【おすすめの音楽・音響専門学校は?】学費、時間割、就職についてもご紹介!

【おすすめの音楽・音響専門学校は?】学費、時間割、就職についてもご紹介!
 

音楽・音響専門学校の学費はどのくらい?

そもそも何年学校に通うの?

基本的には、2年と、4年のどちらかです。これは、他の分野の専門学校もほぼ同じです。
普通は2年。もっと専門的なことが学びたいんだったら、4年制の学科に行こうね、ということです(夜間部だと3年制のところもあります)。

初年度の学費はいくらくらい?

安くても100万円未満の学校はほとんどありません。大体120万円台くらいが平均でしょうか。高いところだと、150万円近くするところもあります。
音響は機械などを扱いながら授業を進めていくので、多少高くなってしまうのは仕方のないことです。
2年目以降はそこから20万円ほど少なくなった金額であることが多いです。
ですから、目安として、2年間で200〜250万円を想定しておくのが良いと思います。
4年制であれば、400万円〜500万円ほどです。それより少し少ないくらいかも知れません。

おすすめの音響専門学校は?

横浜ミュージックスクール

まず横浜駅から10分であることがおすすめする理由の一つ。
横浜駅は、様々な路線が乗り入れているので(乗り入れ鉄道会社数は東京・関西圏の錚々たる顔ぶれを抑えて全国トップに君臨しています)、「家賃があまり高くない郊外に住みながら電車で学校に通う」ということができるわけです。
また、定員80名の少人数制を売りにしていて、個人レベルで学習や就職をサポートしてもらえます。
さらに、学費は119万円と良心的で、分納・奨学金の制度も充実しています。

専門学校ESPエンタテインメント

株式会社ESPという世界でも類を見ない、日本屈指の本格的なオーダーメイド・ギターメーカーが母体の専門学校です。
歌手・バンドマンというアーティストやコンサートやライブのスタッフ、ピアノの調律・ギタークラフトまで幅広くコースを展開しており(※校舎によって展開コースが変わります)、
バンドメンバーの募集サポートや、デビューや就職のサポートも行っています
東京大阪福岡に学校があり、自宅から比較的近い環境を選びやすいのもポイントです
なんと、EXCILEのATSUSHIさんが卒業生だそうです。
他にも有名なアーティストを多数輩出していますので、学校ホームページを見てみてください。

国立音楽院

2年制の本科(専攻学科)と、1年の「専門部」があるのが、他にはない大きな特徴です。
専門部は、「音楽をやったことはないけど、やってみたい!」という人のための学科です。また、「週1しか通えない」「夜しか無理」「遠方から通わなきゃいけない」という人にも対応したカリキュラムになっています。(台湾から通学していた実例もあるんだとか)
1年間通い、専門部を修了すると、本科に編入することが可能になります。そこで本格的に音楽を学べる…という流れです。

音響卓

音楽系専門学校の時間割は?

授業は大学などと同じ90分。
1年生で基礎をまずしっかりと押さえ、2年生で本格的な内容を学ぶ…という流れがほとんどの様です。
具体的には、例えば音楽では楽器の弾き方や音楽業界の研究、そして作詞・作曲などの授業があります。
週5日制で、1日2〜4時間くらいです。科目は学部や学科によって決まっている場合もあれば、自由に選択できる場合もあります。

就職はどうなのか?

音楽、音響の専門学校に入学した場合、例えばシンガーソングライターやミュージシャン、歌い手などもそうですし、
他にも作曲・作詞、編曲、サウンドクリエイターや音響スタッフなど、さまざまな就職先があります。
また、マーケティングなどを学んで、音楽ビジネスの業界に入っていく人もいます。
ですが、全体の就職率としては、あまり高くありません。それは、全員が就職を選択せず、自分のスタジオを持ちながら活動するなどしているからです。
逆を言えば、自分の夢に向かって努力する下地がすでに出来上がっている業界でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「音楽関係の仕事に就きたい!」という人は、ぜひぜひ確認してみてください!

おすすめの音楽・音響専門学校はこちら!

横浜ミュージックスクール

専門学校ESPエンタテインメント
東京校 大阪校 福岡校 国立音楽院 音楽・音響専門学校を一覧から探す!