【高校生必見】Live2Dの作り方とは? | 金額相場、年収、学費、学習方法、おすすめの専門学校について紹介!

【高校生必見】Live2Dの作り方とは? | 金額相場、年収、学費、学習方法、おすすめの専門学校について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

Live2D」という単語を耳にしたことがあるという方は多いかもしれませんが、それが具体的にどのようなものかご存知でない方も多いと思います。

そこで今回はLive2Dの作り方から金額の相場、年収、学費、各種方法についてご紹介していきたいと思います。
Live2Dについて興味ある方はもちろん、Live2Dとは何か知りたい方もぜひ本記事を最後までご覧ください。

Live2Dとは?

LIVE2Dとはいわゆる「vtuber」などがよく用いるもので、原画をその素材として扱うものです。
ライトノベルやアニメが原作のものや、著名なイラストレーターによる原画を使ってLIVE2Dの作品や原作や作画のイメージを質感を保ちながら、立体的かつインタラクティブな表現ができるようになっています。

Live2Dを用いることで、さまざまなメディアに展開される原画のビジュアルイメージを統一することができるので、今後さまざまな媒体で活用される手法の一つでしょう。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

Live2Dの作り方

ここからはLive2Dの製作方法についてご紹介していきます。

まずは原画の準備方法ですが、原画をそのままを変化させていくことで立体表現を実現しますので最低1枚は原画が必要です。

また、動かしたいパーツごとに分けておく事をおすすめします。

これらで用いたデータを基に、Live2Dのモデルを作成していきます。
各パーツにフォーマやパラメータといった数値を割り当てていきます。

モデルが作成できたら、アニメーションを作成します。
物理演算を用いると髪の揺れを付け加えられたり、音声ファイルから動きを自動で生成してくれるリップシンクなどのアニメーション表現を豊かにする機能がさまざま揃っているので、これらをうまく活用することで、まるで生きているかのようなアニメーションを制作することができます。

完成したアニメーションは、動画ファイルやGIFアニメ、連番静止画として書き出すことができます。
映像作品に用いることができますし、ゲームなどに活用することもできます。
ジャンルを問わず幅広い用途に利用できるのが大きなポイントです。

また、これらの作業は全て一人で行うというわけではありません。

もちろんイラストの制作からモデリングまで全ての作業を一人で行うという2Dモデラーもいますが、基本的にはイラストとモデリングは別のスタッフが行います。
なので「イラストを書くのが苦手」という方も気軽に取り組んで頂けますし、分業によってさらに効率を高めることもできますので、イラストが描けなくても2Dモデラーを諦める必要は全くありません。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

Live2Dの制作金額相場は

Live2Dのイラスト制作を依頼する場合は、約3万円から5万円が相場となります。
イラストだけのパーツ分けでモデリングを依頼する場合は3万円ほどで、イラスト制作、パート分け、モデリングなど全てを依頼する場合は5万円から10万円ほどが相場となっています。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

Live2Dモデラーの年収

Live2Dモデルの平均年収はおよそ454万円とされています。
基本的なIT技術を持つ方の平均年収と言えるでしょう。

しかし2Dモデラーは非常に現在需要が高まっているので、副業として案件を受注したり、フリーランスとして独立したりすることで一気に年収を上昇させることができます。

個人として仕事ができるというその自由度の高さや、スキルや頑張り次第では大きく年収を上昇させることもできるので、人気の職業の一つとなっています。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

Live2Dモデラーの学費

Live2Dモデラーの技術は専門学校で学ぶこともできます。

基本的にLive2Dモデラーになるための学費は200万円ほどと言われています。

これはあくまで平均の数字なので多少上下はありますが、多くても250万円ほどと考えておけば良いでしょう。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

Live2Dモデルの学習方法

基本的にはやはり専門学校で学ぶことが一番です。
ただし、誰もが専門学校に進学できるというわけではありません。
学費の問題や距離の問題などで専門学校に進学することができない方もいらっしゃるでしょう。

そういった方には学習イベントなどもオンラインで開催されていますので、そういったものに参加したり、動画講座などを用いることで十分に独学をすることはできます。

また、Live2Dモデルの学習は非常に需要が高いものなので、現在高校生の方が卒業する際には通信教育や専門学校もより増えているでしょうから、学習の幅も広がっているでしょう。
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

まとめ

今回はLive2Dモデルについてご紹介してきました。
Vtuberを中心にLive2Dモデルは非常に注目を集めている分野のひとつです。
これからしっかり学ぶことで手に職をつけることができるでしょうし、非常に将来性の高い職業なので、興味のある方は是非一度専門学校のパンフレットを取り寄せてみたり、オンライン講座で勉強してみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
Live2Dデザイナーになれる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種