音楽プロデューサーになるには?│仕事内容や、資格、おすすめの学校もご紹介!

  • 2020.07.21
  •        
音楽プロデューサーになるには?│仕事内容や、資格、おすすめの学校もご紹介!

音楽プロデューサーの概要や仕事内容

音楽プロデューサーとは?

音楽プロデューサーとは、音楽アーティストを総合的にプロデュース(日本においては、様々な方法を用いて目的物の価値をあげることを指します)する役割を果たす人のことを言います。

音楽プロデューサーの仕事内容とは?

音楽プロデューサーは、音楽の制作全般を指揮する仕事です。レコードやCDなどの音源制作からコンサートや映画などの企画など、様々な場面で音楽制作面全般を指揮するということになります。
まず、音楽プロデューサーはアーティストをどのように売り出すかというコンセプトを決定します。コンセプトの決定は、アーティストやプロダクションとやりとりを行い、アーティストのこれまでの背景や歴史、音楽性などをもとに行われます。
そして、アーティストのコンセプトや音楽性に合わせた作詞家や作曲家などを選んで楽曲を用意し、レコーディングを行います。

レコーディングをする際のスタジオミュージシャンやエンジニア、アレンジャーなどの選定も音楽プロデューサーの役割となっています。
他にもCDジャケットのデザインや撮影MV(ミュージックビデオ)の制作メディアの取材ライブの企画などのプロモーションに関連する仕事も行います。これらのスケジュール調整も音楽プロデューサーの仕事です。
また、音楽制作の際に必要なミュージシャンの報酬やスタジオの料金など、予算を管理するのも、音楽プロデューサーの大切な仕事の1つとなっています。

音楽プロデューサーになる方法(資格取得方法等)

 音楽プロデューサーになるための特別な資格などはありません。
ただし、知識なしに音楽プロデューサーになることはできませんので、まずは音楽業界に身を置いて豊富な経験を積むことです。
音楽業界に身を置くためには、音楽業界について学べる音楽系の専門学校に通うなどして技術を磨いたあと、レコード会社などの企業に就職してキャリアを重ねていくという方法をとることになるでしょう。
活躍している音楽プロデューサーの中には会社に所属しないフリーランスの音楽プロデューサーや、音楽制作会社を独立開業して活動する音楽プロデューサーもいますが、このような場合でもひとまずは音楽関連の会社で働いて、専門知識やスキルを得てからということになるでしょう。

音楽プロデューサーになれる専門学校はこちら

横浜×少人数×学費=安心!!
3つの特長でキミの夢を応援します。

夢が見つかる、夢を応援する、アットホームなYMSの2年間!

①横浜 ~横浜駅から徒歩10分の好立地~
②小人数 ~学生全員にマンツーマンレッスンを実施~
③学費 ~都内と比べて圧倒的な安さ!~
専門学校横浜ミュージックスクール

今後の音楽プロデューサーの将来性

音楽業界においては、2000年以降はインターネットの普及の影響で楽曲ダウンロードの件数が年々増加していることに反比例して、CDの売上げは右肩下がりとなっています。
しかし楽曲ダウンロードがされていると言うことは、決して音楽が売れないということではありません。様々な企業が音楽配信ビジネスに参入して雇用の場を生み出していることや、速やかに配信サービスを行えるようになったため新曲のニーズも増加してきています。
またCDだけでなくコマーシャルやドラマ、番組も今やテレビだけでなくインターネットでも需要があるため楽曲の採用数自体は増加しているそうです。
インターネットで言えば、YouTubeなどの動画配信サービスで売り出すチャンスも増えていますので、日本国内だけではなく海外で活躍するアーティストも増えています。

有名なアーティストだと、音楽プロデューサーである中田ヤスタカさんが楽曲プロデュースをしているPerfumeさんはアジアやヨーロッパ、アメリカなどでツアーを成功させています。

音楽は常に求められていますし、無くなることはありません。
世界を相手にアーティストのプロデュースをすることに成功することもできます。活躍の場は世界中にあるのです。将来性はまさに無限大と言っても良いのでは無いでしょうか。
もちろん、そこにたどり着くには優れたプロデューサーにならなければなりませんので、簡単な道のりではないことは確かですが。

音楽プロデューサーの就職先

音楽プロデューサーになるためには、前述したとおりひとまず音楽業界の会社に就職することになるでしょう。
そこで音楽プロデューサーの仕事を任されることもあります。

しかし全員が音楽プロデューサーの仕事を任されるわけではありませんので、いつまでも音楽プロデューサーになれない場合は独立して開業する、フリーランスになるなどの方法で音楽プロデューサーになっていきます。

