MA(マルチオーディオ)ミキサーになるには

  • 2020.05.14
  •        
MA(マルチオーディオ)ミキサーになるには

MAミキサーの概要や仕事内容

MAミキサーとは?

MA(マルチオーディオ)ミキサーは、映像の編集を終えたテレビ番組の映像データと、収録した時のままの音声素材を受け取り、普段私たちがテレビで見ている状態に仕上げていく仕事をしています。

MAミキサーの仕事内容とは?

具体的な仕事内容としては、例えば音声素材については場面ごとに出演者の声量が違ったり、雑音が入ってしまったりしているので、視聴者の方が聞き取りやすいように音量や音質の調節を行います。

また、バラエティ番組のなかで流れている「ジャーン」とか「バーン」という効果音については、音響効果の担当がどこでどの音を使うかを決めていますが、それを実際に映像と合わせるのがMAミキサーの仕事です。効果音だけでなく笑い声や拍手、BGMもMAミキサーが後付けしています。
若者向けの番組には少し派手な音を入れてみたり、年配向けの番組では出演者の声がよく聞こえるよう調整してみたりなど、MAミキサーは素材をより良く視聴者に届けるために音の調整を行い、完成品を作り上げます。

MAミキサーが作業を行う際にはミキサー(音を一つにまとめる機械のこと)やパソコン、CDプレーヤーなどを使います。

MAミキサーになる方法(資格取得方法等)

 MAミキサーになるための特別な資格はありません。
 一般的には大学や短期大学、専門学校で専門知識や技術を身につけた上でテレビ局や映像制作会社、録音スタジオなどの企業に就職します。
 そこでまずはアシスタントエンジニアとして働き、一人前のチーフなどになるまでに少なくとも3年はかかると言われていますので地道な努力が必要です。

 また、専門知識をもって活躍するためには映像音響処理技術者資格やミキサーを使いこなすためのMIDI認定制度などの民間資格を取得しておけば、自分の知識レベルをよりよく伝えることができ、円滑に業務を行えるようになるでしょう。

資格難易度や試験について

試験について

 ではおすすめした資格のうち、映像音響処理技術者資格認定試験についてみていきましょう。

●映像音響処理技術者資格認定試験
   一般社団法人 日本ポストプロダクション協会が主催する民間資格です。
テレビ番組やCM・動画コンテンツなどを手がける映像・音響関連業界で働く人が自身の成長や応用の礎とするために知っておくべき技術知識があります。
これはコンテンツ制作に際して、プリプロダクション(撮影前の準備)からポストプロダクション(撮影後の作業)を行うすべての人が共有すべき知識であり、自分の力を十分に発揮して関係する人間と良いコミュニケーションを取ることができるようになります。それによって良質なコンテンツの制作が容易となるということです。
この資格を取得することは、自分の可能性を高めるだけでなく、この業界で通じる技術知識を取得することになります。

●試験の概要
 ※下記は2020年の試験の日程です。
  受験書類の受付:2020年3月2日(月)~4月30日(木)

  試験日程:2020年6月7日(日)

  試験地:全国約40会場で実施予定。

  試験科目:映像音響処理技術者を目指すものに必要な『技術の基礎知識』を試問します。 協会発行の資格試験問題集(2020年版)の範囲・レベルより出題。

       原則として60%以上の得点で合格となります。

今後のMAミキサーの将来性

 映像業界は今、テレビや映画だけでなく動画配信やWeb広告、デジタルサイネージ(最近よく駅などで見かけるデジタル看板)なども手がけています。映像や動画が求められる場面が増えることに伴って、MAミキサーの将来性も高まっているといえます。
一方で1つの映像に携わるMAミキサーはエンジニアとアシスタントの2名であることがほとんどです。そのため映像業界が拡大しても、求人が急に増えるとは考えられません。採用されるためには、より良いMAミキサーになることができるように知識をつけて、採用された後も経験を増やして対応力を身につけておくことが大切です。

