やり続ければ必ず結果はついてくる!
山下 祥平さん

山下 祥平さん

ゲーム制作研究科
内定先/カプコン
千葉県立柏の葉高校出身

Q.日本電子を選んだ理由は?
ゲーム制作をしている専門学校に進学したいと考え、先輩方が最もいきいきしていたのが日本電子だったからです。最新のPCやソフトが導入されていたのも魅力的でした。

Q.いちばん楽しかった授業は?
電子音楽の授業が印象に残っています。もともと音楽を聞くことが好きだったので、音楽の歴史を学んだり、ソフトを使って音作りを行ったり、楽しく学ぶことができました。

Q.今後、入学を考えている人へのメッセージ
ゲームの企業だけでなく、ITや映像など求人件数が多いので、就職は安心です。校内試験が多く、いつもと同じ環境で受験できるのも良いですね。やり続ければ必ず結果はついてきます。

未来を自由に描ける学科です
伏見 明日香さん

伏見 明日香さん

東京都立葛飾商業高校出身
内定先/トランスコスモス

Q. 日本電子を選んだ理由は?
オープンキャンパスに参加した際、駅から近いうえ施設がきれい、そして何より案内してくださった学生スタッフがみなさんとても親切で、学校全体の雰囲気が温かいと感じたためです。

Q. 「日本電子でよかった」ことは?
資格の取得をはっきりと見据えた実践的な授業が多く、「MOS」「サービス接遇検定」などの資格を無理なく取得。先生方の的を射たサポートのおかげです。

Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
「情報ビジネスライセンス科」は専門性が高すぎないため、「コンピュータは好きだけれど就きたい仕事は決まっていない」という人にぴったり。努力次第で、未来を自由に描けます。

充実のカリキュラムが魅力!
小宮山 奨吾さん

小宮山 奨吾さん

電子応用工学科
内定先/ゼネラルエンジニアリング
埼玉県立越生高校出身

Q.日本電子を選んだ理由は?
高校に推薦枠があり、先生の薦めもあって体験入学に参加したのがきっかけです。その時に説明を受けたカリキュラムの内容に魅力を感じ、入学を決意しました。

Q.いちばん楽しかった授業は?
1年次に学んだアルゴリズムの授業です。問題を解くことができると、どんどん難易度の高いものへと挑戦できたのでとても力がつきました。

Q.今後、入学を考えている人へのメッセージ
体験入学の時に感じた通り、充実したカリキュラムでソフト面・ハード面共に役立つ力を身につけることができます。立地が良いので、就職活動にも便利ですよ。

やりたいことを支えてもらえる学科
増田 順也さん

増田 順也さん

千葉県立千葉工業高校出身
内定先/東映アニメーション

Q. 日本電子を選んだ理由は?
高校の授業でアニメーションを作った際、CGに興味を持ち、先生から紹介してもらったのが日本電子でした。何回もオープンキャンパスに来て授業内容を確認し、この学科を選びました。

Q. 先生とのやりとりで印象に残っていることは?
内定先の東映アニメーションを紹介してくれたのは学科の先生でした。提出するポートフォリオのことで、就職につながる良い作品になるよう、的確なアドバイスをいただきました。

Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
就職のこともそうですし、わからないところを相談すると、納得できるまで先生が付き合ってくれました。安心してスキルアップすることができたので、おススメの学科です。

和気あいあいとした雰囲気が魅力です
遠藤 亜美さん

遠藤 亜美さん

千葉県立柏井高校出身
内定先/ジーベックツヴァイ

Q. 日本電子を選んだ理由は?
体験入学のとき、校内全体がとても楽しい雰囲気だったんです。色々と説明してくださった先輩と先生方の距離も近く「ここなら和気あいあいと勉強できそう!」と感じました。

Q. 将来の夢は?
アニメのキャラクターデザインを手掛ける作画監督になりたいと考えています。原作のある作品においては、原作の魅力を最大限に引き出す作画ができるようになりたいです。

Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
日本電子の一番の魅力は、先生との距離の近さ。アニメ業界の詳しい話なども教えてもらえます。パソコンがひとり1台、用意されている点もおすすめポイントです!

