【高校生必見】チームアナリストになるには? | 仕事内容、必要な資格、年収、おすすめの専門学校を紹介!

【高校生必見】チームアナリストになるには? | 仕事内容、必要な資格、年収、おすすめの専門学校を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

チームアナリスト、つまりスポーツアナリストは試合での勝利やチーム強化のために多様なデータを収集し、分析するのが業務内容です。
本記事ではチームアナリストになる方法や業務内容、おすすめの学校などについてご紹介いたします。

チームアナリストとは?

メジャーなスポーツだと野球、サッカー、バレーボールなどで対戦相手チームの選手の動きなどをデータ化し、統計を取り、分析をするのです。
野球なら「このバッターはどのような球種を打つことが得意か」や、サッカーならば「この選手はこの方向にPKを蹴ることが多い」など、様々な情報を分析することにより、チームの勝利に貢献することを目指すのがチームアナリストです。

スポーツをこよなく愛する人物であることはもちろん、入力データの正確性や観察力があり、正確な情報を届けることのできるパソコン操作能力が求められます。
チームアナリストを目指せる学校を探してみる

チームアナリストになるには?

チームアナリストになる方法としては、スポーツ現場で活躍した経験や指導者の経験を活かしてキャリアチェンジする方法と、学校やセミナーでスポーツアナリストになるために必要な知識やスキル、情報収集力、分析力、伝達力、競技特性や競技ルールを学んでチーム企業に就職する方法があります。

スポーツアナリストになるためには特別な資格は必要ありません。
しかし、先ほどもご紹介したようにスポーツに関する知識はもちろん、様々なスキルが必要とされるのでそれを専門学校などで学ぶのも一つの選択肢です。
例えば、四年制がある大学の中にはスポーツアナリスト科という学科を設けている大学もあります。
また、スポーツのデータ分析会社も近年では需要を高めています。

スポーツのデータ分析会社とは、特定のスポーツチームと契約し、専属で選手の動きやプレーの動向、他のチームの動向、結果などを踏まえて適切な情報を提供する会社です。
また、会社によっては個人の選手とサポート契約を結んでいるものもあり、その人気は近年では高まりを見せています。

もちろん、プロチームにスポーツアナリストとして就職するのも選択肢のひとつです。
プロチーム専属のスポーツアナリストは特定のスポーツに絞って活動できます。
スポーツアナリストとしての技術を磨くことにより、自分が応援しているスポーツクラブの成績に貢献できるような日が来るかもしれません。
チームアナリストを目指せる学校を探してみる

チームアナリストの年収は?

スポーツアナリストの年収ですが、平均で新卒でも年収は580万円とかなりの高収入が期待できます。
チームアナリストを目指せる学校を探してみる

チームアナリストを目指せる専門学校は?

スポーツアナリストになるための専門学校としては、先ほども軽くご紹介したように、スポーツに関する専門学校や、スポーツアナリスト科という学校を設けている四年制大学に進学することをおすすめします。

スポーツアナリストは、情報収集力や分析力、伝達力、競技特性、競技ルールを理解する必要があるのはもちろんですが、統計学を理解する必要があります。
統計学を理解するには四年制大学の経営学部や経済学部などで学ぶことのできる、統計の授業を受けたりするのも選択肢のひとつです。

特にスポーツアナリストは募集も少なく、いくら統計学をはじめとした希少性の高いスキルを持っていたとしても、なかなか学校を卒業する際に求人が少ないという場合もあります。
その際に就職先に困ることのないよう、経営学部や経済学部などの、現代において市場価値の高いスキルや知識を学ぶことができる、いわゆる「潰しが効く」大学や学部に進学しておくことはリスクヘッジという観点から見ても、非常に大切と言えるでしょう。

また、企業に就職し実績を積むことで、就職したいスポーツのデータ分析会社や、プロチームの募集が開始された時に、いち早く自信を持って応募することができるというのも大きなメリットです。
チームアナリストを目指せる学校を探してみる

まとめ

ここまでスポーツアナリストについてご紹介してきました。
業務内容や求められるスキル、年収やおすすめの専門学校や大学などの進学先についてご紹介してきましたが、スポーツアナリストはスポーツを統計的に観察し、選手でも監督でもない新たな立場からサポートを行うやりがいのある職業です。

スポーツが苦手だけれど、スポーツ選手に貢献したい。
自分が応援しているチームに貢献したい。
データのプロとしてスポーツチームに貢献することができる
というのは、今までにはなかった斬新かつ責任の重大な仕事です。

様々な観点から分析を行う必要があり、業務内容も非常に大変ですが、そのぶん分析したデータを基に担当しているチームが勝利を収めた時は何事にも変えがたい達成感を得ることができます。

少し変わった側面からスポーツにアプローチしたいという高校生の方は、ぜひ一度チームアナリストになるための専門学校や大学について調べてみてはいかがでしょうか。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
チームアナリストを目指せる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種