【高校生必見】雑誌に関わるおすすめ職業(仕事)10選! | 仕事の種類、仕事内容、おすすめの学校についても紹介!

【高校生必見】雑誌に関わるおすすめ職業(仕事)10選! | 仕事の種類、仕事内容、おすすめの学校についても紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

雑誌に関わる仕事には様々なものがありますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。
雑誌に関わる仕事がしたい方向けに今回は10種類に分けてご紹介していきます。

雑誌に関わる仕事がしたい方はもちろん、雑誌に関わる仕事にはどのようなものがあるのか知りたい方もぜひご覧ください。

ライター

まずはライターです。
Webやメールマガジン、書籍や雑誌などに掲載される記事を書く仕事であり、出版社などの編集者から依頼を受けて資料を集めた李、資料を基にして執筆を行います。

特定の分野を専門にする専門ライターもいれば、ありとあらゆるジャンルを書くことができるライターもいて、ライターの種類も様々です。

ライターは独立して働く方も多いですが、出版社や編集プロダクションなどに勤める方も多くなっています。
ライターになれる学校を探してみる

カメラマン

カメラマンも写真に関わる仕事の一つです。
芸能や報道広告などありとあらゆる分野において写真を撮影する仕事です。

ほとんどのカメラマンには専門分野があり、報道カメラマン、広告カメラマン、スポーツカメラマンなどといった「〇〇カメラマン」という肩書きがつけられることが多いです。

その他にも学校の行事や家族のイベント、結婚式やその他様々な場面でカメラマンが必要とされます。
相手のニーズをうまく汲み取り、写真を撮影することが大切です。

また、カメラマンを目指すにあたって、パソコンを使って修正作業などを行うことができるとより需要が高いです。
独立を目指すこともできますので、カメラマンになりたい方は編集の勉強もするようにしましょう。
カメラマンになれる学校を探してみる

編集者

編集者も雑誌や書籍、漫画などに関わる仕事です。
出版社はもちろんのこと、その下請けとなる制作プロダクションに会社に勤める方や、フリーランスで活躍する方などさまざまです。

出版社で働く方は主に企画や予算取り、取材、記事編集などを行います。
専属の編集者の場合は、一緒に連載の案を出したり、執筆に必要な資料を集めたり、原稿のやり取りをしたり、締め切りの確認をしたりすることもあり、幅広い業務内容が求められます。
編集者になれる学校を探してみる

校正者

校正者は雑誌や書籍、カタログや漫画などの制作をする際に言葉の用法や誤植をチェックしたりする仕事です。

原稿を確認し、元の原稿と比べながら間違いがないか、日本語として間違っている所はないかなどを確認していきます。

高い国語力や集中力が求められ、ミスが許されない仕事ですが、そのぶんやりがいもあります。
校正者になれる学校を探してみる

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーはポスターやチラシ、商品パッケージや雑誌の広告など、印刷物のデザインをする仕事であり、広告代理店や広告制作会社、企業の宣伝部で働く方が多いです。

企画内容やコンセプト、ターゲットに沿ったデザインを作成する必要があり、レイアウト、編集、印刷や出版できるまでの状態のデータを作成する必要があります。

イラストレーターやキャッチコピーを作るコピーライターなどとチームを組んで働く場合もあります。
グラフィックデザイナーになれる学校を探してみる

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーはデザイナーの中でも雑誌や漫画、カタログ、書籍の表紙や目次、本文やグラビア写真などのレイアウトを担当します。
主な就職先ははデザイン事務所となりますが、フリーランスで働く人もいます。

雑誌のコンセプトを理解した上で、見た目のインパクトはもちろんですが、読みやすさや情報が正確に載っているかなど様々な点に気を使ってデザインをする必要があります。
エディトリアルデザイナーになれる学校を探してみる

DTPオペレーター

DTPオペレーターはデザイン案をもとにパソコンなどで印刷物、入稿データ作成を行う仕事であり、グラフィックデザイナーやエディトリアルデザイナーなどと一緒にレイアウト調整を手がけることもあります。

印刷直前の最終段階のデータを作り上げるということで、絶対にミスが許されませんがそのぶん、デザイナーへのステップアップを目指せます。
DTPオペレーターになれる学校を探してみる

印刷会社社員

印刷業は雑誌やパンフレット、カタログ、チラシ、書籍などありとあらゆる印刷を行う会社であり、そこに勤めることの人のことを​​印刷会社社員と呼びます。
大手から中小の企業まで様々ありますが、大手出版社の場合、書籍や雑誌を大量に印刷し、小さな会社はパンフレット名刺などの依頼を受けることが多いです。
営業や企画デザインなど様々な業務があります。
印刷会社社員になれる学校を探してみる

書店員

書店員はいわゆる「本屋さんの店員さん」です。

問い合わせの対応やレジ打ち、お客様対応はもちろん、棚を作ったり、品の陳列が必要で、本の並べ方や陳列方法、POPなどで本の売れ行きが左右されます。

本が本当に好きな方に向いている職業と言えます。
書店員(店員)になれる学校を探してみる

出版社社員

出版社にも様々なものがありますが、編集部、制作部、営業部、企画部、管理部などに分かれていて、それぞれ担当の仕事を務めます。

雑誌の企画や制作進行に関わる編集者が出版社の社員としてクローズアップされがちですが、書籍をアピールするために書店を回る営業マンや、問い合わせ窓口の担当者など様々な役割が出版社にはあります。
出版社社員になれる学校を探してみる

まとめ

ここまで雑誌に関わる様々な職業についてご紹介してきました。

雑誌に関わる職業には様々なものがありますが、どれも本を愛する気持ちが大切です。

今回ご紹介した職業の中で少しでも興味がありましたら、是非一度専門学校や大学など、それらの仕事を目指せる学校について調べてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ライターになれる学校を探してみる カメラマンになれる学校を探してみる 編集者になれる学校を探してみる 校正者になれる学校を探してみる グラフィックデザイナーになれる学校を探してみる エディトリアルデザイナーになれる学校を探してみる DTPオペレーターになれる学校を探してみる 印刷会社社員になれる学校を探してみる 書店員(店員)になれる学校を探してみる 出版社社員になれる学校を探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種