チャレンジできる、環境が魅力
町田 広義さん

町田 広義さん

Webデザイン科
内定先/ヤフー
東京都私立駒場学園高校出身

Q.日本電子を選んだ理由は?
入学前にオープンキャンパスや体験入学で出会った先輩たちは、しっかりとした人ばかりでした。それに加え、展示会や技能五輪など挑戦できる環境に惹かれました。

Q.将来の夢は?
Webデザイナーとしてヤフーへの内定が決まっていますが、ただWebサイトを制作するだけではなく、マーケティング・広告展開の提案ができるデザイナーになりたいですね。

Q.今後、入学を考えている人へのメッセージ
専門学校に入学したときの目的を見失なわないようにしてほしいです。Webデザイン科は目的をもった学生が多いので、刺激しあいながら成長できると思います。

私は1人じゃないと思えました
髙澤 胡桃さん

髙澤 胡桃さん

埼玉県立川口高校出身
内定先/コープ情報システム

Q. 日本電子を選んだ理由は?
いろいろな学校の体験入学に参加したのですが、設備と学費、そして先生方の対応と、すべての面で日本電子が良かったので進学を決めました。学校は直接見るのが一番だと思います。

Q. 「日本電子でよかった」ことは?
就職活動では登録するべき就活サイトの相談から面接の練習、マナーの習得まで一貫して先生にお世話になりました。おかげで「私は1人じゃない」という強い気持ちで臨めました。

Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
内定先の企業で、頼りになる存在になるのが目下の目標です。そのためにも卒業までにさらにプログラムについて勉強を重ね、資格が取得できるレベルにまで高めておきたいです。

ネットワークの可能性と面白さに引き込まれます!
佐藤 ありささん

佐藤 ありささん

東京都立大江戸高校出身

Q. 日本電子を選んだ理由は?
体験入学が楽しくて、こんな先生から学びたいと思ったことが決め手でした。その先生が今の担任です。入学後は生徒も先生も仲が良く、選んで良かったと実感しました。

Q. 「日本電子でよかった」ことは?
ITCトラブルシューティングコンテストの運営と問題作成に携われたのはうれしかったですね。問題の完成は当日30分前。本当に大変でしたが、良い経験になりました。

Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
ネットワークの世界は奥が深く、覚えることも多く大変です。でも知れば知るほど引き込まれていきます。悪と戦うカッコいいエンジニアを目指し、一緒に頑張りましょう。

楽しく学んだ技術はハリウッド作品にも活かされています!
田島 光二さん

田島 光二さん

ダブルネガティブ
東京都立千歳丘高校出身

ハリウッド映画の制作に参加したくて、ダブルネガティブ(本社ロンドン)のシンガポールスタジオに就職。現在、得意のZBrushやPhotoshopを使って、3Dや2Dのコンセプトアートの仕事を中心に、映画『GODZILLA(ゴジラ)』(2014年)『進撃の巨人』(2015年)『寄生獣』(2014年)のCG制作に参加しました。家族で観に行った映画のエンドクレジットに自分の名前が出た時は本当に感動しました!日本電子で友人と楽しく学んだデッサンや造形の技術は、今まさにハリウッド作品にも活かされていますね。

より素晴しい作品を制作していきたい
中島 功二さん

中島 功二さん

(株)ぴえろ
埼玉県立豊岡高校出身
アニメーション研究科卒業

高校3年生の時に参加した体験入学でアニメ制作の全工程を学べると知り、日本電子への入学を決意しました。入学後は実習が楽しく、作品制作に没頭!中でも、動画編集ソフトAfterEffectsを使った絵コンテ撮影の実習では、素材作りからカメラワークまで、映像制作の一連の流れを修得しました。そのスキルは今も制作管理に携わるうえで、とても役立っています。入社後、『NARUTOーナルトー』の制作進行に抜擢されたのも、夢の実現を目標に日本電子で頑張ったからこそ。今後も業界で活躍するクラスメイトと情報交換しながら、より素晴しい作品を制作していきたいと思っています。

