マーシャラーになるには

  • 2020.12.04
  •        
マーシャラーになるには
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

この記事は約 5 分で読めます。

飛行場で航空機を誘導するマーシャラー。航空業界に詳しくないと聞きなれない職業だと思うけど、飛行場にはなくてはならない役割をしています。

この記事ではマーシャラーに興味を持つ方のために、マーシャラーの仕事内容やなる方法、必要なスキル、就職、年収、将来性、そしてマーシャラーに向いている人の特徴などについて解説します。

関連する職業や資格、マーシャラーを目指せるオススメの専門学校も紹介するので、マーシャラーに興味があるなら、この記事を読んで将来の夢に近づきましょう!

マーシャラーとは

マーシャラーとは、空港のエアポートで航空機の誘導を行う職業のことです。

ライトやパドルを用いて機体の操縦士に手信号を送り、決められた停止位置へと機体を導きます。

航空機がスムーズで安全に離発着できるよう、マーシャラーは地上から合図を送っているのです。

また、マーシャラーはグランドハンドリング職の一種に数えられます。

グランドハンドリングとは、エアポートで地上作業を行う職業全般を指し、航空機の誘導以外にも、貨物の積み下ろしや搭乗口の取り外しなどを担います。

グランドハンドリング職の中には、タイヤの停止位置を指示し車輪止めの取り外しを行う「チョークマン」や離発着に際して機体が障害物にぶつからないかチェックする「ウイングウォッチ」などといった役割もあり、マーシャラーは航空機の誘導にあたって、「チョークマン」や「ウイングウォッチ」と連携しながら業務を行います。

大きな機体を停止線通りに停めるのは難しいですが、停止線を少しでもずれてしまうと搭乗口の取り付けや給油ができなくなる可能性があります。

そのため、マーシャラーにはグランドハンドリングとして経験を積んだスペシャリストが就くことになっています。

▼マーシャラーとして活躍できる技術を学ぶなら

マーシャラーになれる学校はこちら

マーシャラーの仕事内容とは

マーシャラーの仕事は、離発着する航空機を正しい位置へと導くことです。

航空機の操縦士からはエアポートの停止線が見えないため、代わりにマーシャラーが、手信号により操縦士へと合図を送り、停止線上へと機体を誘導します。

また、離陸時には滑走路へと向かう機体の誘導も行います。

エアポートでは、操縦士によって航空機を走らせる速さが違うため、機体を停止線ちょうどに停止させるためには、それぞれの操縦士の運転の仕方を踏まえた上で指示を出さなければなりません。

よって、マーシャラーの仕事には優れたスキルや経験が求められると言えるでしょう。

また、マーシャラーは手信号を用いて操縦士に合図を送りますが、この合図はICAO(国際民間航空機関) により規定され、全世界共通となっています。

マーシャラーになる方法

マーシャラーになるためには、以下のようなルートを通るのが一般的です。

  1. 大学や短大、専門学校を卒業
  2. ハンドリング会社、空港業務代理店に就職
  3. 訓練や実務経験
  4. 社内の学科・実技試験に合格
  5. マーシャラーに

マーシャラーを含むグランドハンドリング業務には、専門知識が必要になります。

そのため、航空系の専門学校でグランドハンドリング業務について学んでおく人は多いようです。

また、けん引自動車運転免許や大型特殊自動車運転免許など、グランドハンドリング業務に必要な免許を、就職前に取得しておくのもひとつでしょう。

そして就職後には、まずは訓練やグランドハンドリングの実務経験をこなさなくてはなりません。

その後社内の試験に合格すれば、晴れてマーシャラーとして働くことができます。
マーシャラーになれる学校はこちら

マーシャラーに求められる資格や試験

マーシャラー業務を行うために必要な資格は、特にありません。

しかし、マーシャラーとして働くためには、他のグランドハンドリング業務を経るケースが多数あります。

グランドハンドリングには、貨物の積み下ろしや搭乗口の設置、機体の牽引などのために特殊車両を運転することが多いため、そのための免許取得が求められます。

グランドハンドリングに必要な主な免許は、「普通自動車免許(マニュアル)」「けん引自動車運転免許」「大型特殊自動車運転免許」などで、会社によっては免許取得のための補助制度が利用できることもあります。
マーシャラーになれる学校はこちら

