商品企画・開発職(ファッション)になるには

  • 2020.07.21
  •        
商品企画・開発職(ファッション)になるには

商品企画・開発(ファッション)の概要や仕事内容

商品企画・開発(ファッション)とは

ファッションの商品企画・開発とは、販売するファッションアイテムの企画立案や商品開発を行う職種です。アパレルメーカーなどの商品企画・開発部門に属し、洋服や鞄、靴、アクセサリーといったさまざまな商品を生み出します。また、時には販売戦略や生産計画も担い、商品計画全般に携わります。
そんなファッションの商品企画・開発職に求められるのは、「売れる商品」を生み出すことです。そのため、企画するファッションアイテムには、市場調査による情報をうまく反映させなければなりません。その商品の出来は売り上げに直結するため、商品企画・開発職は企業の中でも非常に重要な役割を担っていると言えるでしょう。
このように、商品企画・開発職は入念な市場調査を行いながら消費者のニーズを把握し、「売れる商品」を市場に提供しています。

商品企画・開発(ファッション)の仕事内容とは

ファッションの商品企画・開発職の主な仕事は、自社メーカーで生産・販売するファッションアイテムの企画・開発です。生産する洋服や小物の具体的なデザインや素材を決め、サンプルを確認したり修正を加えたりしながら、実際に販売する商品を作り上げていきます。
また、商品企画・開発職は、商品を企画するだけではなく、企画した商品の販売戦略を立てたり、提携会社や生産工場との商談を行ったりといった、生産・販売を行うための計画も担います。スケジュールやコスト面も気にしながら、企画に対し総合的に関わることになるでしょう。
さらに、売れる商品を企画・開発するためには、消費者のニーズや流行をうまく取り入れなくてはなりません。そのため、ファッションの市場調査も、商品企画・開発職にとって重要な仕事のひとつになります。

商品企画・開発(ファッション)になる方法

ファッションの商品企画・開発職として働くためには、まずアパレルメーカーや繊維メーカーに就職しなければなりません。これらのメーカーに就職活動を行い、採用を勝ち取ることが、第一歩です。
しかし、このようなメーカーでは、就職してすぐに企画・開発職に就けることは稀で、多くの場合、店舗での販売職や営業職から仕事を始めることになるでしょう。販売や営業の業務の中で経験と実績を積んで評価され、企画・開発部門に配属されれば、ファッションの商品企画や開発の実務に携わることができます。
企画・開発職は、自らが望むからといってなれるものではありません。しかし、配属の将来的な希望を上司や人事などに伝えながら、きちんと実務をこなし実績を積んでいけば、希望が叶えられる可能性は十分にあるでしょう。

商品企画・開発(ファッション)に求められる資格や試験

ファッションの商品企画・開発職に就くために、必ず取得しておかなければならない資格や受けておかなければならない試験はありません。アパレルメーカーなどに就職し、その商品企画・開発部門に配属されれば、無資格でも企画・開発の仕事を行えます。
ただし、売れる商品を企画・開発するためには、ファッションに関する幅広い知識やファッションビジネスにおける経験が求められます。よって、ファッションの企画・開発職として活躍するためには、机上で資格の勉強をするよりも、実務の中でさまざまなノウハウを身に付けたり、実際に街に出て情報を集めたりすることの方が、効果的でしょう。
とはいえ、ファッションの商品企画・開発に関連する資格はいくつか存在しています。これらについては最終章でご紹介しましょう。

今後の商品企画・開発(ファッション)の将来性

ファッションの商品企画・開発には、市場ニーズや流行を反映した柔軟なアイディアが必要です。また、細かなデザインを決める際には、感覚的なセンスに頼ることもあります。そのため、ファッションの商品企画・開発という仕事は機械に代替することが難しく、衣服は生活必需品であるためこの仕事自体がなくなることもありません。このような点を考えると、ファッションの商品企画・開発という職業の将来性は高いと言えるでしょう。
ただし、近年ではネットショッピングの普及や情報の増加により、消費者の需要は多様化し、それを見極めることは非常に難しくなっています。そのため、売れるファッション商品を企画・開発することは決して簡単ではありません。そんな中、ファッションの商品企画・開発職として優れた企画を出し、活躍を続けるためには、ファッションに関する情報を集めたりセンスを磨いたりといった努力が、常に求められるでしょう。

