YIC看護福祉専門学校・倉敷看護専門学校・順正高等看護福祉専門学校・岡山医療福祉専門学校の倍率は?高いの?低いの?

YIC看護福祉専門学校・倉敷看護専門学校・順正高等看護福祉専門学校・岡山医療福祉専門学校の倍率は?高いの?低いの?

皆さんは学校を探す際に、必ず入りたい学校があれば倍率を調べたりしますか?

今回は中国地方にある4つの看護専門学校の倍率についてお話します。

◆今回調べた学校

・YIC看護福祉専門学校   【山口県】

・倉敷看護専門学校    【岡山県】

・順正高等看護福祉専門学校【岡山県】

・岡山医療福祉専門学校  【岡山県】

 

◆専門学校の倍率について

専門学校の倍率は、基本的に無いとされています。

但し、医療系の分野学校や人気の学校は、発表されていないものの、実際には倍率が存在します。

ここから過去の専門学校入試についた「まとめページ」をチェックしましょう。

知っておこう!専門学校の入試倍率!

 

◆各学校の倍率について

見つかった各校の入試倍率データでは以下の通りとなります。

・YIC看護福祉専門学校   【山口県】非公開

・倉敷看護専門学校    【岡山県】2.37倍

・順正高等看護福祉専門学校【岡山県】1.0倍

・岡山医療福祉専門学校  【岡山県】非公開

※2018年度のデータ

 

なんと、4校中2校が入試倍率を非公開にしていました。


◆何で倍率が非公開なの?

非公開の理由も様々なので、一概には言えませんが、以下のような予測ができます。

 

○倍率が低いから受けたい

○倍率が高いから受けたくない

○ボーダーフリーではない(1.0倍は受けたら入れるという勘違いをなくしたい)

 

といった理由などが挙げられます。

確かに非公開にしたい理由もわかります。


◆中国地方の看護学校と全国の看護学校の倍率

ここで、中国地方と全国の看護学校入試倍率をそれぞれ見てみましょう。

 

【中国地方】

公開校数:12校

平均入試倍率:1.6倍

最高倍率:2.8倍

最低倍率:1.0倍

※一般入試のみの数値

※2018年度のデータ

中国地方の看護学校数が29校ですので、入試倍率公開は41%となります。

半分以上の学校が非公開ですね。

【全国】

公開校数:195校

平均入試倍率:2.5倍

最高倍率:14倍

最低倍率:1.0倍

※一般入試のみの数値(二次試験も含む)

※2018年度のデータ

全国で見ると、2倍を超える数値が平均倍率となりました。

 

中国地方の入試倍率は低い?

中国地方の入試倍率は、全国平均を下回る数値でした。

これが低くてラッキーというわけではありません。

必ずしも入学できない可能性があるということです。

 

もちろん、看護学校に関しては、入試に筆記試験が付き物です。倍率が低いからといって、安心できる要素はひとつも無いのです!

看護学校を選ぶには?

「学費が安く済む」や「自宅(実家)から近く、通いやすい」なんてことだけで学校を選んでいませんか?

もちろん、これも立派な理由ですので否定はしませんが、学力が足りないと入学できない可能性が高いのです。

人の命に関わる仕事のため、当然かもしれませんね。

入学後も勉強が大変なのは当たり前ですが、看護師になった後も医療知識・技術の発展は多く、日々の勉強も欠かせません。そのため、入学の際も高い能力が要求されいるのかもしれません。

 

また、働きたい病院がある場合、その病院付属の看護学校を受験したり、学校によっては病院が推奨や一部奨学金を支給し、研修先や求人票を提供している学校があるため、事前に調べておく必要がありますね。

看護専門学校の情報はコチラから!