今後のマーシャラーの将来性

マーシャラーは、飛行機を安全に離発着させるために、必ず必要になる職業です。

航空機のパイロットからは地上の停止線が見えないため、マーシャラーの手信号による合図がなければ適切な位置に航空機を停めることはできません。

もしマーシャラーがいなければ停止線ちょうどに航空機を停止させることが難しく、これは飛行スケジュールの遅れにも繋がるでしょう。

よって、航空機の利用が続く限り、マーシャラーの需要がなくなることはないと予想されます。

しかし、実は海外ではマーシャラー業務を機械化する空港も出ています。

そのため、海外でのマーシャラー職は今後減少していくかもしれません。

ただし、現在の日本においては安全第一のためにマーシャラー業務を人の手で行うことになっています。

機械化は人員削減としては有効ですが、機械では予想外の出来事への対応は難しいでしょう。

このように海外と日本での需要に差はありますが、マーシャラー業務は航空機の運行にとって重要な業務であり、日本においてマーシャラー職がなくなることはないでしょう。

マーシャラーの就職先

マーシャラーの主な就職先は、ハンドリング会社です。

ハンドリング会社とは、航空会社の代わりにグランドハンドリング業務を専門に担う会社であり、マーシャラー属するグランドハンドリング職の他、グランドスタッフ職も所属しています。

また、航空業務代理店もマーシャラー業務を請け負うことがあり、マーシャラーの就職先のひとつに挙げられるでしょう。

マーシャラーが誘導する航空機は日夜問わず飛行しています。

そのため、どの会社に就職したとしても勤務はシフト制になるでしょう。

ただし、マーシャラーに限定した求人はほぼありません。

求人はグランドハンドリング職(技術職)として行われ、就職後まずは、貨物の積み下ろしや他の誘導業務(チョークマンやウイングウォッチ)等で経験を積むことになります。

マーシャラーの平均年収・MAX年収

マーシャラーの年収は、500万円前後が相場です。これを月給にすると、35万円ほどになるでしょう。

日本人全体の平均年収は440万円程度なので、比較するとマーシャラーの年収水準は日本人全体の平均年収よりも高いと言えます。

また、就職後すぐにマーシャラーになれることはほぼありませんが、グランドハンドリング職としての初任給は20万円ほどと、ごく平均的です。

その後は、20代で月給25万円前後、30代で月給35万円前後、40代で月給40万円前後と、キャリアを積むに従って収入が増えていくようです。

ただし、勤める会社によって収入には差があります。

さらに、夜のフライトを担当する場合には夜勤手当が付くため、シフトによっても収入は大きく変わると考えられます。

マーシャラーに向いているのはこんな人

マーシャラーに向いているのは、航空機が好きな人です。

ただ近くで航空機を目にできるだけではなく、巨大な航空機を自らの采配によって誘導できることは、航空機に憧れる人にとって大きなやりがいになるでしょう。

また、マーシャラーの仕事は飛行場で行われます。

野外での業務になるため、天候や気温の変化を受けやすく、また昼夜問わず飛ぶ航空機の誘導のため、不規則なシフトもこなさなくてはなりません。

そのため、マーシャラーには体力に自信がある人も向いています。

気温の変化や勤務時間の不規則性に耐えられる体力があれば、時間の定まらない野外業務でも体調を崩すことなく、きちんと業務をこなせるでしょう。

さらに、マーシャラーは他のグランドハンドリング職とともに、連携して業務を行います。

他の職種とチームワークがうまくいかなければ、航空機の誘導もうまく行かない可能性があるため、協調性を大切にする性格であることも、マーシャラーにとっては重要な要素でしょう。