大規模システムの設計担当としてプロジェクトに参画しています。
荒木 初実さん

荒木 初実さん

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
さいたま市立大宮北高校出身
高度情報処理科卒業

高校時、ホームページ制作をしたことでWEBプログラムを学んでみたいと思い、担任の先生へ相談。勧められたのが日本電子でした。プログラムをじっくり学びたかったので3年制学科へ入学。2年次には、基本情報技術者とオラクルマスターブロンズの資格を取得。卒業制作だった産学連携によるシステム開発も思い出深いですね。日本電子で学んだ知識は、仕事で大変役立っています。現在は、数千万のユーザーデータを管理する大規模システムの設計担当として、プロジェクトに参画しています。

みんなのことを考えて日々仕事に取り組んでいます。
中村 明輝仁さん

中村 明輝仁さん

CROOZ
私立アルザス成城学園成城大学卒業
ゲーム企画科卒業

ディレクターの仕事は、ゲームの企画はもちろん、制作のスケジューリングや職種間の連携をスムーズにしたり、チームのモチベーションアップなどさまざま。現在は『神魔×継承!ラグナブレイク』のディレクターとしてチームを束ねていますが、「中村さんがいてくれて良かった」と言われるように、みんなのことを考えて日々仕事に取り組んでいます。日本電子では課題に取り組む時に他学科の学生に協力を得て、それぞれの人材をまとめながらモノづくりをする訓練をさせていただきました。そこで身に付けたコミュニケーション力や技術力が今の現場で活かされています。また、熱い先生も多く、自分たちのチャレンジに応えてくれる環境もあり、明確な目標を持って課題に取り組むことができました。

日本電子で学んだことが、やりがい満点の今につながっている。
吉田 恵美さん

吉田 恵美さん

(株)こどもの館
神奈川県立厚木商業高校出身
グラフィックデザイン科卒業

どちらかと言うと人と話すことが苦手だった私。そんな私を大きく変えてくれたのはグラフィックデザイン科での2年間でした。在学中は大久保駅周辺の壁画制作でチームワーク力を養い、平面デザイン+粘土を使った立体イラスト制作など、仕事に欠かせない多くのことを学びました。現在は多くの人と協力しあいながら、玩具のプランニングデザインに携わっています。あらためて日本電子で学んだことが、やりがい満点の今につながっていると実感!在学中に学んだ“ものづくり”の精神を胸に、今後も魅力に満ちた玩具を作っていきたいと思っています。

常に色んな事に興味を持ち視野を広げる事も大切
目黒 英生さん

目黒 英生さん

(株)リーディング・エッジ社
埼玉県立春日部工業高校出身
ケータイ・アプリケーション科卒業

高校は電気科で、その時少し触れたPCの授業が面白かった事が、もっとプログラムを勉強したいと思った最初のキッカケです。日本電子は先生との距離が近いので、授業以外でも親身になって指導してもらえますので安心して勉強が出来ました。現在は、在学中にも参加した高校生向けのワークショップ等で物作りの楽しさを教えています。自分自身も感じている事ですが、この世界は1年経っただけで一昔前という感覚ですので、常に色んな事に興味を持ち視野を広げる事も大切だと思います。

