学科情報詳細

上級調理技術科 フランス料理・イタリア料理専攻
  • 技術だけでなく、西洋料理が生まれた
    風土や歴史、その土地の食材を理解する。

    【うま味を引き出す「技」を習得】
    西洋料理専攻ではフランス料理とイタリア料理を中心に学習をします。
    フランス料理では古典から現代までの高度な技術を体系的に学び、理解を深めます。オードブルからメイン料理まで段階的に学習しながら、古典フランス料理から真空調理・減圧調理など現代フランス料理の高度な技法もマスターします。実践実習室であるレストラン メルキュレーを活用したフランス料理のランチ・ディナーをオペレーション形式で学び、実践力を養います。イタリア料理では、特殊素材を取り扱う高度な料理や地方料理を体系的に学びます。イタリアの風土と料理の関係を地方別に学びながら、食材の扱い方や調理法を深く理解することはもちろん、カフェ・レストラン イル・ヴィアーレでの実践を通して調理とサービスの連携を実践的に学ぶことができます。
    フレンチ・イタリアンとも季節ごとのメニューを通して、仕込みのオペレーションと高度な調理法をマスターすることで、どの現場でも即戦力となる人材を育成しています。


    ●Point1 基礎の徹底
    調理現場で求められる食品を扱う上で必要な食品の衛生安全管理を徹底指導。

    ●Point2 充実の校内施設
    宴会や披露宴などを想定した調理を、校内施設で実践。

    ●Point3 特別授業の開講
    第一線で活躍する料理人を講師に招き、特別授業を実施。

卒業後の主な進路

・調理師 ・料理人(シェフ・コック・板前) ・料理研究家 ・フードコーディネーター

修業年限

昼間部2年制

他の学科
  • 上級製菓 製パン科

    「独創性」と「繊細さ」を両立させる。

    調理師科 総合調理コース

    「調理師」資格取得への最短距離。 基本を徹底して学び、即戦力を高める。

    上級調理技術科 日本料理・すし専攻

    「人間力」の高い料理人を育てる。

他の人はこんな学校も見ています