イベントプランナーになるには

  • 2021.02.16
  •        
イベントプランナーになるには

イベントプランナーの概要や仕事内容

イベントプランナーとは

イベントプランナーとは、イベントのプランニングを行う職業です。大小さまざまなイベントを企画して環境や人材、物資を手配し、イベントを成功へと導きます。
イベントプランナーは、大規模なライブからファッションイベント、スポーツイベント、各会社や地方自治体の小規模なPRイベントまで、幅広いイベントプランニングを請負います。さらには、オリンピックや万博などの国を挙げたイベントにも、イベントプランナーが関わり、魅力的な空間やショーを企画しています。
そして、このようなイベントの成功は、イベント全体を仕切るイベントプランナーの手腕にかかっていると言っても過言ではありません。そのため、イベントプランナーには優れたセンスや発案力とともに、イベントのノウハウを知る経験値も求められます。
つまり、イベントプランナーはイベント成功の鍵を握るクリエイティブな職業だと言えるでしょう。

イベントプランナーの仕事内容とは

イベントプランナーは、ただイベントを企画することだけが仕事ではありません。手掛けるイベントに総合的に関わり、イベントを成功させることが仕事です。
ここでは、具体的な仕事内容を見てみましょう。

  • クライアントからのヒアリング
  • イベント企画立案、資料作成
  • プレゼンテーション
  • 人材、物資、会場手配
  • 予算管理
  • スケジュール管理
  • 関係先への連絡業務
  • ゲスト手配
  • 設営チェック
  • イベント当日の進行管理

イベントプランナーは、企画からイベント当日の進行管理まで、イベント全体を仕切ります。
また、イベントの準備期間には、各担当者と打ち合わせを重ねながら音響や照明、美術などの調整を行い、会場を作り上げていきます。

イベントプランナーになる方法

イベントプランナーになるために、規定のルートはありません。
一般的なのは、大学や短大、専門学校を卒業し、イベント会社や広告会社に就職するというルートでしょう。会社に就職してからは、イベントスタッフとして実務経験を積み、スキルが身に付けばイベントプランナーとしてイベント企画を任せてもらえる可能性があります。
学生時代には、社会学部でイベントを学んだり商学部でマーケティングを学んだりしておけば、知識を実務に生かすことは可能でしょう。また、多くのイベントを実際に体験しておくことも、実務や就職活動に生かせます。
ただし、イベント会社や広告会社に就職したからといって、誰もがイベントプランナーになれるわけではありません。イベントの実施を総合的に担うイベントプランナーには、経験だけでなく、センスも必要です。そのため、イベントプランナーへのキャリアアップを目指すなら、経験とともに自身のセンスや発案力を磨く努力が必要でしょう。

イベントプランナーに求められる資格や試験

イベントプランナーには、取得しておかなければならない資格はありません。多くのイベントプランナーが、特別な資格は持たずに活躍しています。
イベントプランナーとしてのスキルを高めるには、資格の勉強をするよりも、多様なイベントを実際に経験することが必要でしょう。また、流行や市場ニーズを探るマーケティングを学んだり音楽や美術などの最新情報を得たりすることも、イベントプランナーの業務には役立ちます。
魅力的なイベントを企画できれば、そのイベントがイベントプランナーとしてのスキル証明になるでしょう。

今後のイベントプランナーの将来性

イベントは、毎日のように全国各地で開催されています。ライブやショーだけではなく、フードイベントやアートイベント、体験型のイベントなども増え、魅力的なイベントは多数の集客やメディア取材を集めるようになりました。今後もイベントは、会社及び商品の宣伝や地域活性化の一手段として、役立っていくと考えられます。
そして、魅力的なイベントを手掛けるためには、イベント作りのプロであるイベントプランナーの存在が欠かせません。よって、今後もイベントプランナーは会社や地域の将来を背負って、優れたイベント作りを行なっていくことになるでしょう。
ただし、活躍できるのは魅力的なイベントを作れるイベントプランナーであって、すべてのイベントプランナーの将来性が高いというわけではありません。そのため、イベントプランナーは、常にアンテナを張って情報力やセンス、アイディアを磨いておくことが必要でしょう。