やりがいや達成感も人一倍大きいです!
関 美咲さん

関 美咲さん

ネットワンシステムズ株式会社
東京都立足立高校出身

実習用のCiscoルータが一人一台以上あると聞き、ぜひそんな環境で学んでみたいと思い、日本電子に入学しました。そこでしっかりCCNAレベルの知識や技術を身につけられたおかげで、ネットワーク業界のリーディングカンパニーとして知られる当社に入社後も、あまり戸惑うことなく自信を持って仕事を続けています。現在はネットワークエンジニアとしてさまざまな会社のネットワークインフラの設計や構築を担当。スピードと正確さが求められる現場なので、いつもプレッシャーを感じていますが、それだけにやりがいや達成感も人一倍大きいです。

幅広く学んだおかげで、電気の知識や技術に関しては1歩リード
遠藤 靖之さん

遠藤 靖之さん

野村ビルマネジメント(株)
東京都私立東京実業高校出身
電気工学科卒業

高校の電気科を卒業後、日本電子に進学しました。在学中はとにかく実習など手を動かす授業が面白かったです。高校時代に第二種電気工事士の資格を取得していたので、日本電子ではより実践的、総合的に学べました。現在は、ビル設備メンテナンスの部署に勤務しています。ビルの中では、照明や空調、防災設備など、電気に関連する設備がいろいろ。電気全般に関する知識は欠かせません。特性はもちろん、幅広く学んだおかげで、電気の知識や技術に関しては1歩リード、自分の強みになっています!

2年次の4月には内定を頂くことができました!
門馬 亮太さん

門馬 亮太さん

東日本電気エンジニアリング(株)
埼玉県立所沢商業高校出身

JR東日本の信号機、踏切保安装置など鉄道設備の検査、修繕工事を担当しています。常に高い技術と的確な判断力が求められますが、その技術を証明するのが資格です。高校在学時に第二種電気工事士の資格は取得済みだったため、先生の強力なサポートにより、1年次に第一種電気工事士を取得。さらに、認定電気工事従事者なども取得。その甲斐あり2年次の4月には内定を頂くことができました。

教員メッセージ(植田 誠一先生)

植田 誠一

グラフィックデザイン科

グラフィックデザイナーは社会と人をつなぎ、魅力ある生活に変えていく重要な職業です。広告手法が目まぐるしく変化をしていく今日において、本科では基礎から応用まで、企画から制作まで、アナログからデジタルまでと、幅広い表現と技術を2年間で習得できるカリキュラムが魅力です。デザイン業界との産学連携制作や作品講評会、関連業界のプロを招いての講義を通じて確実にスキルアップ。実践力を身につけることにより、毎年高い業界内定率に結びついています。「好きな絵を仕事にしたい」「デザイナーってかっこいい」。そんな皆さんの夢の実現に向けて、一緒に内容の濃い2年間を過ごしましょう。

教員メッセージ(佐久間 修一先生)

佐久間 修一

コンピュータグラフィックス研究科

本科では1年目はMaya、2年目からはHoudiniという3DCGソフトウェアを使って映像制作を行います。どちらも日本のCG業界はもちろん、海外でも非常に多くのプロダクションで採用されており、これからのCG業界をめざす上で必要不可欠なソフトウェアです。また、本科ではCG制作に活用できるプログラミングや数学もしっかり学べるので就職に有利。それぞれ学科独自のわかりやすいオリジナル教材で学習するため誰でも無理なく習得できます。本科で密度の高い3年間を過ごし、将来業界で活躍する『テクニカルCGクリエイター』をめざしてみませんか。

教員メッセージ(大野 雅俊先生)

大野 雅俊

ゲーム制作研究科

思い描いていた夢をこの学科で現実にしませんか。現在のゲーム業界はプレイステーション5や、ニンテンドースイッチといった据え置き機から、手軽に遊べるスマートフォン。ゲームセンターや、大型のスーパーなどにも置かれているアーケードゲーム機など、遊びの幅が広がっています。結果として開発には非常に幅広い技術と知見が必要になっています。ゲーム制作研究科では、その中でも特にハイエンドと呼ばれる技術の高い作品を作れるようプログラム、デザイン、企画といった多岐にわたった授業を行っています。ここで学んだ技術、知識を生かし、子供の頃に思い描いていた夢を現実のものにしましょう。

