学校に行きたくない高校生へ – 休校中に気持ちを整理してみよう

学校に行きたくない高校生へ – 休校中に気持ちを整理してみよう

高校生のみなさんは学校に行きたくないと思ったことはありますか?
自粛や休校などで今は学校はお休み!
でもこれから学校が再開されたら学校に行く準備をしないといけませんよね。

「今は自粛で休校中だけど、また学校に行かないと」
「なんだか行きたくないな……」
「学校に行くのが怖い……」

そんな悩みがあるのも、高校生なら当たり前のことです。
筆者も学校に行きたくなくて仮病を使ってしまったり、学校に行ってから早退した経験があります……。
高校生なら誰でも経験する「学校に行きたくない」という悩みを、休校中のこのタイミングで少し整理してみませんか?

新型コロナが怖くて学校に行きたくない……

国から緊急事態宣言が出され、多くの学校が休校やオンライン授業を行っていますよね。
STAY HOME(ステイホーム)と言っていたのに、学校を再開すると聞いたら不安な気持ちになる方も多いですよね。
手洗いうがい、マスクの着用はもちろんですが、保護者の方と相談して、学校に行く回数を減らすことも一つの方法です。
その分お家での勉強は一生懸命やらなくてはいけませんが、分からなかった問題を登校日にまとめて質問するなど工夫次第でなんとでもなります!
一度保護者に不安な気持ちを相談してみましょう。その時に勉強のプランや先生ををちゃんと頼ると伝えると、理解されやすいかもしれません。卒業に必要な出席日数だけ意識しておきましょう!

そもそも学校に行きたくないって甘え?

高校生になっても、多くの人が「学校に行きたくない」と感じたことがあるでしょう。
保護者の方や先生から、学校に行きたくないというのは甘えだと言われてしまったという話も耳にします。
学校に行きたくないのは本当に甘えでしょうか?
高校生は感受性が豊かになる時期です。
環境が変わり、知らない人と関わるストレスやプレッシャーで過敏になることは当たり前のことなんです。「学校に行きたくない」という気持ちは高校生や学生が誰しもが持つ感情で、それ自体は悪ではありません。
自分の気持ちを認めてみると少し楽になりますよ。
もちろん勉強や学校は大切ですが、それよりも自分を追い詰めないことがもっと大切です。
学校は人生の全てではありません!自分を責めないで気持ちを楽にしてみましょう。

理由はないけど行きたくない

いじめられてるわけでもないし、勉強もついていけてるけど……ただなんとなく行きたくない!そんな人もいるかと思います。
学校に行きたくないという気持ちは誰しもが持っている気持ちです。
そもそも学校に行くという行動にはすごくパワーを使います。
理由はないけど……という場合も実は隠れた理由があるのかも……。
どうしても学校に行きたくないときは、理由を細分化してみましょう!
嫌なことをノートに書き出してみるのは、頭を整理できておすすめです。
また、そこからこれならできるという小さい目標を立ててみるといいかもしれません。
1限だけ行ってみたり、保健室に‪顔を出すだけでもOK!
学校にちゃんと行っていい子でいないと……という固定観念は一度捨て、足元の問題から手に取ってみましょう。
一緒に楽しいこと、やりたいことも書き出して、ご褒美にしてみてもいいかもしれませんね♪

勉強に追いつけない

正直、勉強ができなくても将来すごく困るということはありません。
目標や自分のなりたい職業がある方でどうしても勉強に追いつけない!それがストレスになる!という場合は先生に相談してみましょう。
気持ちを正直に話して、自分にあった勉強法を探してもらうのも一つの方法です。
また、もうどうしても自分のペースと合わないという方は通信制高校という手もあります。
通信制高校について書いた記事もありますので、参考にしてみてくださいね。

通信制高校について

先生と合わない

担任の先生が厳しすぎる、特定の教科の担当の先生の怒り方が怖い……など、先生を苦手に思ってしまう瞬間ってありますよね。
先生が苦手で学校に行きたくないと思ってしまったら、苦手じゃない先生に相談してみましょう。
先生も頼られれば嬉しいもの。「先生にしか言えない」と一言添えれば、必ず親身になってくれるはずです。
心が開ける先生がいるのであれば、迷わずに相談してみましょう。
先生に言うのは難しいと感じるのであれば、保健の先生やスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーなど、第三者の立ち場で相談に乗ってくれる相手に相談しましょう。
スクールカウンセラーなんて、簡単に相談していいの?と思う方もいるかもしれませんが、みんな意外と気軽に相談しているものなんですよ。
※筆者も相談したことがあります!

友達関係に悩みがある

友人関係がうまくいっていない、仲間外れにされたり、いじめられたりする……高校生のとき、筆者も経験したことがあります。
高校生のときは高校が世界すべてで、すごく辛かった記憶があります。
自分の経験から対処方法を考えてみました。

・まずうまく行かない相手と距離をとってみる
・無理に学校にいかない
・保護者に気持ちを話す(話せるならだれでもいいです!)
・高校の外に友達を作る(ネット上で趣味の友達を作ったり)

友達関係がうまく行かない、いじめられるなどは一人で解決するのがすごく難しいです。
信頼できる人に相談したり、高校の外に友達を作ることで、そこだけが自分の世界でないと実感してもらえたらうれしいです。
環境が変わることで解決する問題でもあるので、本当に辛いときは学校を変えたりすることもいいと思います。
無理だけはしないで一人で抱え込まないでくださいね。

相談してみよう

どうしても周りに相談できない、そんなときはスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーへ相談してみましょう。
学校の中の人や保護者にも言いづらい……そんな場合は、ネットのサービスを利用するのも手!
ネットのサービスは匿名で、秘密も守られるため、安心して相談することができますよ♪

チャイルドライン

18歳までが相談できる相談窓口です。
匿名OKで秘密を守ってくれる、切りたいときは電話も切っていい!というサービスです。
電話代もかからないので、話したいときはいつでもお話しすることができます。
https://childline.or.jp/index.html

1対1トーク

ただ話を聞いてほしい!そんなときはLINEを使って、1対1トークに参加してみましょう!
進路の話はもちろん、学校生活の不安、趣味の話など、なんでも話すことができます。
気軽に参加してみてくださいね♪もちろん秘密は守ります!

コレカラ進路.JP LINE公式アカウント

 

いかがだったでしょうか?
休校が続く特別な状況の中で、不安な人も多いでしょう。
あまり思いつめず、学校に行きたくないのは変なことではない!と肩の力を抜いてみてくださいね。