メッセージ

  • 服を買うより食べ歩きをして下さい。

    田中 俊介さん

    中央調理製菓専門学校静岡校
    平成9年卒業

    卒業後静岡市内のイタリアンレストランで4年半働き、半年間の準備期間でイタリア語の勉強などをしました。イタリアに渡ってからはピエモンテのイル・チェントロをはじめとして通算で約5年間、3店舗で働きました。2店舗目でセカンド、3店舗目ではシェフを務めることができ、帰国に際してイル・チェントロのオーナーから日本で言う「暖簾分け」をしてもらうことができました。今の店名はここからついています。
    この道でやり通すには中途半端な気持ちではダメです。5年後、10年後の自分の目標をしっかり立てて、修業中は寝る時間を削ってでも本を読んだり料理を作ったりするべきです。服を買うより食べ歩きをして下さい。

    私の場合はそうしたことが「ピエモンテ料理なら誰にも負けない」と言える自信に繋がっています。手打ちパスタや豚の頭を使った一品などピエモンテの料理を出しています。是非一度来て下さい。

    全文を見る
  • 感謝の気持ちでいっぱいです。

    小澤 兼昌さん

    中央歯科衛生士調理製菓専門学校
    調理経営学科 平成9年卒業

    卒業してから箱根で板前修業をしたことが全ての料理の基礎になっています。目標としていた20代での独立開業を果たし、今年は2店舗目をオープンすることができました。自分のお店をもつという、ひとつの夢の実現の為に卒業後3年ごとに計画してきましたが、その間にも素晴らしい仲間と出会い、たくさんの人に支えられたおかげで叶った夢だと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。
    今は、この感謝の気持ちを忘れずに、多くのお客様に感動を与え、多くの仲間と共に誰もが夢をもって楽しく成長できる環境を作るように努力しています。

    全文を見る