世界に一つだけの『柄』をつくる

あなたの知りたい情報がすぐわかる!

学校概要

早稲田国際ビジネスカレッジ
【デザイン総合学科 テキスタイルデザインコース】
『世界に一つしかない柄をつくる』実習を主体とした学校です。
実習と同時に、市場調査や商品企画・ブランディングなど実践を通して学習できます。
この学校からテキスタイル業界を牽引していく卒業生を育成する学校。
それが早稲田国際ビジネスカレッジ デザイン総合学科 テキスタイルデザインコースです。
【国際コミュニケーション学科e-sportsコース】

【国際コミュニケーション学科 e-sportsコース】
eスポーツ業界で幅広く活躍する人材を育成するコースです。
プロのeスポーツ選手を目指せるコースです。 

\オープンキャンパス参加者の声/
・アクセサリー体験をして先生方が話しかけてくれて、すごくうれしかったです。先生方の授業を学びたいと思いました。(高校3年生)
・みなさんにたくさん助けていただいたので、とても楽しくできました。入学したい気持ちが強くなりました。ありがとうございます。(高校3年生)
・自分で柄が作れて楽しかった。いろいろな人のプリントが見れてよかった。(社会人)
・友禅染の色挿しをするときに、水彩画みたいにグラデーションなどができて楽しかったです。(高校3年生)
・アットホームな環境でとても楽しかったです。家でも玉ねぎの皮を使って草木染してみようと思います。(高校3年生)
・伝統的なものと現代的な物を同時に学べることに興味を持ちました。次回の友禅染体験にも参加したいです。(社会人)
・先生と生徒の仲が良く、とても雰囲気がよかったです。(予備校生)

学部・学科

アクセス

  • 東京校

    〒169-0051
    新宿区西早稲田2-1-27

ニュース

研修旅行

染の小道2024に出展します。

クリスマス

アピールポイント

早稲田国際ビジネスカレッジ アピールポイント

ただイラストを描くだけでなく、ただデザインする
だけでなく描いた物や考えた事を製品にしています。
これは学校を卒業して企業で働いた際に、自分や
クライアントが考えたものを製品にして販売する
からです。
テキスタイルデザイコースではプリントの授業で
傘を制作して、織の授業ではマフラーやショールを
作り、友禅の授業では帯を作っています。
アクセサリーの授業では身につけるものを制作、
レザ―クラフトの授業では革製品を創っています。
また製品を創るだけでなく、販売するために作品の
写真撮影やキャッチコピーを考えて学校オリジナル
ブランド「志kokorozashi」で実際に学生作品を
販売しています。
販売するためのデザインは非常に困難で険しい
道のりですが、授業を通じてクラスメートと切磋琢磨
しながら創った作品は教員の想像を超えて素晴らしい
ものが出来上がります。
オープンキャンパスでは学生作品をたくさん展示して
いるので是非見に来てください。
見た方を魅了する製品が必ずあります。
将来への道を模索している方は、私達と一緒に創作
しませんか?
創作しているうちに夢中になって自分のやりたい事が
必ず見つかるはずです。
やりたい事や学びたい事 夢中になれる事を見つけた
人間は、とても強く美しいですよ。

願書/入試

  • 一般

    費用

    15000

    出願期間

    2022/06/29 〜 2023/03/22

学費や奨学金/寮

早稲田国際ビジネスカレッジ専門学校の学費について

【デザイン総合学科】
年間学納金¥800,000+教材費¥100,000 合計¥900,000
【国際コミュニケーション学科】
年間学納金¥990,000+教材費¥80,000 合計¥1,070,000

メッセージ

志では様々な手作り作品を販売しています。

作品販売中です

志 kokorozashi

志で販売している作品です。これは学生が制作したバッグです。
デザイン総合学科ではオリジナルブランド「志kokorozashi」を運営しています。
このブランドでは学生が制作した作品を販売中、もちろん売れた金額は学生に全て返金しています。販売している作品は、どれも学生が一から制作したものばかりマフラー、洋服、バッグなど様々な製品が出そろっています。BASEから「志kokorozashi」を検索して是非ともご覧ください。

就職実績

就職実績

生活の中には、あらゆる布製品が溢れています。
家庭にはカーテン、カーペットがあり、お風呂から上がるとバスタオルで体を拭き、
寝るときにはパジャマに着替え、布団に入ります。
外出する時には、洋服に着替えてハンカチを持ち、雨が降れば傘を差し、
カバンにお出かけ道具を詰め込み、電車に乗ったら座席に座ります。
これらは全て布で出来ていて、これら布製品にはテキスタイルデザイナーがデザインした布が使われています。
ここで使う布は、綿がいいのか?、麻がいいのか?、化学繊維がいいのか?
それとも別の素材がいいのか。
色はどんな色がいいのか?手触りはどんな布がいいのか?柄はあったほうがいいのか?
柄を付けるならどんな柄か?
こういった布に関わるデザインを考えるのがテキスタイルデザイナーのお仕事です。
当校では布のデザインを考えて、実際に手を使って布を制作していきます。
卒業後はインテリアやファッション、雑貨、車など布製品を扱った会社の
デザイナーとして就職していきます。
就職希望者の90%がしっかりと布を扱う関連企業に就職をしています。

デザイン総合学科テキスタイルデザインコースの就職希望者の多くがテキスタイル業界・デザイン業界への内定を勝ち取っています。本学の「染める、織る、描く」を中心とした実践的な授業によって育まれた能力が、社会に広く求められています。

目指せる仕事と資格

早稲田国際ビジネスカレッジの目指せる仕事

皆さんの身の回りには様々な布製品があります。
外出する時には衣服やカバン、帽子も身に着けます。
雨が降っていたら傘を持ち、ハンカチや手ぬぐいを持っていきます。
家に帰ってシャワーを浴びた後にはタオルで体を拭き、寝るときにはパジャマを着て布団に入ります。
朝起きた時にはカーテンを開けて一日が始まり、床には温かいカーペットが敷いてあります。
これは全てテキスタイル製品です。
卒業生はこれらを扱う企業に就職します。
デザイナーや企画職だけでなく、工房で職人のように手を動かしている卒業生もいます。

キャンパスフォト

  • 大きなプリント生地を制作しています。テキスタイル制作に必要な設備が整っています。この設備を使って世界に1枚だけのテキスタイルを制作してください。学校では制作した生地を使って、傘を制作しています。世界に1つだけのオリジナル傘を作ってみませんか。9:00-21:00まで授業時間以外も使用できます。

※横スクロールで他の画像を確認できます

関係者の皆さまへ

まずは学校の雰囲気を知ろう!!

学校見学やオープンキャンパスで学校の雰囲気を体験してください。
平日午後は授業をしています。よかったら見学に来てください。
「在校生は、どんな授業を受けているの?」、「課題は忙しい?」、「アルバイトしてる?」
色々な質問にお答えします。
おっきな声で、「出来た!」とか「あ~失敗した!」とか言ってる現場が見れます。
平日に来れない人は、土曜日にオープンキャンパスを開催しています。
早稲田のオープンキャンパスは実習付なので、とても楽しいですよ。
教員と学生スタッフが、丁寧に教えます。
初めての人でも大歓迎です。
卒業生も手伝いに来てくれるので、色々な進路情報も聞けますよ。

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!