製菓衛生師(国家資格)のメリットって何?

製菓衛生師(国家資格)のメリットって何?

パティシエになりたい人はまず、どうしたらパティシエになれるのかを調べますよね。

そこで登場する資格が、お菓子のエキスパートである証明である「製菓衛生師」です。

実はこの資格がなくてもパティシエになることが可能なんです。「それなら資格とる必要ないんじゃない?」と思う方も少なくないかもしれません。

しかしパティシエになりたい人のほとんどはこの「製菓衛生師」の資格を取得しています。

そのメリットはなんなのかを、今回はご紹介していきます。

「製菓衛生師」はどんな資格?

「製菓衛生師」とはパティシエとして基礎的な技術や知識があることを証明する国家資格です。

パティシエになるには、「製菓衛生師」の資格も調理師免許も必須ではありません。

ですが、パティシエになる人のほとんどが製菓衛生師の資格を取得します。

なぜならば、「製菓衛生師」の資格を持たずにパティシエにはなれたとしても、独立開業する際にこの「製菓衛生師」の資格がなければお客様にお菓子を提供することができないからです。

つまり、製菓衛生師とは、「食品衛生責任者資格のお菓子に特化したバージョン」と言えます。

具体的には「衛生の知識」「食の安全に関わる知識」を有し、なおかつ「一定の製菓知識」を持っている、ということが証明できるわけです。

「製菓衛生師」の資格取得方法

①中学卒業後、2年以上の製菓業務に従事し、受験資格を取得した上で都道府県知事が行う試験に合格する

いわゆる「現場で経験を積む」というものです。未経験の状態から下積みとして現場に入り2年以上の実績をもてば受験可能となるので、そこから資格試験に挑みます。

②厚生労働省が指定する製菓衛生師養成施設を卒業し、都道府県知事が行う試験に合格する

製菓系の専門学校などに入学し、基礎からしっかりと学んだ上で試験を受けます。専門学校に進学することで、しっかりとしたカリキュラムでプロの講師から製菓について学ぶことができます。また、学校によっては併設のカフェなどで実際の店舗で働くような体験を行っているところもあります。

実際に下積みしながらの受験勉強は大変なので、②のように専門学校を卒業して試験を受ける人が多いです。

「製菓衛生師」を取得するメリット

安全にお菓子を作る能力を証明できる

美味しくて見た目も良いお菓子やケーキを作るためには、素材の活かし方やその繊細な技法・テクニックを身に付ける必要があります。しかし、人が口に入れる食べ物ですので、衛生管理といった「食の安全」についても学ぶ必要がありますよね。

「製菓衛生師」の資格を持っていることで、お客様に対して、自身が安全にお菓子を作ることができるという能力を証明することができるのです。

また、「製菓衛生師」の資格を持っていることで現場においての信頼感につながります。パティスリーやホテルなどで働く際も、独立開業する際も、「製菓衛生師」は重要な資格の一つなのです。

海外で働くときのビザ取得が有利になる

海外でパティシエとして働きたいとなったときに、「製菓衛生師」の資格はビザの取得に有利になります。

日本を出て海外で働く際には、大体の国では「就労ビザ」を取得する必要があります。就労ビザを持たずに働いてしまうと違法になり国外追放となってしまう場合もあります。

就労ビザを取得するためには、申請をして審査を受けなければなりません。この審査では「この人でなければできない仕事か?」「この人が働くことで国に利益がもたらされるか?」などが重視されます。

このとき、ほかに代わるもののない専門技術を持っている点がアピールできるということで、専門性の高い国家資格である製菓衛生師は大変有利になるのです。

開業時に「食品衛生責任者」を無試験で取得可能

製菓衛生師を持っていると、飲食店を開業する際に必要となる「食品衛生責任者」の資格を申請のみで取得することが出来ます。
将来の独立開業の際にはきっとこの資格が役に立つでしょう。

「製菓衛生師」の合格率は?

「製菓衛生師」試験の合格ラインは、100点満点で、原則として概ね60点以上です。

国家試験の難易度としてはそこまで難しくはなく、合格率も例年70〜80%前後と高いです。

都道府県ごとに合格率は若干異なり、地域によっては90%を超えることもあります。

また、専門学校などに通って受験する場合、しっかりと試験対策も受けられるので学年全体で100%となる学校も多く、独学よりは格段に合格率が上がります。

「製菓衛生師」の試験内容

難易度に関してはそこまで高くないものの、「製菓衛生師」の資格試験は、勉強範囲が広いため学校に通って勉強した方が効率がいいと言えます。

製菓衛生師の試験は年に1回・各都道府県の管轄で実施されます。ただし、受験場所は現在の住所や勤務地に関わらず、お好きなところで受けることができます。

製菓衛生師試験は7科目、マークシート形式

「製菓衛生師」試験は、四者択一のマークシート形式で行われます。設問数は原則60問となっていますが、受験する都道府県によって異なる可能性があるので注意してください。

「製菓衛生師」試験の科目は?

「製菓衛生師」の試験科目は7科目で、それぞれの分野の問題数は概ね以下のようになっています。

  1. 衛生法規(3問)
  2. 公衆衛生学(9問)
  3. 栄養学(6問)
  4. 食品学(6問)
  5. 食品衛生学(12問)
  6. 製菓理論(18問)※
  7. 製菓実技(選択6問)※

※「製菓実技」については、和菓子・洋菓子・製パンから一つ選択することになります。

※「菓子製造技能士」の1級もしくは2級を持っている場合、「製菓理論」と「製菓実技」の科目は免除となります。

「製菓衛生師」に合格するには

「製菓衛生師」の試験に合格するのはそれほど難しいことではないと述べましたが、幅広い範囲からの出題になるため、それなりに勉強が必要になります。

そのため独学の場合はハードルが高くなってしまうかもしれません。

専門学校に通う場合には、授業カリキュラムに製菓衛生師の資格習得のために必要な勉強が含まれているので、効率よく勉強することができます。

また、「学校に通うほど時間がない」という人でも、専門学校には通信制のコースがあるところもありますので仕事をしながらでも学校に通うことができます。

ぜひ検討してみてください。

関東の製菓系専門学校を探す 関西の製菓系専門学校を探す