教員メッセージ(永井 紀雄先生)

永井 紀雄

CG映像制作科

映画やゲームに出てくる、現実にはあり得ない、人を驚かせるようなCG映像を一緒に作りませんか?そんな「自分が好きな映像を自分でつくる!」ことが本科の目標。CGソフト「Maya」を使って高度な技術と表現力の幅を広げるだけでなく、VFXの合成・編集や映像関連の授業を通してカメラの経験と知識などCG映像を制作するスキルを身につけます。こうしたスキルは、CG映像の業界に入るうえでも求められている力。同じ目標を持つ仲間と一緒に、密度の濃いカリキュラムをこなしながら充実した2年間を過ごしましょう。

教員メッセージ(岡野 正信先生)

岡野 正信

コンピュータグラフィックス科

映画、ゲーム、アニメをはじめ、幅広い業界で活躍できるCGクリエイターを育成するため、基礎から応用、さらに実践まで総合的に学習します。1年次はCGツールの使い方、CG制作に必要な考え方や技法のほか、より効率的なCG制作を実現するプログラミングや粘土による立体造形、デザイン画や絵コンテの描き方なども基礎から学びます。2年次は、得意分野や目標の業界に応じた専攻分野で学習内容を絞り、さらなるスキルアップを図ります。興味をもって努力をすれば、CG未経験でも大丈夫! 一緒にプロをめざしましょう。

教員メッセージ(小栁 圭司先生)

小栁 圭司

ゲーム制作科

皆さんはゲームで遊んでいますか?いまやゲームは娯楽だけではなく、競技であるe-Sportsをはじめ、教育・ビジネス・福祉など様々な分野で応用されるようになりました。そんなゲームを作るためにはゲームプログラマの活躍はかかすことができません。ゲームの作り方を学びながら、プログラミングについて勉強してみませんか?ゲームを作るための必要なこと・プログラマになる上で大事なことは私たちが一からすべて教えます!貴方が考えた「新しい時代のゲーム」を作りましょう!

教員メッセージ(坪井 翔先生)

坪井 翔

アニメーション研究科

本科はアニメ業界でクリエイターとして活躍を夢見る方に最適な学科です。3年間のスパンをフル活用し、作画から仕上げ、背景、撮影といったアニメ制作の全工程を学習することで、自分の適性を発見し、就職レベルにまで伸ばすことができるカリキュラムだからです。さらに液晶ペンタブレットを実装した実習環境で、業界トレンドに合わせた2D、3D技術の双方のオリジナルアニメ制作ができるのも魅力の一つ。手描きとデジタルツールを共に操れるクリエイターは業界で重宝され、活躍の幅が広がりますよ。

教員メッセージ(田辺 由佳先生)

田辺 由佳

アニメーション科

アニメーターを中心に、アニメ業界での活躍を夢見る方に最適な2年制学科です。作画やデッサンの基礎から応用まで、プロの講師が粘り強く指導します。制作の全工程を体験できるアニメ演習を通じて、業界の仕組みを学びながら、絵を描く力はもちろん、コミュニケーション能力や問題解決力も伸ばせます。私もアニメーターとしてさまざまな作品に携わり、アニメやイラストなどといった幅広い業界で仕事をしてきました。キャラクターを描くことが好きだったり、制作に興味がある方は、アニメのスペシャリストになってみませんか?

