【高校生必見】パイロットになるには | 大学や社会人からでもなれる?費用、年収、おすすめの専門学校について紹介!

【高校生必見】パイロットになるには | 大学や社会人からでもなれる?費用、年収、おすすめの専門学校について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

パイロットになるにはどのような方法があるのでしょうか?
なかなかパイロットになるにはどうすればいいのかというのは自分で調べないと出てこない情報でもあります。

そこで今回はパイロットになるにはどのような方法があるのか、大学や社会人からでもパイロットを目指すことができるのかなどについてご紹介していきたいと思います。

パイロットを目指したい方はもちろんのこと、パイロットになるにはどのような方法があるのか知りたい方はぜひ本記事を最後までご覧ください。

パイロットになるには

パイロットになるには国土交通大臣の技能証明を受けて指定の資格を取得する必要があります。
原則として事業用操縦士、自家用操縦士、定期運送用操縦士の3つがあり、それぞれ操縦できる範囲などが定められていて、エアラインパイロットになるには定期運送用操縦士の資格が必要とされます。
飛行訓練が必要となるので、学校に入学するのが一般的です。
パイロット養成課程などがある大学に進学し、事業用操縦士の免許を取得してから航空会社に就職するという選択肢もあります。

なので、パイロット養成課程のある大学以外では大学から直接や社会人から直接パイロットを目指すことはできません。
大阪航空専門学校をチェックする 大阪航空専門学校の資料を請求する

パイロットに求められるもの

パイロットに求められるものとしてまず「健康な体」があります。

パイロットになる際はもちろんですが、なってからも定期的に健康診断があり、基準を満たさないとパイロットを続けることができなくなってしまいます。
また飛行中には悪天候など様々なトラブルがあり、そういったトラブルにどう対処するかを瞬時に決めなければならないので、実行力や決断力が不可欠となっています。

さらに操縦をしながらでも他の事に目配りができたり、危険に気づく能力も求められるので、適性検査でもこういった部分がチェックされます。
大阪航空専門学校をチェックする

パイロット養成課程のある学校の費用は?年収は?

パイロットを目指す学校の費用は大学で短大ではおよそ年間80万円から300万円程度と言われており、専門学校は1年間で112万円から130万円程度と言われています。

また年収についてですが、パイロットの平均年収は1530万円と言われており、平均年収一位の職種となっています。
全職業の平均年収は441万円となっていることから考えると3倍近い年収であり、夢のある職業とも言えます。
しかし全日本空輸日本航空の大手2社と格安航空会社では年収にかなりの差があるので、その点には注意するようにしましょう。

ちなみに近年では格安航空会社が台頭してきたことによって国の政策として成田空港や羽田空港整備拡張して国際線の発着数を増やしているという傾向もあるので、パイロットの人数は今後増えていくと考えられており、機長になれるのは40歳前後と専門性の高い仕事でありますが、将来的に安定性が高い職業と言われており、2030年には全世界の2010年の約2倍越えの98万人のパイプとか必要になると見込まれていることから、非常に将来性の高い仕事と言えるでしょう。
大阪航空専門学校をチェックする

パイロットになるのにおすすめの専門学校

大阪航空専門学校は、学生の自主性を尊重し、即戦力となる人材を育成することで、社会に貢献するという教育理念のもと、教職員個々の自己研鑽により時代に即した各分野の専門的知識を授け、社会人基礎力を向上させることで会社にとって活かせる人材を育成し、社会に輩出することを目標としている素晴らしい学校です。

飛行機・ヘリコプターの操縦士免許取得を目指し、教官によるマンツーマンの指導やプロのパイロット、その他の領域で活躍できる人材を育成することを目標としています。

大阪航空専門学校は就職率100%、航空業界への就職率92.6%という圧倒的な就職実績を誇っています。
求人数は2020年度は7650件、求人倍率37.3倍、求人社数は290社という航空業界の就職に強い業界会社と専門学校となっています。
入学から卒業まで徹底的な就職サポートを行っており、ほぼ毎月のように就職関連のガイダンスや進路調査、校内企業説明会や校内企業説明会などが行われています。
内定後も個別対応を行っており、学生が望む企業に就職できるようなサポート体制が常に整えられています。
大阪航空専門学校をチェックする

まとめ

今回はパイロットになる方法や年収、費用、将来性やおすすめの専門学校について紹介してきました。
パイロットはなかなか実務経験を積まないとなることができない職業でありますが、年収が非常に高く、今後の将来性も非常に高いことからおすすめな職業です。今回ご紹介した大阪航空専門学校に興味の出た方はぜひ一度パンフレットを請求してみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
大阪航空専門学校をチェックする

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種