音楽プロデューサーの平均年収・MAX年収

企業に就職している音楽プロデューサーであれば、ある程度の年収を得ることはできると考えられます。
しかし多くはフリーランスで働く音楽プロデューサーであると考えられますので、年収には大きな開きがあると考えられます。
一般的な音楽プロデューサーだと平均年収は200~500万円と言われています。

もちろん有名になれば年収1,000万円を超える音楽プロデューサーもいます。
先ほど例に挙げた中田ヤスタカさんの年収は3,000万円を超えるといいます。
また、日本で最も稼いでいる音楽プロデューサーといえばAKB48をプロデュースしている秋元康さんで、その年収は50億円といわれています。

音楽プロデューサーになれる専門学校はこちら

ヒューマンは音楽を「学ぶ」場所ではない。音楽「活動を行う」場所なのだ。

プロのミュージシャン、プロデューサー、DJ、エンジニアなどがキミたちをプロの世界へ誘おうと講師として待っている。
小さな勇気で一歩踏み出せば、みんながキミをあたたかく迎え入れてくれる。
さあ、キミにしかできないステージをここから始めよう!
総合学園ヒューマンアカデミーミュージックカレッジ

音楽プロデューサーに向いているのはこんな人

音楽プロデューサーは、自身がプロデュースするアーティストやプロダクションの担当者、作詞家や作曲家、レコーディングやライブのスタッフなど多くの人と連携して仕事を進めていきます。そのためかなり高いコミュニケーション能力が求められます。

また、音楽プロデューサーはレコーディングやプロモーション活動などさまざまな業務を同時進行していくことになりますので、スケジュール調整の能力が高いことや、体力的・精神的にタフな人であること、柔軟さやフットワークの軽さがあることなども求められるでしょう。
音楽プロデューサーが担当するのは一組だけとは限らず、何組ものアーティストを同時進行することも多いことからもこれらの能力は必須だと言えます。

優秀な音楽プロデューサーになっていくためには、アーティストを売れるようにするためトレンドを読み解くことができる能力新しいものを作り上るという強い意思が必要不可欠です。
そのためには、大学や専門学校に進学する、音楽関連の企業に就職するなどして音楽について専門的に学び、音楽の知識や技術を積み上げ、さらにずっとトレンドや世界情勢など常に最新のことを学び続けることに貪欲な人であることが求められます。

アーティストを売れるようにするためには企画力や発想力も欠かすことはできません。
企画があることによってプロモーションを行うことができるので、企画力も必要不可欠な要素の一つです。

音楽プロデューサーに関連する職業や資格

関連する職業

●アーティスト
アーティストとは、芸術家や美術家などその道のプロフェッショナルという意味をもつ言葉で、アーティストという大きな括りのうち音楽家のことを指すのがミュージシャンなのです。音楽プロデューサーが担当するアーティストはミュージシャンだといっても良いでしょう。
と言っても、日本ではあまり厳密な使い分けがされていませんのであまり言葉の意味については深く気にすることはないでしょう。有名なアーティストの多くは何らかの形で音楽プロデューサーのプロデュースを受けています。誰もが知っている音楽プロデューサーだと浅倉大介さんやつんく♂さん、前山田健一さん、小室哲哉さん、坂本龍一さんなどですが、どの方も有名な歌手やアイドルグループのプロデュースや歌の提供などをしていますね。
アーティストと音楽プロデューサーは切っても切り離せない関係とも言えるでしょう。

●作詞家・作曲家
作詞家は歌詞を作る人、作曲家は音楽を作る人のことを言います。
有名な音楽プロデューサー自身が作詞家・作曲家であるケースがほとんどです。
前述した音楽プロデューサーもほとんどは元々アーティストとして活躍し、作詞や作曲をしている人です。

余談ですが、坂本龍一さんの学歴は東京芸術大学大学院修士課程で、ミュージシャンでありながら作曲家、編曲家、作詞家、音楽プロデューサー、ピアニスト、ドラマーキーボーディスト、指揮者、タレント、シンセシストなどまさに音楽のプロです。
有名な音楽プロデューサーになるにはここまでできなければならないのだと思い知らされます。

音楽プロデューサーになれる専門学校はこちら

総合学園ヒューマンアカデミーミュージックカレッジ 専門学校横浜ミュージックスクール 音楽プロデューサーになれる専門学校を探す!