのではないでしょうか。

まして、コロナウィルスの流行により販売職や接客業の方は店舗の臨時休業や営業時間短縮もあり、月収やボーナスも少なくなったという方が多いでしょう。

そのような状況において、服にお金をかけるような余裕はなくなってしまいました。

しかし、ファッション業界においてコロナウイルスの影響は「100%マイナス」というわけでもありませんでした。

これまでは大量生産・大量消費し、廃棄される衣料品も大量にあるのがファッション業界でした。

しかし、工場も以前よりは稼働していないものが多く、大量生産が難しくなった企業も多くあります。

その中で「限られた商品を、よりクオリティ高く、消費者が求めるものを生産しよう」とする流れが生まれました。

この「より良い商品を作る」という流れはおそらくコロナウイルスの流行が落ち着いた後も続くでしょう

そうした中で廃棄によるロスを減らし、クオリティの高い商品を制作することで、ファッション業界はコロナ禍以前より盛り上がること間違いなしです。
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

エアラインや観光

エアラインや観光業界は、全ての業界を見渡してもコロナ禍において最悪なダメージを被ったと言っても過言ではないほど大打撃を受けた業界です。

「ステイホーム」の文字通り、家から出ない、可能な限り買い出しなど以外の外出を控えるという生活スタイルに多くの日本人がなっている昨今、観光や飛行機での移動はもってのほかとされています。

おうち時間を楽しむための工夫を様々な企業がしている昨今、エアラインや観光業界はコロナ後も廃れていってしまうのでしょうか。

しかし、go to travel キャンペーンなどの工夫により観光業界やエアライン業界は密かに注目を集めています。

おうち時間を楽しく快適に過ごす工夫を多くの方がしているとはいえ、自宅で過ごす時間と観光などで楽しむ時間はまた別のものになります。

企業などの面談や会談などにおいても、ほとんどがzoomでなされるようになりましたが、提携先の企業や得意先の企業の方と実際に会って話すことで、より詳しく提携方針などを話し合えるという側面もあります。

つまり、コロナ後において観光業界やエアライン業界は「新型コロナウイルスの流行のせいでできなかったこと」を思う存分、遊びにおいても仕事においてもするために盛り上がりを見せるでしょう。
エアライン・観光業界を目指せる学校を探してみる

ブライダル業界

ブライダル業界もコロナウイルスの影響で大打撃を受けました。

多くの方が「コロナが流行っているから」という理由で結婚式を延期したり、小規模なものに留めたりすることが多くなりました。

人生において一度きりの大切な結婚式を延期せざるを得なくなったり、親しい人を呼びたくても呼べなかった方はたくさんいらっしゃいます。

だからこそ、コロナ後は延期していた結婚式を実施したり、もう一度、より大きな規模で親しい人を皆呼べるような結婚式を開催したいと考えている方も多いでしょう。

コロナ禍において制限された環境のもと生まれた、さまざまな画期的な発想を用いてコロナ以前よりも多くの人が楽しめる、一生忘れられないような結婚式を開催するために、ウェディングプランナーなどの方は日々ウェディングプランを練り続けています。

そうした様々なプランをコロナ後に色々なカップルの方々に提案し、希望とすり合わせていくことで今までになかった素敵な結婚式ができるようになり、ブライダル業界は発展していくことでしょう。
ブライダル業界を目指せる学校を探してみる

まとめ

ここまでファッション業界やブライダル業界、エアライン業界、観光業界のコロナ後について分析、そして予想をしてきました。

多くの業界は今回の教訓を生かし、制限されている今だからこそコロナ後にできることはなんだろうかと考え続けている方々が多くいらっしゃいます。

特に今回紹介した業界はコロナ後にV字回復していくと筆者は考えています。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種