教員免許が取れる専門学校ってあるの?👩‍🏫

教員免許が取れる専門学校ってあるの?👩‍🏫

「先生に憧れている」「先生になりたい」という人、かなり多いと思います。

フィクションの世界でも、ノンフィクションの世界でも、華やかな「教職」という道。

では、専門学校を卒業した後、先生になる方法ってあるのでしょうか?
今回は、専門学校を卒業して先生になる方法をご紹介します。

結論から言うと…「教員免許が取れる専門学校はある」

「ないって言われたらどうしよう…」と心配していた皆さん。
安心してください!ちゃんとあります。

教員免許というと、「大学の教育学部に入って…」と想像する方が多いと思いますが、別に大学の教育学部に入らなくても、教員免許を取って、学校の先生になることはできます。
また、専門学校だけでなく、大学の他の学部に通っていても、教員免許の取得を目指す人はいます。

「教員免許は欲しいけれど、将来の幅を狭めたくない」という人や、「1年でも早く先生になりたい」という人に、専門学校はおすすめ。

どんな専門学校に通えば良いの?

ある分野の専門的な知識を学ぶ

例えば代表的なのが、「体育系の専門学校に通って体育の先生になる」とか、「工学系の専門学校に通って理科の先生になる」のような方法です。

大学の教育学部では「教育」というところに重点を置いて学んでいるのに対して、その分野に関して専門的な知識を持つことで、それを生かして教職に就く、という方法です。

専門分野以外のことは独学で学んだり、予備校を兼ねたりしなければならないということもあり、ハードな選択ではありますが、視野が広がるという面では素晴らしい選択なのではないでしょうか?

例えば「工学院専門学校」や、「保育専門学校」「外国語専門学校」「医療スポーツ専門学校」などの種類があります。

教育の専門学校に通う

「教育専門学校」という名のついた専門学校を少しだけ羅列してみます。

当たり前ですが、これは「教育専門学校」がつく学校というフィルターを通しているので、実際に教育を扱っている専門学校は、これよりもっともっと多く、至る所に存在しています。

例えばインターネットで「専門学校 教育系」で調べれば、たくさんの専門学校の名前と特徴が出てきます。

一口に教育系の専門学校といっても、一つ一つ様々です。
特に多いのが、「保健系」の専門学校と、「子ども・保育」系の専門学校。そのほかにも、情報系、医療系、美術系など、学校によって様々な特色があります。

もちろん、教育系の専門学校ですから「人に教える」ことを視野に入れているわけですが、学校によって特徴が色濃く出ているので、「自分が行くべきは、どこだろう」という判断を怠らないようにしましょう。
学校の先生

「専門学校では教員免許が取れない」って本当?

今までお伝えしてきたことが根本から覆されることなのですが、この質問に、はっきりと首を横に振ることはできません。

実際に、多くの専門学校では教員免許を取得することはできません。
専門学校に通うだけで教員免許を取得できるのは、関東圏であれば、前述した横浜高等教育専門学校のみ。全国で見ても、あとは福岡教員養成所だけ。立ったの2校なのです。

「え?」と思いましたよね。
実は、教員免許を取得するために、多くの専門学校では、併せて通信制の大学(もしくは短大)にも籍を置かせるようになっているのです。

ですから、あくまで「教員免許を取得することだけがゴール」というならば、専門学校には行かず、通信制の大学で事足りるかも知れません。
ですが、その名の通り「専門的な知識」を取り入れ、自分の武器にできるのが専門学校の魅力。将来のことを考えれば、損なんてことは全くありません。

まとめ

いかがでしたか?

専門学校から教員免許を取得するのはマイナーな方法ですが、だからこそ価値があるものです。
自分の進路に自信を持って、突き進みましょう!