【専門学校のオンラインオープンキャンパスのやり方って?】

【専門学校のオンラインオープンキャンパスのやり方って?】
 

新型コロナウイルスの影響で、オンラインでオープンキャンパスが行われる学校も非常に多くなっています。
Zoomや、Google Meetなど、オンライン会議アプリの名前を、よく聞く様になりました。
でも、オンラインオーキャンなんて、前例がないから分からない!という人も多いでしょう。

Zoomの使い方って?服装は?顔は映る?
今回は、オンラインでのオープンキャンパスについて解説していきます!

そもそもZoomの使い方が分からない!

オープンキャンパスで使われる頻度が圧倒的に多いのが、Zoom
「Zoomなんて使ったこともないし、全然使い方も分からない!」という人も多いですよね。

オープンキャンパスの時はパソコンがおすすめ

Zoomはスマホにも、パソコンにもインストールできますが、Zoomをインストールするならパソコンにインストールするのがおすすめです。
スマホでは画面が小さく、パソコンに比べて扱いづらいです。
通知が来たり急に電話がかかってきたり、思わぬアクシデントに遭遇することもしばしば。
また、使い方を間違えるとめちゃくちゃ電話代がかかってしまうこともあります。
オープンキャンパスはパソコンで参加するのが一番良いと思います。
その際には、必ずWi-Fi環境の良いところで

使い方は簡単!

Zoomを使用してオーキャンに参加する場合、事前に招待URLが送られてくるはずです。
それをクリックすれば、その部屋に入ることができます。
その時、ビデオのオンオフと、音声のオンオフについて尋ねられるので、学校側の事前の指示に従ってください。

顔や服装は映る?映らない?

オンラインオープンキャンパス

結論から言うと…

学校にもよりますが、「ビデオをオフにしてご参加ください」や、「ビデオをオフにしていただいて結構です」とある場合が多いです。
ですが、だからと言って「寝っ転がってお菓子食べながら聞けばいいや」というわけではありません。
実際に使うと分かるんですが、Zoomにはアクシデントがつきものです
気がついたらカメラがオンになっていたり、音声が垂れ流しになっていたり…というのは、よくあることです。
そんな時に、パジャマを着てお菓子をぼりぼり食べていたら恥ずかしいですし、何より部屋に入っている他の人に悪い印象を与えてしまいます。
「オンラインだから…」「家の中だし…」と気を抜かず、きちんとした服を着たり、髪型も考えたりして臨みましょう。
寝癖のまま参加するのは、よくありません。

音声はちゃんと切ろう

音声に関しては、「切っても良いですよ」ではなく、「切ってください」と説明している学校が多いはずです。
これは、みんながみんなマイクをオンにしていると、色々な音が混在してしまい、文字通りカオスな状態になってしまうからです笑。
家の中の音声垂れ流し…なんてことにならない様に気をつけてください!

オンラインオープンキャンパスに必要なもの

基本的には普通のオープンキャンパスと同じ

オンラインとはいえ、オープンキャンパスであることには変わりはありません。
ですから、普通のオープンキャンパスと同じように、筆記用具、メモを取るための紙、飲み物などは持っておく様にしましょう。

こんなことにも気をつけて!

気をつけて欲しいのは、「通信環境」です。
「ネット環境が悪くて、ほとんど聞き取れずに終わった!」というのは、避けなければなりません。
家のWiFiじゃ心許ない…という人は、その時だけ別でルーターを準備することをお勧めします。
スマホのテザリングをお勧めしない理由は、すぐに切れてしまうことがあるから。
テザリングをするくらいなら、スマホのZoomアプリで参加する方が良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?
オンラインとはいえ、心構えは普通に学校に行くのと全く変わりません。
自分の将来を左右するオープンキャンパス。
気を引き締めていきましょう!