【高校生必見】パイロットになるには | 大学や社会人からでもなれる?費用、年収、おすすめの専門学校について紹介!

【高校生必見】パイロットになるには | 大学や社会人からでもなれる?費用、年収、おすすめの専門学校について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

パイロットになるにはどのような方法があるのでしょうか?
幼いころから知っていて、憧れの職業にあがることの多いパイロットですが、どうすればパイロットになれるのかは、自分で調べないとなかなか知ることはない情報です。

そこで今回はパイロットになるにはどのような方法があるのか、大学や社会人からでもパイロットを目指すことができるのかなどについてご紹介していきたいと思います。

パイロットを目指したい方はもちろんのこと、パイロットになるにはどのような方法があるのか、パイロットになれる学校にはどのような学校があるのか知りたい方はぜひ本記事を最後までご覧ください。

パイロットになるには

パイロット(操縦士)になるには、国土交通大臣の技能証明を受けて指定の資格を取得する必要があります。

パイロットの資格には、「自家用操縦士」、「事業用操縦士」、「定期運送用操縦士」の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められています。

例えばグライダーの操縦を楽しむ場合や自家用飛行機を操縦する場合など、無報酬で航空機を操縦する場合は「自家用操縦士」の資格でOKです。
遊覧飛行や報道の撮影など、商業目的で航空機を操縦する場合は「事業用操縦士」の資格が必要になります。
旅客機の副操縦士の場合は「事業用操縦士」で搭乗できますが、機長としてエアラインパイロットになるには「定期運送用操縦士」の資格が必要になります。

パイロットの資格は、飛行機、ヘリコプターなど航空機の種類によって分けられています。さらに同一の資格のパイロットであっても操縦できる飛行機には決まりがあり、機種等ごとに試験を受けて合格する必要があります。
パイロットになろうとする場合、通常「自家用操縦士」の資格から順次上位の資格を取得して、「定期運送用操縦士」の資格を取得していくことになります。

受験資格は、「自家用操縦士」は16歳以上(飛行機は17歳以上)、「事業用操縦士」は18歳以上、「定期運送用操縦士」は21歳以上です。年齢に加え、それぞれに総飛行時間などの受験資格が決められています。

パイロットの資格自体は、学歴に関係なく取得できます。ただし、まず取得を目指す「自家用操縦士」の受験にも飛行訓練が必要となるので、学校に入学するのが一般的です。

パイロットのなるためのルート

未経験者からパイロットになるには、いくつかのルートがあります。

・パイロットを養成する国内唯一の公的機関である航空大学校へ進学する。
大手航空会社に就職し自社養成パイロットとなる。
航空自衛隊に航空学生として入隊する。
・パイロット養成課程のある大学、専門学校、民間養成機関に入学する。

このうち、航空大学校は、4年制大学に2年以上在学(62単位以上取得)または短大・高専卒以上であることが入学資格になります。また、大手航空会社がパイロット候補を採用する場合は大卒以上を応募対象とすることが多いでしょう。

養成課程の大学以外の大学生や社会人がパイロットになるには、航空大学校に進学したり、航空会社に採用されたりするルートを目指すことができますが、航空大学校は25歳まで受験可能など年齢等の上限があるので注意してください。

高校生が早期にプロのパイロットを目指す場合は、パイロット養成課程がある学校に進学し、事業用操縦士の免許を取得してから航空会社に就職するという選択肢が考えられます。2年課程の専門学校なら高校卒業後2年という短期間でプロライセンスを目指すことが可能です。

なお、ドクターヘリや報道、農薬散布など各所で活躍の場所が増えているヘリコプターのパイロットになるには、現在民間にしか養成機関がありません。
ヘリコプターコース がある大阪航空専門学校をチェックする 大阪航空専門学校の資料を請求する

パイロットに求められるもの

パイロットに求められるものとしてまず「健康な体」があります。

視力・聴力などの航空身体検査に合格する必要があり、矯正視力で1.0以上などの規定があります。会社によっては158cm~190cmなど身長制限を設けている場合もあります。

パイロットになる際はもちろんですが、なってからも定期的に健康診断があり、基準を満たさないとパイロットを続けることができなくなってしまいます。

また、飛行中には悪天候など様々なトラブルがあり、そういったトラブルにどう対処するかを瞬時に決めなければならないので、実行力や決断力が不可欠となっています。

さらに操縦をしながらでも他の事に目配りができたり、危険に気づく能力も求められるので、適性検査でもこういった部分がチェックされます。

航空通信は全て英語で行われるため、一定レベルの英語力も必要になります。
大阪航空専門学校をチェックする

パイロットになるための費用は?パイロットの年収は?

