【高校生必見】動画(映像)クリエイターになるには? | 必要なスキルや資格、年収、おすすめの学校について紹介!

【高校生必見】動画(映像)クリエイターになるには? | 必要なスキルや資格、年収、おすすめの学校について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

今回は、今人気の動画(映像)クリエイターになる方法をご紹介します。
この記事は、映像を作るプロフェッショナルを目指しているすべての方にお役立ていただけます。

動画(映像)クリエイターとは

動画(映像)クリエイターとは、映像を制作するすべての職種の人のことを指します。
撮影や編集加工を加えて映像を作ります。
映像コンテンツは人々の驚きや感動を与えるものです。
YouTube などインターネット上でも、映像コンテンツの重要性が増しています。
映像クリエイターの需要はますます増えています。
動画(映像)クリエイターになれる学校はこちら

動画(映像)クリエイターの働き方

例えば、映像技術やCG 技術を駆使して、映像を作り出す仕事があります。
テレビ番組、CM、映画、Webコンテンツなど、様々な映像コンテンツがあります。
働き方のパターンとして、以下のものがあります。

映像制作会社で働く

映像クリエイターになる方法の1つがテレビ局や映像制作会社に入社することです。.
大手の映像制作会社であれば、大規模な企画に関わることも可能です。
機材も最新鋭のものを駆使できます。
映像クリエイターとして、貴重な経験を積むことができるでしょう。

しかし、多忙で、中には昼夜を問わず働くこともあるようです。
また、中小の映像制作会社では、非正規社員として働くことになるケースも多いです。
仕事で成果を上げられなければ、正規社員に昇格することが難しい現実があります。
働き方改革がいわれるようになって、労働環境整備に力を入れる会社も増えました。
しかし、まだまだ改善の余地がある会社が多くあるのも現実です。

フリーランスとして働く

映像クリエイターには、フリーランスとして活躍する人もいます。
しかし、仕事をもらうためには、ある程度の実績を積んでいることが求められます。

その実績が、映像制作会社などの目に留まって、仕事を依頼されることが多いです。
そのため、まずは映像制作会社に入社して、会社員として実績を積みます。

それから、独立してフリーランスになる道が一般的です。
また、自分が制作した映像をWebなどで公開し、認知度を高める方法も考えられます。収入に関しては、「手がけた仕事1本につきいくら」という計算になります。
そのため、会社員の場合よりも収入が安定しにくいです。
多くの YouTuber はフリーランスで、企画から製作まで自分ですることが多いです。

会社として映像制作事業を運営する

フリーランスで仕事をして、事業基盤が固まると収入が安定します。
また、映像制作会社として、大きく事業を育てていきたい方もいます。
そのような方は、法人化するパターンもあります。

ハードルは高いですが、社会的インパクトが大きいです。
大手テレビ局や映像制作会社から独立してフリーランスになる。
その後、従業員を雇うようになって会社にするというパターンは多く見かけます。

パラレルワーカーとして副業で映像制作の仕事をする

メインである仕事をしながら、副業で映像制作の仕事をする方もいます。
パラレルワーカーのパターンも最近ではメジャーになってきています。
映像制作会社でスキルをアップして、映像制作を学びます。
本業に映像制作スキルを活かすなどのパターンがあります。

もちろん、本業と副業を両立させるのは簡単ではありませんが、フリーランスと違って会社員として福利厚生を受けながら、スキルアップができます。収入アップに繋がる形態です。
このように時代の流れに沿って様々なキャリアが生まれています。
最近はテレワークも浸透しています。
働く場所にも取らわれにくい時代となってきています。
動画(映像)クリエイターになれる学校はこちら

動画(映像)クリエイターに必要な資格・スキル

映像クリエイターは、明確な定義がある仕事でありません。
そのため、基本的には資格は不要です。

しかし、CGクリエイター検定など、民間資格試験は存在しています。
短期的なスキルアップや名刺に書くような箔をつけるための資格はあります。
例えば、Adobe After Effects、 Adobe Premium Pro などを用いた映像編集スキル。カメラを用いた撮影や編集のスキル、音声や照明などの技術系スキル、Mayaや3ds maxを用いたCG 制作技術などです。

また、絵コンテのスキルも役に立ちます。
スキルを身に着けるには、大学、専門学校スクールなどがあります。
独学で映像の勉強をする人もいます。
動画(映像)クリエイターになれる学校はこちら

動画(映像)クリエイターの収入

映像クリエイターの年収は、その働き方や所属している会社によって異なります。
大手のテレビ局や映像制作会社の社員はキャリアを積めば700万~1000万くらいです。
中小の映像制作会社の場合は600万円くらいが相場です。
時給制で働く場合は時給1000円以上といったケースも見られます
動画(映像)クリエイターになれる学校はこちら

まとめ

映像の仕事は人を感動させる仕事です。
そして、将来性が高くこれからも伸びていく仕事です。

ぜひ、専門学校やスクールなどで専門的なスキルを身につけて活躍してください。
皆さまの夢を叶える手助けができれば幸いです。
動画(映像)クリエイターになれる学校はこちら

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種