料理人・社会人として、常に「前向きに学び切磋琢磨」し続けましょう。
藤田 伸幸先生

西洋料理(フレンチ)/藤田 伸幸

【本校卒業生】
ホテルポールスター札幌 総料理長
㈳全日本司厨士協会 北海道地方本部 副幹事長 

自由な発想で調理し、真心を込めてもてなすことで、お客様から心よりの笑顔をいただく。料理人は大きなやりがいのある仕事です。一人前の料理人には技術はもちろん社会人としての礼儀や心構え、教養も求められます。私たちがそうしたことを丁寧に指導していきますので、皆さんは前向きに、努力する姿勢を忘れずに切磋琢磨して下さい。

伝統文化を理解し、「楽しみながら」知識・技術を身につけてほしい。
鹿子嶋 雄一郎先生

日本料理/鹿子嶋 雄一郎

プレミアホテル中島公園札幌 和食料理長
北海道日本調理技能士会 会長

日本料理は世界遺産に登録されるほど、すばらしい技の結晶です。こうした文化を理解するためにも、土台となる知識・技術をしっかり磨いて、向上心を持って取り組んでもらえるよう指導しています。料理は自分のイメージした味や香り、盛り付けを形にできる仕事ですから、楽しみながら取り組んでほしいです。

料理を通して「おもてなしの原点」を学び取ってください。
富井 祥司先生

中国料理/富井 祥司

中国料理孝華 代表
前(公社)日本中国料理協会 北海道地区本部 本部長
専門調理師技能試験検定委員
2012年度「現代の名工」表彰 
2014年黄綬褒章 受章

中国料理の豪快さ、繊細さ、奥深さに加え、社会人としての心構えやマナー、仕事に真摯に取り組む姿勢を授業の中で身につけていただきたいと思っています。それこそが“おもてなしの原点”であり、“社会の基本”であることを伝えたくて、日頃からそうした指導を重視しています。ぜひ学び取ってください。

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!