パイロットを目指す学校の費用は、4年制の大学等で2,500万~3000万円、2年制の専門学校でも1500万円前後程度かかることが多いようです。

これは、やはり飛行訓練費などと呼ばれる実習費が高額になることが理由です。学費のみであれば200万円程度でも、海外で訓練する留学費用等に1000万円以上が必要になります。為替の変動や燃料費の高騰によっても増減するでしょう。

ただし、パイロットの年収を見ると、パイロットの平均年収は1530万円と言われており、平均年収一位の職種となっています。
全職業の平均年収は441万円であることから考えると3倍近い年収であり、パイロットになるための費用がかかることを考えても、夢のある職業とも言えます。

しかし全日本空輸、日本航空の大手2社とその他の航空会社では年収にかなりの差があるので、その点には注意するようにしましょう。

近年では格安航空会社が台頭してきたことや、国の政策として成田空港や羽田空港を整備拡張して国際線の発着数を増やしているという傾向もあり、パイロットの人数は今後増えていくと考えられます。今後20年で約50万人のパイロットが新たに必要となるとも言われています。
旅客機の機長になれるのは40歳前後と専門性の高い仕事でありますが、将来的に安定性が高く、非常に将来性の高い仕事と言えるでしょう。

パイロットになるための費用負担を減らす方法としては、航空会社に就職したり自衛隊に入隊したりしてパイロットになることが考えられますが、非常に競争率の高い方法です。パイロット養成課程のある大学や専門学校でパイロットを目指す場合は、学校や関連団体が奨学金制度を設けている場合があります。数百万円が給付される奨学金制度もあるので、ぜひ情報収集の際には学費サポート情報にも目を通してみてください。
大阪航空専門学校をチェックする

パイロットになるのにおすすめの専門学校

大阪航空専門学校

大阪航空専門学校は、日本でも数少ない「空の仕事の総合学園」です。

教育方針は「学生の自主性を尊重し発展させ、即戦力となる人材を育成することで社会に貢献する」。「学歴主義」から「能力主義」に変化しつつある現状を踏まえ、仕事に直結する知識・技術・資格を取得できる専門学校の特性を活かした指導を展開。即戦力を持った多くの卒業生を航空業界に輩出しています。

2年制のパイロット学科には、固定翼(飛行機)コースと回転翼(ヘリコプタ)コースを設置。少人数制とプロの教官による密着指導で、飛行機・ヘリコプターの操縦士免許取得を目指します。

飛行訓練の舞台は、大阪航空専門学校所有のセスナ機やヘリコプターがずらりと並び、神戸空港に隣接する神戸エアセンター。1年次はまず自家用操縦士免許を取得し、2年次には事業用操縦士免許の実地試験に向けて長時間のフライト訓練を行います。

神戸エアセンターでは、学校の母体であるヒラタ学園の航空事業本部が遊覧飛行やドクターヘリを運航しており、現役パイロットの活躍を目にすることはもちろん、教官としてマンツーマンの指導を受けることができます。

大阪航空専門学校は就職率100%、航空業界への就職率92.6%という圧倒的な就職実績を誇っています。
求人数は2022年度は7651件、求人倍率37.3倍、求人社数は290社という航空業界の就職に非常に強い専門学校です。

入学から卒業まで徹底的な就職サポートを行っており、ほぼ毎月のように就職関連のガイダンスや進路調査、校内企業説明会や校内企業説明会などが行われています。
内定後も個別対応を行っており、学生が望む企業に就職できるようなサポート体制が常に整えられています。
大阪航空専門学校をチェックする

日本航空大学校 石川能登空港キャンパス

日本航空大学校 石川能登空港キャンパスは、抜群の就職実績を誇る学校です。

なんと、開校以来毎年就職率100%を達成しており、就職希望者全員が就職内定を達成しています。
航空業界を代表する企業が年間約70社来校し、キャンパス内で企業説明会を実施しています。

また全国で唯一、学内で大型機の実習ができることも大きな特色です。
機体格納庫や実習場など充実した設備と広大なキャンパスを有しており、隣接したのと里山空港と滑走路を共有しています。
国産大型機YS-11を4機、大型ヘリコプターS76を2機保有しているため、全国で唯一、学内での大型機の実習も行われています。

航空系の学校として、申し分ない進学先と言えるでしょう。
日本航空大学校 石川能登空港キャンパスをチェックする

まとめ

今回はパイロットになる方法や年収、費用、将来性やおすすめの専門学校について紹介してきました。

パイロットは実務経験を積まないとなることができない職業でありますが、年収が非常に高く、今後の将来性も非常に高いことからとても人気のある職業です。今回ご紹介した大阪航空専門学校に興味の出た方はぜひ一度パンフレットを請求してみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
大阪航空専門学校をチェックする

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種