そのためにはまず自分なりの音作りをして、それをMAミキサーの先輩たちに聞いてもらうなどして、改善点を指摘してもらうことを地道に繰り返しでクオリティを高めていくことが大切です。
同時に、意識していつもは見ないテレビ番組や映像を見るなどして生活の中で音がどのように活かされているか知るなど、日頃から音のセンスを磨いておきましょう。

MAミキサーの就職先

 MAミキサーの主な就職先には次のような場所があります。
  ・テレビ局
  ・映像制作会社
  ・レコード会社
  ・映画製作会社
  ・MAスタジオ
  ・ポスプロ会社(ポストプロダクションの略で撮影完了後の全ての作業のこと)
  ・フリーランス
 など、映像に関わる業界がほとんどです。
 そのため就職する際には映画に関わるMAミキサーとして働きたい、テレビ局のMAミキサーになりたい…など、自分がどういった仕事をしたいかを明確にして就職先を選択することが大切です。

MAミキサーの平均年収・MAX年収

MAミキサーとして企業で働くのか、それともフリーランスとして仕事を請け負うのかによって年収が異なると思いますが、平均年収は400万円~500万円だと言われています。
フリーランスとして成功している人で700万円の年収があるというという人もいますので、しっかりと技術を身につけて上を目指していけば高い収入を得ることも可能になるのではないでしょうか。

MAミキサーに向いているのはこんな人

MAミキサーが担う業務は映像作品の最終段階を担うポジションのため、作品の進捗次第では夜遅くから作業がはじまる場合もあります。また、長時間の作業を行うことも多いため、ある程度の体力が必要となります。
そして、映像に合わせた編集や音選びは非常に神経を使う作業ですし、常に高い集中を保たなければなりません。
長い作業時間と神経を使う作業にも耐えられる体力と気力は、MAミキサーになるための必須条件ともいえるでしょう。

また、MAミキサーは技術職ではありますが、映像に音をつけて演出するという特性から芸術センスや美的センス、演出力なども問われる職種です。「この映像にはこんな音をはめ込むと効果的に聞こえそうだ」「ここでBGMの音量を上げたらより感動的にみせることができるかもしれない」など、より良い演出を考えるのが得意な人にぴったりです。
 しかしMAミキサーが業務を行うためには機材を使う必要がありますので、映像・音響機器が操作ことを前提に、日々進化するソフトや機材について常に新しい知識を身につけ、新しい技術に興味を持って勉強できる人であることが求められます。

欠かすことができない条件の一つにコミュニケーション能力があります。
MAミキサーはまずディレクターなどからの要望を聞き取り、演出意図を汲まなければなりません。他にもナレーションを担当するナレーターや、音声データを持ち込む音効スタッフなど映像に関わる多くのスタッフと共同で作業を行うため、そのスタッフらと良好な関係を築いていかなければなりません。優れた技術を持っていたとしても、それだけで良い作品を作るのは困難だからです。

MAミキサーに関連する職業や資格

関連する資格

 ●Pro Tools技術認定試験
   プロレベルの音楽録音現場に欠かせないハードディスクレコーダーであるDAW(デスクトップミュージックを作成するためのコンピューターシステム)の標準機となっているのがDigidesign社 Pro Toolsです。
そのPro Toolsの知識・操作を評価する資格が、JAPRS(日本音楽スタジオ協会)の認定する民間資格であるPro Tools 技術認定試験です。
今や音楽の録音・再生技術はデジタル化の一途をたどっています。その中で、利便性の高いPro Tools は、多くのプロエンジニアたちの支持を集め、レコーディングシーンの標準機として定着しています。
現在、音楽スタジオで働く人に求められているのが、Pro Tools のオペレーション能力です。Pro Tools 技術認定試験は、音楽制作環境の進化と変化に応じて2004年に誕生した新しい認定試験ですので、これから就職する方(特にレコーディングエンジニアをめざす人)だけではなく、音楽業界で働く人にはぜひともトライしてほしい試験となっています。

MA(マルチオーディオ)ミキサーになれる専門学校はこちら