口コミ募集中

お気に入り登録

学校法人安達学園

専門学校 九州デザイナー学院

メッセージ

  • アニメーター、キャラクターデザイン、作画監督などを経験して観る人を楽しませるアニメを作りたい。

    小西 沙織さん

    小西 沙織さん(在校生)

    アニメーション学科

    絵の基礎から教わりつつ、1 年次からグループで本格的なアニメの制作ができます。演出の知識を身につける映像の授業、デザイン力を磨くイラストの授業などすべてがためになっていると実感しています。現役でアニメーターをされている先生方から業界の話を聞くことができ、社会に出る時に必要な意識や心構えも教えてくださいます。今、頑張っていることは意識改革。これまでは趣味で好きなように絵を描いてきましたが、これからは知識やデッサン力をしっかり身につけて、常に挑戦しつつ、楽しんで取り込んでいきたいと考えるようになりました。

    全文を見る
  • プロの原型師と交流する機会もあり、そこから学べることがたくさんある。

    南 大介さん

    南 大介さん(在校生)

    フィギュアデザイン学科

    産学協同の授業では企業の方と直接やりとりしたり、プロの方と交流するなど、就職につながる機会がたくさんあります。業界の動向や考え方など、学校の授業だけでは知り得ないことも学ぶことができて良かったです。とにかくいろんな作品を見て、“触る”ことです。手先が器用だとかいうことでなく、見る力を鍛えることが大切です。KDGでどんなことを学んで、将来こんな人間になりたいというビジョンをしっかり持って入学して、無事内定も決まりました。まずは仕事を完璧にこなせるようになり、そこから造形で会社を支えていけるような人材になりたいです。「そういう表現方法があるのか!」と、見る人にインパクトを与える作品を作っていきたいです。

    全文を見る
  • 思う存分絵を描きまくり好きなことが仕事につながる。

    岩元 壮平さん

    岩元 壮平さん(在校生)

    イラストレーション学科

    高校には美術を学べる環境がなかったので、体験入学に何度も通いました。基礎からしっかり教えてもらって、描く力を鍛えることができて良かったです。いろいろな授業を受けることによって、思う存分絵を描く学生生活でした。課題もたくさんあり、スキルを磨くことができました。好きなことが仕事につながるとわかって、内定までたどり着けて嬉しかったです。放課後や休憩時間に教室が空いていればパソコンが使えるので、練習や自主制作が思う存分できます。将来、自分が生み出したキャラクターを使ったアナログカードゲームを作りたいです。実際に現在制作中です。おもしろいことを考えるのが好きなので、仕事に活かしたいと思っています。

    全文を見る
  • 人と人とのつながりで作品が広がっていく

    倉崎稜希さん

    アーティスト
    イラストレーション学科卒業
    常盤高校卒業

    ■アーティストとして活動するための基盤作りを求めて専門学校へ
    大好きな絵を描き続けられるアーティストの道でいきたい!と高校生の時に決め、学校選びを始めました。大学への選択もありましたが、仕事としてやるためのスキルも身につけたいと思い、専門学校へ進学することにしました。体験入学で先生が個性を大事にしてくれ「こんな方向の作品がいいのでは」など本音で話してくれたことがKDGを選んだ理由です。在学中に3日に1枚ペースで絵を描き続け、それが習慣になったことが良かったです。学生時代は、作品作りに没頭できる貴重な時間だと改めて思います。

    ■在学中のアート活動で築いた人脈 人とのつながりに感謝
    在学中から地域のアートイベントなどに積極的に参加し、より多くの人に作品を見てもらえるよう活動してきました。今では、作品を観て下さった方が推薦して下さり、いろんな場所で作品展示をさせていただき、在学中にできた人脈のおかげそのものです。

    全文を見る
  • 頑張れるのは人の笑顔を見たいから

    ほあしかのこさん

    マンガ家
    マンガ学科卒業
    山口県岩口総合高校出身

    ■在学中の東京研修で人生が大きく変わった
    マンガ学科では、デビューの大きな足がかりとなる大手出版社へ直接作品を持ち込む東京研修があり、実験的な企画の連載マンガの話を頂くことができました。人とのちょっとした会話でもいろいろと妄想して楽しんでしまう私のキャラクターに目をつけてくださったのかな(笑)。制作は在学中から始まり、全国の鉄道駅を巡り、旅先での出来事を描くノンフィクションマンガでした。人との交流の大切さや仕事としてマンガを描くことについて本当に勉強になりました。

    ■学生時代は、基礎をみっちりアイデアのストックが自分を支えてくれる
    学生時代は、同じ夢をめざすクラスメイトに多くの刺激をもらえたことが宝となっています。学生時代は、デッサンなどの基礎的な技術を地道に身につけておくといいですね。それと、若いうちは経験不足なので話のレパートリーが少ないんです。日記をつけたり、映画の伏線を探しながら観る癖をつけるとアイデアにつながりますよ

    全文を見る
  • 目標をしっかり持つことが大切

    村田 有香さん

    (株)アズ ノゥ アズ 販売スタッフ
    ファッションデザイン学科卒業
    山口県西京高校出身

    ■目標が変わっても転科でき、総合校の強みを感じました
    もともとパッケージデザインのデザイナーになりたいと思って、「総合デザイン学科」に入学しました。私はファッションの授業も取っていたのですがオシャレというだけでなく、機能性や快適性の面から人の生活に密着したものと教えてくださった先生にとても刺激を受け、ファッションデザイン学科への転科を希望しました。別の学科や姉妹校へ移ることができることは総合校の強みですね。

    ■専門分野をという強い意識と目標をしっかり持つことが大切
    専門学校の2年間はあっという間です。専門分野を学ぶということは難しさや厳しさは当然あると思って、目標へ向かって高い意識を持つことが充実した学生生活を送るコツだと思います。新しい自分が見つかるかもしれないと思って、チャレンジすることを恐れずにいろいろな分野に飛び込んでみて下さい。

    全文を見る
他の人はこんな学校も見ています