マーシャラーに関連する職業や資格

マーシャラーに関連する職業

マーシャラーとともに、飛行機の誘導に関わる職種には、以下のようなものがあります。

  • チョークマン
    マーシャラーへの航空機停止位置の指示や、タイヤ止めの付け外しを行う。
  • ウイングウォッチ
    航空機が障害物に衝突しないよう、監視を行う。

チョークマンやウイングウォッチは、マーシャラーと同じグランドハンドリング職の一種であり、連携して業務を行います。
また、航空機関連職として広く知られているのは、以下のような職業です。

  • グランドスタッフ(空港でのカウンター業務や搭乗案内を行う)
  • 航空機整備士(航空機の整備を行う)
  • 航空管制官(航空機の離発着や進路を指示する)
  • キャビンアテンダント(航空機内でのサービスを行う)
  • パイロット(航空機の操縦を行う)
  • ディスパッチャー(適切なフライトプランを作成する)

これらはどれも航空機を飛ばすために欠かせない職種であり、それぞれが専門的な役割を果たしています。

マーシャラーに関連する資格

先述の通り、マーシャラーはグランドハンドリング職の一種です。そして、グランドハンドリング職に関連する資格には、以下のようなものがあります。

  • フォークリフト運転技能講習修了証
  • 車両系建設機械運転技能講習修了証
  • 高所作業車運転技能講習修了証
  • IATA 国際航空貨物取扱士
  • IATA 航空貨物危険物取扱士
  • 危険物取扱者(乙種第四類)


グランドハンドリング職の多くは、貨物の積み下ろしを行ったり航空機のけん引を行ったりすることがあるため、特殊車両免許を取得します。

また、貨物の取り扱いに関する資格も有していれば、そのスキルは実務に役立ちます。

さらに、「TOEIC」をはじめとした外国語資格も取得し、外国語のスキルを伸ばしておけば、外国人クルーへの対応もスムーズに行えるでしょう。
マーシャラーになれる学校はこちら<

マーシャラーになるためのおすすめの専門学校

ここからは、おすすめのマーシャラーになるための専門学校をご紹介します。

いずれもマーシャラー分野でとても評価の高い学校なので、マーシャラーになるために専門的に学びたいという方には最適な学校です。

ホスピタリティツーリズム専門学校【東京都中野区】

◆関連学科:昼間部 エアライン科

グランドハンドリングに求められる技能を現役社員講師に学び、週に1度の空港実習で現場力を学ぶ。

◆現役航空会社社員による直接指導
エアポートオペレーションコースの講師は現役の航空会社社員。最新の業界事情に沿った内容で航空機や航空貨物について学ぶことができます。また航空貨物運送についての知識を認定する「国際航空貨物取扱士」の対策授業も行います。

◆教室を飛び出して空港実習へ
成田空港、羽田空港で企業の協力、指導のもとグランドハンドリング業務を経験する企業実習。グランドハンドリング業務の補助作業や機内清掃など、現役社員と共にチームを組んで業務を担当します。
ホスピタリティツーリズム専門学校の詳しい紹介はこちら

国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校【千葉県千葉市】

◆関連学科:エアライン科 エアポートコース

01:旅客と航空貨物の両方を学ぶ
02:企業からリアルな航空業界を学ぶ

授業風景徹底した少人数制。だから、分かる。伸びる。
ITHBでの学びは英語をはじめとして、エアライン業界で必要とされる知識やスキルが2年間に凝縮されています。
少人数制でそれぞれの理解度や進度をしっかり把握した上で授業を進め、夢の実現に向けて一人ひとりの個性を大切にしながら、二人三脚で歩みを進めていきます。
国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校の詳しい紹介はこちら

大原外語観光&ブライダルビューティー専門学校【大阪府大阪市】

◆関連学科:エアライン系 エアポートスタッフコース

実習授業が豊富!
大原独自の教育システムと就職サポートのもと、多くの学生が夢をつかんでいます。
一流の講師によるハイレベルの授業と充実した設備で、あなたの未来に向けて強力にバックアップします。