イベントプランナーの就職先

イベントプランナーの主な就職先は、イベント会社もしくは広告会社です。イベント企画という分野は広告業に分類されるため、イベント会社は広告会社の子会社として存在することが多いようです。ただし、親会社を持たないイベント会社はもちろん、映像系の製作会社がイベント会社を運営しているケースもあります。
イベント会社や広告会社は全国に多数ありますが、規模や待遇、手掛ける仕事はさまざまです。そのため、就職するには自身のライフスタイルや目指すビジョンに合った会社を選ぶ必要があります。
また、テーマパークやイベント会場など、イベントを行う施設もイベントプランナーの就職先のひとつです。イベント施設に就職した場合は、所属する施設で行うイベント企画を専門に手掛けることになります。

イベントプランナーの平均年収・MAX年収

イベントプランナーの年収は、300万円〜400万円が相場だと言われています。日本人の平均年収(440万円)と比較すると、やや低めの水準だと言えるでしょう。
しかし、勤務する会社やキャリアによって、待遇は大きく変わります。大手広告会社に属するイベントプランナーであれば、平均を大きく超える年収を得られることもあるでしょう。また、有名なイベントプランナーであれば、年収1,000万円を超える可能性も見込めます。
ただし、規模の小さなイベント会社の場合、年収水準は低くなります。特に下積み時代は年収が低く、200万円台ということもあるでしょう。

イベントプランナーに向いているのはこんな人

イベントプランナーには、このような人が向いています。

  • 好奇心旺盛な人
  • 独創的なアイディアが出せる人
  • 流行や最先端の技術に敏感な人
  • 管理能力がある人
  • リーダーシップ、コミュニケーション能力がある人
  • イベント運営について熟知している人

イベントプランナーには、イベントが好きで好奇心旺盛な人が向いています。
加えて、人が集まるイベントを提案するためには、独創的なアイディアが出せることや、流行及び最先端技術に対し常にアンテナを張っていることも大切でしょう。
また、イベントプランナーはイベント全体を仕切らなくてはなりません。そのため、優れた管理能力やリーダーシップ、コミュニケーション能力も問われます。
そして、イベントを実現・成功させるためには、イベント運営のノウハウについても熟知していなければならないでしょう。

イベントプランナーに関連する職業や資格

イベントプランナーに関連する職業

イベントプランナーに関連する職業をご紹介します。

  • イベント制作スタッフ
    イベントプランナーの企画した通りにイベントが進むよう、現場での実務を担う。
  • コンサートプロモーター
    コンサートにおける各種手配や準備、宣伝などといった運営管理業務を行う職業。
  • ウエディングプランナー
    新郎新婦のニーズに合わせた結婚式のプランニングを行う職業。結婚式当日には進行管理を行い、結婚式を成功へと導く。
  • 空間デザイナー
    空間全体をプロデュースすることデザイナー業。イベントにおける空間デザインも手掛ける。
  • 照明デザイナー
    照明専門のデザイナー。イベントにおける照明デザインを行うこともある。

これらは、全てイベントに関わる職業ですが、中にはコンサートプロモーターやウエディングプランナーのようにイベントを限定して活動する職業もあります。
また、各種デザイナー業もイベント運営に参加することは多く、魅力的なイベント作りに一役買っています。

イベントプランナーに関連する資格

イベントプランナーに関連する資格をご紹介します。

  • イベント業務管理士
    新時代をつくるイベントのプロとしての職務能力を評価する民間資格。1級と2級の2レベルに分けられる。
  • イベント検定試験
    イベントについての企画や計画、実施、運営などといった幅広い知識を習得できる民間検定。イベントについての体系的な基礎知識を持つ人材育成を目的にしている。
  • スポーツイベント検定
    マネジメントとスポーツイベントを体系的に学べる民間検定。スポーツイベントを通じて、自己実現や社会貢献を行えるような人材育成を目的とする。
  • ユニバーサルイベント検定
    高齢者や障がい者もスムーズに参加できるような、誰もが楽しめるイベント作りのための知識や対応を習得するための民間検定。

これら4つの資格検定は、全て日本イベント産業振興協会によって実施されているものです。ベーシックな内容の「イベント業務管理士」や「イベント検定」に加え、テーマに分かれた「スポーツイベント検定」と「ユニバーサルイベント検定」を取得すれば、あらゆるジャンルに渡るイベント実施の知識を得ることができるでしょう。

イベントプランナーになれる専門学校はこちら