【高校生必見】通信制高校とは? | 全日制から通信制は可能?都立&私立の高校を紹介!

【高校生必見】通信制高校とは?  | 全日制から通信制は可能?都立&私立の高校を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

不登校などの理由で、高校進学が叶わなかった方もいるでしょう。
また、入学したは良いものの、実際に入ってみたら高校が自分に合わなかったという方もいるかもしれません。

この記事では、通信制高校を1つの選択肢として紹介していきたいと思います。

通信制高校とは

高校卒業資格が取れる

通信制高校とは、文字通り通信による教育を行う学校です。
特徴としては登校頻度が少なく、在学中に芸能活動やスポーツ活動など好きな活動ができます。

卒業すれば通常の全日制高校と同様、高校卒業の資格を得ることができます。
単位制を採用しているので留年が存在しません。

履修単位について

在籍期間は3年以上です。
自宅学習が基本ですが、年に数回のスクーリングもあります。

課題レポートの提出とスクーリング、試験に合格することで単位が取得できます。
通信制高校は3年以上です。何年かかっても74単位を取得すると卒業できます。

ただし、通信制高校の中には年数の上限を設けているところもあります。
様々な年齢や職業の人が在学しています。

公立と私立の違い

学費
公立の通信制高校の費用は以下の通りです。
卒業に必要な費用は10万円程度です。
1単位180円~1200円です。

私立の通信制高校の費用は以下の通りです。
卒業に必要な費用は40万円程度です。
1単位5000円から12000円

上記の通り、公立の通信制高校の方が私立の通信制高校より安い傾向があります。
ただし、この他にも入学金や教材費、教育運営費、施設設備等が加算されます。

そのため、実際は少し費用が上乗せされる形となります。
令和2年度より、就学支援金制度ができ、親の収入によっては実質無料なります。
(私立と公立両方とも実質無料です。)

勉強の仕方
公立の通信制高校では、中学卒業程度の学力がある前提で勉強が進められます。
また、登校日数も月に数回というところが多いです。
そのため、勉強のつまずきを自分で解消できる力が求められます。

私立の通信制高校では、中学や高校で不登校だった生徒となどを想定しています。
そのため、中学校や小学校の段階に戻って勉強を教えてくれるところもあります。

通信制高校は自学自習、自己管理、自己責任のもとに勉強するのが基本です。
学力に不安がある人は、私立の通信制高校の方が良いでしょう。

専門科目
公立の通信制高校では、修学旅行や文化祭・部活動などの行事が行われています。このような行事に参加するとスクーリングとしての単位としても認められています。
私立の通信制高校でも、行事については公立と同様です。

さらに、専門的な科目や 資格取得を目指すコースなどがある学校も存在します
簿記や秘書検定、マナー研修や大学受験の受験勉強をおこなうコースなど多彩です。

まとめると、アルバイトやボランティアといった学校外活動をする人は公立が良いかもしれません。
それ以外にも興味がある、専門分野の勉強をしてみたいといった人は私立も選択肢に入れてみましょう。
おすすめの専門学校・大学を探してみる

通信制への転入は?

 
結論から言うと、全日制高校から通信制への転入は可能です。
資料は無料で請求できます。まず、通信制高校に資料請求しましょう。

転入には何が必要?

転入の際に必要になる書類としては以下のようなものがあります。

単位取得証明書
成績証明書
在学証明書
健康診断書

通信制高校によっては必要になる書類が変わってくるので、資料を取り寄せて確認してみましょう。
資料請求すると、入試に必要な願書など手に入れることができます。

そもそも転入とは

転入とは一般的な転校と同じ意味で、学期の途中から通信制高校へと転入できます。
また、全日制の間に取得した単位を通信制高校でも引き継ぐことが可能です。

ただし、スクーリングの都合で転入時期4月と10月に絞っている高校もあります。
やはり、資料を取り寄せて情報収集を行うことが大切です。
おすすめの専門学校・大学を探してみる

都立&私立の高校を紹介

公立の通信制高校は各都道府県にありますが、大変少ないのが現状です。
ちなみに、東京都のように人口が多いところでも通信制都立高校は3校です。(東京都立一橋高校、東京都立新宿山吹高校、東京都立砂川高校)

また、東京の私立の通信制高校は8校あります。
NHK学園高校、科学技術学園高校、北豊島高校、目黒日本大学高校、立志舎高校、大原学園高校、聖パウロ学園高校、東海大学付属望星高校です。 
8校とも広域制で、全国から入学できます。
おすすめの専門学校・大学を探してみる

まとめ

通信制高校には公立と私立がありますが、一般的に私立の方が手厚いサポートが受けられます。

また、サポートをあまり必要とせず、自力でコツコツとやっていくなら公立で良いでしょう。
私立の通信制高校は、手厚いサポートと特色ある学習機会があります。

この記事では扱っていませんが、近年サポート校が人気となってきました。
通信制高校を更に活かしてていく体制ができつつあります。
ぜひ自分に合った学校を探してみましょう。

おすすめの専門学校・大学を探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種