■大原が選ばれる5つのポイント
大原が選ばれる5つのポイント
01.各分野のプロフェッショナルによる質の高い実践教育
02.高度な技術力を磨ける充実の設備
03.長年の実績で培った即戦力を養うカリキュラム
04.国際物流を担うエアカーゴの仕事や、空港特殊車両を扱うグランドハンドリングスタッフを目指す
05.語学と接客マナーを身につけた人材を育成
大原外語観光&ブライダルビューティー専門学校の詳しい紹介はこちら

大阪航空専門学校【大阪府堺市】

◆関連学科:エアポート学科

君の夢を実現する、関空に一番近い「空の仕事の総合学園」

グランドハンドリングコースは、航空機の地上支援に関するあらゆる知識と、マーシャリング、プッシュバック、貨物の搭降載など、グランドハンドリングで求められるさまざまな技能を身につけるコースです。
危険物乙種第4類取扱者、大型特殊自動車・けん引自動車免許など、実際の仕事で必要になる資格を在学中に取得できるようサポートします。
大阪航空専門学校の詳しい紹介はこちら

中日本航空専門学校【岐阜県関市】

◆関連学科:エアポートサービス科

空港で働くスペシャリストになる!

■空港内でのあらゆる地上支援業務に関する専門知識と技術を習得
航空機の誘導や機体のプッシュバック、貨物の搭降載などは、航空機の到着・出発に大きく関わる重要な業務。あらゆる地上支援業務に関する専門知識・技術を習得し、スペシャリストを目指します。

■輸出入される航空貨物を安全に輸送する知識を身につける
貨物を安全かつスムーズに輸送するために計画する「上屋コーディネート業務」や、航空機に貨物が正しく搭載され、安全装置が施されているかなどを指示通りに検査する「スーパーバイザー業務」の知識を身につけます。

▼就職後に差が付く!▼
実際の車両を使用して、訓練するから即戦力になれます!
中日本航空専門学校の詳しい紹介はこちら

麻生外語観光&ブライダル専門学校【福岡県福岡市】

◆関連学科:エアライン科

”就職のASO”で夢を叶える!
グランドハンドリングコースでは、全国の空港において、旅客・貨物・運航などの多岐にわたる地上業務に関わる知識や技能を習得。
即戦力となりうる人材を育成します。

【学びの特色】
❶エアポート業界の全ての職種が目指せる
❷業界実習で現場を体感し、業界就職に強くなる
❸主要空港の見学を通して学ぶ
❹現役グランドハンドラーの授業を受けられる
❺在学中に現場で必要とされる資格取得が可能
麻生外語観光&ブライダル専門学校の詳しい紹介はこちら

国際外語・観光・エアライン専門学校【新潟県新潟市】

◆関連学科:国際エアライン科

業界最高峰の「ホスピタリティ」+「マナー」+「英語力」を修得!

◎実践的に学び経験値を高める!空港インターンシップ!
◎大韓航空直営仁荷工業専門大学へエアライン専門留学!
◎業界との強いパイプ 年間平均25回の校内企業説明会の開催!
◎AXESS ACADEMIC AWARD 最優秀部門「金賞」受賞校!
国際外語・観光・エアライン専門学校の詳しい紹介はこちら

西日本アカデミー航空専門学校【福岡県福岡市】

◆関連学科:グランドハンドリングコース

憧れの航空業界に密着したカリキュラムで空港実務の即戦力を目指す!

優秀なパイロットや客室乗務員だけでは航空機は離陸できません。
航空機を誘導するマーシャラー、お客様の手荷物や航空貨物を積む搭載担当者など、全ての役割をグランドハンドリングが担い、その他の様々なスタッフとチームプレイで飛行機の安全運航に貢献しています。
また、グランドハンドリングコースでは人材育成の一環として、コミュニケーション能力の向上にも努めているため、 男性でもグランドスタッフやキャビンアテンダントとしての進路を選択することも可能です。
西日本アカデミー航空専門学校の詳しい紹介はこちら

▼マーシャラーとして活躍できる技術を学ぶなら

マーシャラーになれる学校はこちら