【多趣味なアナタへ】やりたいことが多すぎて困る…行動するためのヒント

【多趣味なアナタへ】やりたいことが多すぎて困る…行動するためのヒント

趣味が少なくて悩む人もいる中で、多趣味すぎて困る!という人がいます。

何が困るかといえば、多すぎて一つ一つをやり切れず結局中途半端になってしまうことです。

そんな人は、どれもやりたい気持ちは同じなのですが『中途半端な趣味』がどんどん増えていく感覚に焦ってしまいますよね。

このページでは多趣味すぎて困ってしまう原因と解決のヒントをご紹介します!

趣味が多くて困ってしまう原因

「やってみたい事が多く、どこか中途半端に感じてしまいモヤモヤする…」という人はどうしてそう感じてしまうのでしょうか。

それは、やりたいことにあれこれ手を出してきたものの、すぐに飽きてしまったり他にやりたいことができてしまいどれも長続きしない(中途半端で保留にしてしまっている)という状態。自身の理想とは異なりどうしていいかわからなくなってしまうことが原因の一つとしてあります。

それでは、あれこれ手を出す生き方をあきらめなくてはいけないのでしょうか。

そんなことはありません。

折角面白いと思ったことややってみたいと興味がわいた事をやらずに諦めるなんてもったいないですよね。

原因が何なのかをまず考える

困ってしまっている原因を知ることで解決方法が少しは見えてくるものです。

  • 時間がなくてできない
  • 難しくてできない
  • そもそもそこまでやる気が起きない

「時間がなくてできない」というのであれば、あらかじめ時間を確保(タイムブロック)するなり、スケジュールの見直しをするなりして、少しずつ取り組んでいけばいいですし、「難しくてできない」というのであれば、解決策を模索するなり、技術力を上げるなりして、少しずつ進んでいくことで解決されます。

やる気がそこまでないのならその趣味は本当にやりたいことではないので後ろに回しておきましょう…笑

やりたいことが多すぎて頭が回っていない状態だからこそ、いったん落ち着いて自分の真意を確かめてみましょう。

解決のためのヒント

80点までは一つのことを全力でやろう

闇雲にやりたいこと複数に一気に手を出していてはどうしても中途半端になってしまうものです。

まずはひとつだけ、一番最初にやりたいことを決めましょう。

そこから大体の自分の合格点を設定してそこまでは一つのことを思いきりやります。

(合格ラインは人それぞれですが、80点くらいで考えましょう!)

そこまでやったら、

『すぐ飽きる(飽きられなかったら、それが本当に続けられる趣味かも!)』

⇒『切り替えて次の趣味に打ち込む』

というのを繰り返せば中途半端にはなりません。

「やりたいやりたい」ばかりで手を動かさないのはNG

やりたいことが多い人はとにかく手を動かさないとなにも始まらないという事を自覚しましょう!

いざ始めたら意外と簡単なものだったというのは往々にしてあることです。

できない人は1日5分から始めてみてください。習慣化していくことで、やれることが増えていつの間にかいろいろな悩みが整理されるのはよくあることですよ。

まとめ

「多趣味すぎて困る」というのは、なぜ困るのかをしっかり考えれば案外簡単に解決することだったりします。多趣味な人はいろいろなことに興味が沸く好奇心旺盛なタイプの人が多いですが、同時に三日坊主なところがある場合が多いです。

多趣味自体は悪いことではないので、自信をもって自分の趣味を楽しめるようにやれることからはじめてみてくださいね。