商品企画・開発(ファッション)の就職先

ファッションの商品企画・開発職に就くための主な就職先は、アパレルメーカーや繊維メーカーの商品企画・開発部門です。メーカーによっては就職競争率が高いことも、学歴が重視されることもあるでしょう。
ただし、商品企画・開発という仕事には幅広い知識と経験が必要になるため、未経験での就職の場合、就職後すぐに商品企画・開発部門に配属されることはほとんどありません。まずは他部署でさまざまなノウハウを学び、やがて実力やセンスを評価されれば、商品企画・開発部門に移動できる可能性があります。
また、企画職経験者による転職の場合なら、商品企画・開発に限定した求人が一定数出されています。その場合は、採用されれば、即戦力として商品の企画・開発に携わることになるでしょう。

商品企画・開発(ファッション)の平均年収・MAX年収

ファッションの商品企画・開発職の年収は、500万円前後が相場です。この年収はファッション関連の職業の中でも高く、また日本全体の平均年収(400万円台)と比べても、やや高めの水準になっています。
ただし、年収は実務の経験年数によって大きく変わり、年数が長いほど高年収になる傾向にあります。逆に、キャリアが短ければ、年収は相場を下回るでしょう。
また、企業の規模や業績、役職、実績などの要素も年収に影響を与えます。そのため、実際のファッション系商品企画・開発の年収にはある程度の幅があると予想されます。

商品企画・開発(ファッション)に向いているのはこんな人

ファッションに関する商品企画・開発をするには、市場調査や情報収集に基づいた企画の発案が必要です。そのため、優れた情報収集能力やその分析力、適切な判断力は、商品企画・開発職にとって必要な要素です。また、感覚だけではなく、数字に基づいた論理的な思考ができることも、ファッションの商品企画・開発職には求められるでしょう。
さらに、ファッションの商品企画・開発職には、ファッションに関する知識やセンスに優れている人も向いています。商品企画・開発職は、生産するファッションアイテムのデザインを具体的に決定しなくてはならないからです。売れる商品を企画するためには、情報だけではなく、知識やセンスも必要です。そして、その前提としては、ファッションが好きでファッションに対する熱意を持っているということも重要でしょう。

商品企画・開発(ファッション)に関連する職業や資格

商品企画・開発(ファッション)に関連する職業

ファッションの商品企画・開発に関連する職業には、マーチャンダイザーという職種があります。マーチャンダイザーとは商品計画を担う職種で、幅広い業務を担いますが、その中には商品の企画も含まれます。そのため、ファッションの商品企画・開発職は、ファッションマーチャンダイザーの一種であると言えるでしょう。
また、ファッションデザイナーも、ファッションの商品企画・開発職に関連する職業のひとつです。世の中で販売されているファッションアイテムには、デザイナーがデザインして生産されたものと、商品企画・開発職による発案で生産されたものがあります。これらの職はどちらもファッションアイテムのアイディアを生み出すという点で、共通しています。しかし、デザイナーがクリエイティブな視点から発案を行うのに対し、商品企画・開発職は「売れるかどうか」というビジネス的な視点を重視するため、それぞれの職で企画発案の目的は大きく異なると言えるでしょう。

商品企画・開発(ファッション)に関連する資格

ファッションの商品企画・開発職に必須の資格はありませんが、その仕事内容に関連する資格としては「ファッションビジネス能力検定」という民間検定があります。「ファッションビジネス能力検定」は一般財団法人日本ファッション教育振興協会により実施されており、ファッションのマーチャンダイジングやマーケティング、デザイン、生産、流通など幅広い内容で構成されています。マーチャンダイジングやデザインの項目は特に、商品企画・開発職に関わる内容であるため、この検定試験の学習や取得は、実務に役立つでしょう。
また、「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」といった色彩関連の資格も、ファッションの企画・開発職には有効です。なぜなら、毎年ファッションにおける流行色が発表されるように、ファッションに与える色彩の影響は大きなものであるからです。色彩に関する専門知識があれば、色彩の持つ力を上手く取り入れた商品作りができるでしょう。

商品企画・開発(ファッション)になれる専門学校はこちら