教員メッセージ(伊藤 靖彦先生)

伊藤 靖彦

ゲーム企画科

ゲームプランナー(ゲームデザイナー)には幅広い知識が求められるため、プランニングだけではなく、プロデュース、ディレクション、プログラミング、CG制作などの技術的なことまで学びます。2年間で6回行われる作品制作発表会では、学生同士がそれぞれの企画を評価し合った結果をランキング形式で発表。こうした自分の成長を客観的に把握できるチャレンジの場を経験しながら、ゲーム会社でプロとして働く準備をしていきます。ゲーム作りを学ぶと、作るほうが楽しいと実感できます。本気でゲームを作りたい人の挑戦を待っています。

教員メッセージ(沖山 優奈先生)

沖山 優奈

DXスペシャリスト科

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、簡単に言うと企業がビジネス環境の変化に対応するため、データやデジタル技術を活用して会社や業務などを変革することです。産業界ではこのDXの動きが加速しており、デジタル技術を活用して課題解決する『デジタル人材』への期待が年々高まっています。今や、どんな仕事でもICT活用スキルは欠かせません。本科では、デジタル技術やビジネスの基礎知識を学ぶことで、あらゆる業種で活躍できる力を身につけます。「新しいコトが好き」「将来は、パソコンを使う仕事がしたい」という方、未来を創る『デジタル人材』になるための第一歩を、今、ここから踏み出してみませんか?

教員メッセージ(二宮 洋介先生)

二宮 洋介

ケータイ・アプリケーション科

本科では、スマートフォンの中でも需要の多いiPhoneとAndroidを中心に、アプリケーションの開発技術を、講義・実習を通して習得できるカリキュラムが組まれています。プログラム作成だけではなく、アプリ企画・システム設計・コンテンツ制作・ビジネスマネジメントなど、幅広い知識と柔軟な思考を備えたエンジニアをめざします。「こんなアプリがあったら楽しそう」「こんなアプリを配ればみんなの役に立つかも」。あなたの発想を実現する技術を身につけて、世界を舞台に勝負してみませんか?

教員メッセージ(小山内 靖美先生)

小山内 靖美

Webデザイン科

Webデザイナー・Webディレクターには、ユーザーに価値のある情報を正確にわかりやすく表現する能力が求められます。情報を正確に伝えるための美しいデザインとレイアウト、機能的なインタフェースを実現できたWebサイトこそ、世界中の人にメッセージを届けることができます。本科ではWebデザインの現場に近い実践的な授業で、サイト企画やコンセプトメイキング、デザイン構想、Web制作を行い、プレゼンテーションに至るまでの現場で“使える”高度なテクニックを学習します。魅力溢れるWeb業界で夢を叶えましょう。

教員メッセージ(福田 竜郎先生)

福田 竜郎

AIシステム科

「AI」×「ビッグデータ」×「IoT」を活用したシステムは様々な産業に大きなインパクトを与えており、革新的なサービスが次々と創り出されています。近い将来には、私たちが予想もできないサービスが登場するかもしれません。本科では、オブジェクト指向分析・設計・実装によるシステム開発技術を基盤に、機械学習を中心としたAIプログラミング、ビッグデータ分析、IoTデバイスからのセンサーデータ処理技術を総合的に学習します。最先端のAI技術を習得して、次世代のAIエンジニアをめざしませんか?

教員メッセージ(姜 怜和先生)

姜 怜和

ネットワークセキュリティ科

現在、私たちは生活の中でなくてはならないものであるインターネットを介し様々な情報を目にしたり、ゲーム、SNS、動画配信と無意識のうちにさまざまなサービスを利用しています。反面、情報漏洩や大切な資産が奪われたりとセキュリティに関連したトラブルも同様に増えており、セキュリティエンジニアの不足が社会問題となっています。本学科では「情報資産」を守るエンジニアの育成を目的とし、ネットワーク業界の最大手であるシスコシステムズ社が開発したカリキュラムにより、初心者であってもIT技術の基礎から応用まで学ぶことができます。IT企業で活躍する講師や卒業生を招き講演を行なっており、社会で必要となるエンジニアや心構えを実体験のもとに学習できます。

教員メッセージ(菅原 大翼先生)

