【高校生必見】Webエンジニアになるには? | 未経験からなれるの?必要な資格やスクール、勉強時間、年収について紹介!

【高校生必見】Webエンジニアになるには? | 未経験からなれるの?必要な資格やスクール、勉強時間、年収について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

Webエンジニアになるにはどのようなことを学べば良いのでしょうか?
近年、ITの需要は非常に高まり、プログラミングスキルのある人材が求められるようになりました。
そこで本記事ではWebエンジニアに未経験からなる方法やおすすめの資格やスクールについてご紹介いたします。

Webエンジニアを目指す高校生の方はもちろん、プログラミングに興味がある方はぜひ本記事を最後までご覧ください。

Webエンジニアとは?

Webエンジニアの女性
エンジニアにはさまざまな種類がありますが、今回ご紹介するのはWebエンジニアです。
主にフロントエンドという、ユーザーから見える部分を扱うのがWebエンジニアで、主に学習するプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptなどです。
HTMLは簡単に言うならば文字や画像のレイアウトを設定し、CSSでその装飾、JavaScriptはスライドショーやお問い合わせフォームを作ることができます。
特にHTMLとCSSはほぼ必ずセットで利用されるので、一緒に学ぶ方がほとんどです。
Webエンジニアを目指せる学校を探してみる

未経験でもWebエンジニアになれる?

パソコンを操作する女性
結論から言うと、可能です。
Webエンジニアに求められるのはプログラミングスキルで、それがしっかりしていれば未経験でもIT企業に入社できます。
ポートフォリオという自分のスキルを証明するための成果物のクオリティが高ければ、未経験でも採用してくれる企業は数多くあります。
また、Webエンジニアに関する資格は「基本情報技術者試験」などがありますが、それよりも企業はポートフォリオが充実しているかどうかを確認します。
Webエンジニアを目指せる学校を探してみる

ではそのスキルを磨くにはどうすれば良いのでしょうか?

おすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールで学ぶ女性
おすすめの学習方法はプログラミングスクールに通うことです。
独学でプログラミングを学ぶことは可能ですが、なかなか実践の機会が少なく、いざ内容を理解したと思い何かを作ってみると、全然作れない…
独学のプログラミングにはそんな問題がつきものです。

そこでおすすめのプログラミングスクールは「CORE ENGINEER」です。
こちらではプログラミングスキルはもちろん、問題解決スキルやエンジニアに必要なコミュニケーションスキルなど、さまざまなスキルをまとめて学ぶことができます。

また、「CORE ENGINEER」のカリキュラムは通常のプログラミングスクールと異なり、C++という言語から学習します。
C++は難易度の高いプログラミング言語なのですが、その分、ありとあらゆる他の言語に応用が効きます。

プログラミングには「共通項」が存在し、それを理解していくことでスキルが身に付きます。
その「共通項」が多いC++という言語をマスターできれば、他のプログラミング言語を簡単に理解することができます。
難易度が比較的高いC++ですが、「CORE ENGINEER」はなんと講師が二人洗足でサポートしてくれるので、分からないことがあってもすぐに質問できるシステムが揃っています。
また、サポート期間も従来のプログラミングスクールの平均4ヶ月程度であるにもかかわらず、「CORE ENGINEER」は12ヶ月間のサポートがあり、「スキルが身に付いていないのに、卒業してしまう」なんてこともありません。
Webエンジニアを目指せる学校を探してみる

Webエンジニアになるための勉強時間は?

プログラミングを学ぶ女性
ここまでWebエンジニアの業務内容や学習内容、おすすめのプログラミングスクールについてご紹介してきましたが、「どのくらいの時間、勉強すれば良いのか?」も気になるところですね。

人によりますが、独学の場合は1年程度、プログラミングスクールの場合は2〜4ヶ月です。
ただし、独学の場合は途中で挫折してしまう方も多いので、「挫けずに、粘り強く学習を続けた方」で1年程度と考えていただいたほうが良いでしょう。
プログラミングは「スラスラと、ひたすらコードを打ち続ける」ものと思う方も多いかもしれませんが、実際は知識から情報をひねり出し、エラーなどを解決していく業務も多いのです。
しかし、そんな「分からないことだらけ」でも、粘り強く学習を続けられる方は独学でもWebエンジニアになれるでしょう。
「スクールに通うお金が無い、でもWebエンジニアになりたい」そんな方は、一度YouTubeや書籍を参考に、HTMLやCSSを学んでみてもいいかもしれませんね。
Webエンジニアを目指せる学校を探してみる

まとめ

ここまでWebエンジニアについてご紹介してきました。プログラミングはなかなか取っ付きづらく、学習も大変ですが、Webエンジニアは発想を形にし、素敵なWebサイトを作ることのできる、今後も更に需要が高くなる見込みの高い、将来性がある仕事です。

ぜひ本記事を参考に、独学でもスクールでも、一度プログラミングにチャレンジしてみてくださいね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
Webエンジニアを目指せる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種