【高校生必見】ファッション(アパレル)業界を目指すには? | 仕事の種類、年収、おすすめの専門学校を紹介!

【高校生必見】ファッション(アパレル)業界を目指すには? | 仕事の種類、年収、おすすめの専門学校を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

ファッション業界には様々な職種がありますが、本記事では販売職、専門職、総合職の3つに分けてご紹介していきたいと思います。
ファッション業界で働きたいと思っている高校生の方はもちろん、ファッション業界の業務に興味がある方もぜひご覧ください。

ファッション業界の職種って?

まず、ファッション業界の代表的な職業として販売職があります。
アパレル店員や店長が代表的な職業で、店頭にて商品を販売する職業です。
ただ商品を売るだけが目的ではなく、ブランドのコンセプトやイメージをお客様に伝え、リピートしていただけるような接客をすることも非常に大切です。
長期的に見てそのブランドを気に入っていただけるような接客をすることが非常に大切になります。

また、店長をはじめとしたアパレル店員はその店舗の運営にも関わります。
よって商品をただ売るだけではなく、商品の在庫管理や入荷状況、ひいては他店の在庫状況などについてもすぐに確認できる方法を覚えておく必要があります。
例えば、近くにほかの店舗がある場合、「この商品のLサイズはこの店舗では売り切れみたいだけど、他の店舗にはないのか?」という趣旨の質問を受けることは多々あります。
そこで在庫の確認をすぐに取ることができれば、働いている店舗の売り上げには繋がらないかもしれませんが、他店の売り上げにつながり会社の利益になります。

次にご紹介したいのが専門職です。
ファッションデザイナーやテキスタイルデザイナー、パタンナーなどは非常に重要な役割を持つ職種です。
特にファッションデザイナーは服のデザインを行う専門職で、業界の主役と言っても良いでしょう。
デザイン能力に限らず、素材やパターン縫製など、その他の専門知識も必要になり、網羅的にファッションについて学ぶ必要があります。
服飾の専門学校を卒業した方がこの職種につくことがほとんどです。
また、市場や社会の動き、消費者の嗜好やトレンドなどに敏感になる必要があるので、近年のデザイナーファッションデザイナーにはマーケティング力も求められます。

パタンナーは、デザイナーが作成したデザイン画をもとに洋服の型紙などを作成する専門職であり、ほとんどのデザイナーはパタンナーと協力して服のデザインを作っています。

テキスタイルデザイナーは、テキスタイルのデザインをメインに行う職種です。
様々なファッション雑貨、インテリア関係などの商品も扱うので、色彩感覚やコミュニケーション能力など幅広く能力を養う必要があります。

最後に総合職です。
マーチャンダイザーは商品販売の戦略を立てる役割を担っている人気の高い職種であり、アパレル以外にも様々な業界においてトレンドや市場の動きを確認する必要があります。

バイヤーは商品を生産元から買い付ける職種です。消費者がどのような商品を求めているかなどを把握する必要があり、こちらもトレンドに敏感である必要があります。
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

ファッション業界の年収は?

アパレル業界はデザイナーやパタンナーの平均年収が300万円ほどで、営業担当の平均年収350万円から450万円ほどです。
販売スタッフの平均年収は300万円から400万円ほどで、そこまで高い年収とは言えませんが、クリエイティブに自身の好きな商品に囲まれた生活を送ることができるという点で、やりがいなども含め多くの方がファッション業界を目指しています。
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

ファッション業界の将来性は?

また、近年では韓国ブランドの流行などもあり、ファッション業界はさらに注目を集めています。
ハイブランドや韓国ブランドを中心とした企業は非常に人気で多くの方が自分に合ったファッションをSNSを中心に探しています。
ZOZOTOWNなどを始めとしたインターネットで服を買うことができるサービスが増えてきたこともあり、ファッション業界の今後は明るいと言っていいでしょう。

特に近年では、SNSを中心としたマーケティングの知識のあるスタッフはどの業種であろうと非常に重要視されるので、ファッション業界を目指す方は、目標とする職種の学習の片手間に、少しマーケティングなどを勉強してみてもいいかもしれません。
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

ファッション業界を目指せる専門学校は?

ファッション業界を目指す方におすすめの専門学校は職種によって変わりますが、デザイナーなどを目指す方は服飾デザインに関する専門学校に進学することをおすすめします。

先ほど軽くご説明しましたが、デザイナーのほとんどは服飾関係の専門学校出身の方です。
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

まとめ

ここまでファッション業界を目指す高校生の方向けに、仕事の種類や年収、おすすめの専門学校などについてご紹介してきました。
ファッション業界は今後、さらなる注目を集める明るい業界であると言えます。

おしゃれが好きな方は絶対に自分の好きを仕事にすることができる魅力的な業界です。
是非一度この記事を参考に、どのような仕事が自分に向いているか検討してみてはいかがでしょうか。
ここまでお読みいただきありがとうございました!
ファッション業界を目指せる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種