菅原 大翼

高度情報処理科

入学時に知識ゼロでも卒業時にはひとつの完結したシステムを作れるカリキュラムを組み、IT業界の激しい技術変化に対応できる応用力をもったシステムエンジニア(SE)を育成します。急速に発展するビッグデータやブロックチェーン、人工知能(AI)といった最新技術の学習もトピック的に取り入れています。1年次は情報技術やプログラミングの基礎を学習。2年次はシステム設計・データベース設計の技術を学び、3年次は最新の技術を習得して、卒業制作としてシステムを開発します。優れたSEには技術と知識以外に、顧客ニーズを聞き出す能力も大切。グループワークでコミュニケーション能力を養うなど、楽しく学べます。

教員メッセージ

土屋 玲奈

情報システム開発科

クラウド、AI、IoT、ビッグデータなど、システム開発に求められる技術は日々進歩しています。本学科では、そのような第一線で活躍する技術者に求められる『確かな技術力』と、『高い資格取得率』をモットーに掲げ、どの学校よりも効率的にその2つを取得できるカリキュラムを組んでいます。実際に、難易度の高い資格を取得する学生が多く、本科の学生が卒業制作で作ったシステムの完成度には定評があります。これらのカリキュラムを支える高い技術力を持った教員陣が、実績・実力重視のIT業界の第一線でも生き抜くことができる人材を育成します。

教員メッセージ(蓮見 圭亮先生)

蓮見 圭亮

情報処理科

情報処理とは、「コンピュータを使って日常生活をどんどん便利にする」ということ。自動翻訳や駅の改札、レジでのカード支払いなど、身の回りには生活を便利にする沢山のシステムが動いています。しかし、それらを支えるITの技術者が近年不足しています。本科は50年以上の長きに渡り、延べ2万人を超える卒業生を輩出しており、ITの技術者として活躍しています。また、「5段階ステージアップ学習法」の採用により、初心者からでも楽しみながら1ステップずつ着実に知識と技術を身につけられるので安心です。

教員メッセージ(仲田 英起先生)

仲田 英起

電子応用工学科

身の回りのスマホや家電、車の自動運転などの先端技術まで、エレクトロニクスが多くのモノを支えています。これらの製品の多くはコンピュータ(マイコン)によって制御されており、エレクトロニクスはハードとソフトの両方のスキルをもったエンジニアが求められています。特にあらゆるモノがインターネットにつながるIoTの時代では広い知識を持ったエンジニアが必要となります。私たちの学科では、たとえ高校時代文系であっても大丈夫なようにゼロから学べるカリキュラムを作成し、卒業時には一人前のエンジニアになれるように成長できます。身近な生活を支えてくれる『モノづくり』に興味がある皆様をお待ちしております。

教員メッセージ(高橋 俊幸先生)

高橋 俊幸

電気工事技術科

電気工事技術者の仕事は、発電所から送られる電気を一般家庭用、工場用、通信用、消防施設用など、必要とする場所や目的に応じて配線工事をすることです。この技術と資格があれば、職に困ることはありません。卒業の技術力は定評があり、就職率も高い実績をあげています。東京スカイツリータウン内に位置する東京ソラマチや東京ミッドタウンなどの電気工事を担当したほか、独立開業する卒業生も数多くいます。知識がなくても、勉強が苦手でも、ヤル気さえあれば、私たち教員が必ずプロの電気工事技術者に育てます!

教員メッセージ(山路 哲平先生)

山路 哲平

電気工学科

本科のモットーは「実験で確かめる」。真の実力を得るには、モノに触れながら知識や技術、技能を身につけることが大切。実験は理解力をアップさせてくれます。また、第三種電気主任技術者、第一種と第二種電気工事士、電気工事施工管理技術検定2級など、資格試験に多くの学生が合格しています。技術と資格があれば企業から高い評価が得られ、将来は約束されます。本科は電気関係の資格取得や、電気を扱う技術者をめざす人に最適な学科です。今後ますます必要とされる、快適な生活を支える電気技術者をめざしましょう。

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!