【高校生必見】専門学校の入試が不安 | 専門学校って落ちるの?対策法を紹介!

【高校生必見】専門学校の入試が不安 | 専門学校って落ちるの?対策法を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

専門学校の入試の中には、筆記試験など学力を測らないものも多くあります。
書類審査や、面接などで合否が決まることもほとんどあり、周囲で専門学校に落ちたという話はあまり耳にしないと思います。
「もしかして、専門学校は基本的にどんな学生でも合格するのではないだろうか?」と思う方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。
専門学校も、きちんと求める学生像に応じた学生であるかを判断して合否を下しています。

しかし、一般的な大学に比べると、基本的には不合格になることはないです。
しかし、それでも落ちてしまうことはあります。
ではその専門学校に落ちてしまうような場合にはどのようなものがあるのでしょうか。

専門学校に落ちてしまう理由とは?

まず第一の理由として、とても人気のある専門学校の場合です。
基本的に、学校が指定する募集定員を多少上回る程度ならば、求める学生の条件に応じた方は全て合格できるのですが、大幅にその募集定員を超えてしまった場合、出願者が不合格になるケースもあります。
また、基本的に出願が多くなる傾向のある学校の場合は、パンフレットやホームページオープンキャンパスなどで案内があるので、事前に募集要項などを確認し、そういった記述がないかを確認しておくのが大切です。
また、パンフレットなどに記載が無く、不安な場合は、学校にどれぐらいの人が出願しているのか、倍率がどのくらいなのかを直接問い合わせてみるのも方法のひとつです。

また、特定の分野の専門学校に出願する場合も、不合格になってしまう可能性があります。
基本的に専門学校には偏差値という概念は存在しませんが、分野によっては合否に関わる基準を設けている学校もあるのです。
例えば、客室乗務員やグランドスタッフなどのエアライン関係の専門学校は、語学力や、ある程度の教養が必要な職業なので、偏差値を設けています。
医療や看護の分野を学ぶ専門学校は、生物や化学などの理科に関する基礎的な知識が必要になるので、偏差値を設けている学校もあります。

また、公務員を目指す専門学校も、基礎的な知識が求められます。

これには理由があり、特に専門学校というのは通常の四年制大学と比べ、2年または3基という短期間で一つの強化に特化した学習を行う学校です。よってその分野が全くできない、とても苦手、という方にとっては学習は苦痛でしかありませんし、せっかく卒業しても就職先が見つからないなんてこともあります。
そうした理由もあり、学生のことを考えて、入試の段階で学力検査を設けている学校も存在します。

特にAO入試では、面接官も注意深く学生を見ますので、しっかりと面接対策をする必要があります。

また、普通の専門学校であったとしても、面接対策を全くしなかった場合に不合格となることがあります。
推薦入試やAO入試でも、基本的に専門学校では面接を非常に重視します。
もちろん適切に受け答えができるかどうかも見ていますが、人としてのマナー、やる気、一般的な常識があるかどうかが確認されます。

また、志望動機が曖昧な学生も不合格となる可能性があります。
専門学校は、先ほどもご紹介したように、2年もしくは3年という短期間で実力を養成する必要があり、適性のある学生を求めています。
専門学校を出ているということは、基本的には、即戦力として社会に出ることになります。

卒業生が即戦力として活躍することができなければ、その学校の評判や今後の就職実績などに影響が出ます。よって志望動機がはっきりとしていて、2年間もしくは3年間でしっかりと熱心に学習を行う主体的な姿勢を見せ、即戦力として企業で活躍できる人材を専門学校は求めるのです。
志望動機がはっきりとしていても、上手に言語化できなければ不合格となってしまう可能性があるので、志望動機はしっかりと考えて、端的かつ熱意が伝わるようなものを考えるようにしましょう。
自分にぴったりの専門学校を探してみる

専門学校に合格するための対策とは?

専門学校に合格するための一番の対策は、オープンキャンパスに参加することです。学校によっては、オープンキャンパスに参加した学生に限って特待生制度を利用できたり、特殊な形態での受験をすることができたりします。
面接官の多くは講師又は教授なので、顔を覚えてもらうこと、そしてこちら側もどのような講師教授であるのかを覚えておくことで、面接の際に緊張することもなくなります。

面接は試験ですが、試験官も人間です。

何度も熱心にオープンキャンパスに来て、入学したらどのようなことがしたいか語ってくれた学生が面接に来たら、多少緊張して上手く言語化ができていなくても、意志をくみ取ってくれる可能性もあります。

何よりオープンキャンパスは、学校の雰囲気を知り、どのような学生生活を過ごすことができるかを見ることができるので、合格、不合格以前に全ての専門学校を受験する高校生の方に参加をオススメしたいです。
オープンキャンパス参加特典がある専門学校を探してみる

まとめ

ここまで専門学校の受験に落ちてしまうパターンや、その対策についてご紹介してきました。専門学校は基本的には多くの学生が合格しますが、しっかりと対策をしないと不合格になってしまう可能性もあります。
特にオープンキャンパスは学校の雰囲気学生生活をイメージできる貴重な機会であり、入試にも役立つのでぜひ参加してみてください。
ここまでお読みいただきありがとうございました!
オープンキャンパス参加特典がある専門学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種