【高校生必見】最短でアイリストになるには? 主婦・主夫になってもできる?| 費用、必要な資格、通信講座についても紹介!

【高校生必見】最短でアイリストになるには? 主婦・主夫になってもできる?| 費用、必要な資格、通信講座についても紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

アイリストとはまつげケアのプロフェッショナルであり、若い女性の方を中心に人気の職業のひとつです。
本記事ではアイリストを目指したい方に向けて仕事内容や必要な資格、通信講座についてご紹介していきたいと思います。

アイリストの主な仕事の内容はまつげパーマやまつげエクステの施術がメインになります。

まつげパーマをすることで毎日のメイク時間を短縮することができ、多くの方が利用しています。

まつげエクステも人気の施術のひとつです。

まつ毛のエクステは皮膚に直接つけるのではなく、人工まつげをまつ毛の根元に装着していくことでナチュラルな印象をキープすることができます。
2週間から3週間は持続することができるので、目元のメイクの時間を長期間に渡って短縮できるのはもちろん、目元の印象をさらに向上させることができます。

アイリストに最短でなるには?

アイリストになるには最短で約2年ほどかかります。

その理由は、美容師の資格を取得していないとアイリストという職業に就くことができないからです。
美容師資格を取得するためには最短でも2年と1ヶ月がかかり、美容学校卒業までに最低2年。
国家資格が年に2回行われているので、在学中の2月に実技試験を受け、3月に筆記という流れになるので最低でも2年と1ヶ月かかるのです。

しかし、すでに美容師資格を持っている方は例外です。
特にアイリストになるにあたって取得しなければいけない資格は存在しないので、すぐにでもアイリストになることができます。
アイリストになれる学校を探してみる

アイリストになるための費用は?

よって、アイリストになるための費用=美容師資格を取るための費用と言えます。

美容師資格を取るためには専門学校を卒業しなければいけないので、昼間課程、夜間課程、通信課程の3つに分けて費用をご紹介します。

学校にもよりますが
昼間課程はおよそ200万から300万の学費
夜間課程の場合は150万円から200万円の学費
通信課程の場合は50万円から70万円の学費がかかります。

また、受験にあたって必要になる費用は5万円ほどなので、それぞれの費用にプラス5万円で美容師資格を取得でき、アイリストになることができると考えると良いでしょう。
アイリストになれる学校を探してみる

アイリストを目指す方におすすめの専門学校

ここからは、アイリスト目指すにあたっておすすめの専門学校をご紹介していきたいと思います。

ヴィーナスアカデミー

ヴィーナスアカデミーは、現役プロ講師が100%揃っている、実践的な学びを実現できる学校で、少人数制クラスで個性に合わせて現役プロの講師が直接指導してくれる学校です。
美容師資格の取得はもちろん、総合的に美容について学ぶことができるので、そうした経験をアイリストの仕事にも活かすことができるでしょう。
ヴィーナスアカデミーをチェックしてみる

総合学園ヒューマンアカデミーヘアメイクカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミーヘアメイクカレッジは、有名アーティストと直接つながる機会を用意してくれることでも有名な学校で、コンテストで指名を受け、面談で合格するといきなりアシスタントになることができたりもします。

業界とのパイプが太いヘアメイクカレッジだからこそ、プロと日々触れ合うこともできます。
この学校ならば、確実にアイリストとしての技術を磨くこともできるでしょう。
総合学園ヒューマンアカデミーヘアメイクカレッジをチェックしてみる

ベルエポック美容専門学校

ベルエポック美容専門学校はヘアメイク科に通いながら通信課程で美容師免許を取得できるプランなども存在し、ヘアメイクの技術と美容師免許を両方取得することができます。

アイリストとして開業を目指す方にとっては、アイリストとしてのサービスだけでなく、ヘアメイクやカットもできるサロンというサービスでの提供の仕方をすればより幅が広がり客層も広がることから、ヘアメイクを学びながらアイリストを目指すという選択肢も一つの方法でしょう。
ベルエポック美容専門学校をチェックしてみる

ヴェールルージュ美容専門学校

ヴェールルージュ美容専門学校は少人数指導を採用している、最先端のトレンドやテクニックを学ぶことのできる美容専門学校です。
美容師合格率95.5%という国家資格合格率最高クラスの、「Sランク認定校」であるヴェールルージュ美容専門学校はアイリストとしての知識を学ぶこともできるので、アイリストを目指す関西地方の方には是非ともオススメしたい学校となっています。
また、模擬面接やサロン現場体験なども充実しており、就職対策もしっかりしてくれるのでその点も魅力的です。
ヴェールルージュ美容専門学校をチェックしてみる

京都理容美容専修学校

京都理容美容専修学校はエステティシャンネイリストなどを目指すこともできるので、様々なコースで学習をしながら総合的な知識を身に付けることで、アイリストとしての将来に活かすことができるでしょう。
理容師と美容師のダブルライセンスを目指すこともできる学校なので、近畿地方を中心にヴェールルージュ美容専門学校と双璧をなす人気の専門学校です。
京都理容美容専修学校をチェックしてみる

主婦でもできる?

アイリストにはフルタイム以外の求人も複数存在します。

主婦の方の「週3でだけ働きたい」や、「この時間だけ働きたい」という要望にも柔軟に応えてくれるサロンは複数存在しますので、主婦の方でも問題なくアイリストとして活躍することができるでしょう。
アイリストになれる学校を探してみる

まとめ

ここまでアイリストという職業に必要な資格や費用、おすすめの専門学校、主婦でも出来るのかなどについてご紹介してきました。

アイリストは、美容師資格を取得していれば他に必要な資格は存在しません。
美容師を目指そうと思っている方もアイリストの学習分野について学ぶことで、今後の可能性をさらに広げることができるでしょう。

本記事をご覧になってアイリストという職業に興味を持って頂いた方は、ぜひ今回ご紹介した専門学校に資料請求したり、実際にオープンキャンパスなどにも参加してみてください。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

アイリストになれる学校を探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種