メッセージ

  • 多様性とコミュニケーションの大切さを知りました

    安藤 敏貴さん

    安藤 敏貴さん(卒業生)

    株式会社そごう・西部 オーダーサロン
    【ファッション科卒業(2015年度) 神奈川県立旭高等学校出身】

    オーダーメイドのスーツを作る仕事では、お客様との適度な距離を保ち、時間をかけて一つのものを作りあげます。
    学校では国、文化、感性が違う学生同士で過ごすことが多くありましたので、その経験が今の仕事に活かされていると感じます。
    将来は自分のブランドをつくる夢がありますので、目の前の仕事を頑張りたいと思っています。

    全文を見る
  • デザインを手がけた雑貨が全国販売されます

    向後 美波さん

    向後 美波さん(卒業生)

    株式会社逸品社 デザイナー
    【総合デザイン科卒業(2018年度) 神奈川県立横浜清陵総合高等学校出身】

    学校では色々なものに触れる機会があり、自分好みの視点から、学ぶうちに「売れるものとは」というビジネス視点に少しずつ変わりました。
    現在の商品企画の仕事では強く意識しており、手がけた雑貨が全国販売されることになりました。
    これからも多くの人に手に取ってもらえるものをつくりたいです。

    全文を見る
  • イラスト雑誌で特集を組んでもらえました

    蛭間 千絵里さん

    蛭間 千絵里さん(卒業生)

    イラストレーター
    【マンガ科卒業(2012年度) 私立旭丘高等学校出身】

    卒業してからイラストレーターとして仕事を始められたのは、学校にプロが使用する設備環境が整っていて、マンガやイラストを描くことができたことが大きかったです。
    最近はイラスト雑誌に作家として特集を組んでもらいました。自分の作品が世の中に出た時の喜びは大きい仕事です。

    全文を見る
  • 実践課題でスキルアップ

    末吉 兼人さん

    末吉 兼人さん(卒業生)

    株式会社ビルボ デザイナー
    【総合デザイン科卒業(2019年度) 神奈川県立逗葉高等学校出身】

    産学連携課題は、コンペでの作品採用に向けて、制作からプレゼンまでの一連のやりとりを学べる貴重な経験でした。
    考えすぎて制作が遅くなりがちだった自分でしたが、限られた時間の中で新しいアイデアをカタチにできたことで、成長した気がします。
    将来はコンセプトをはっきりとカタチにできるデザイナーになりたいと思っています。

    全文を見る
  • 心も成長した2年間

    髙橋 花さん

    髙橋 花さん(卒業生)

    株式会社キャン ショップスタッフ
    【ファッション科卒業(2020年度) 神奈川県立逗子高等学校出身】

    私が落ち込んでいた時、先生が優しい言葉で励ましてくれたことを忘れません。
    いつも学生に親身に接してくれる先生との関係性が学校の魅力だと思います。
    社会はお互いに理解し合うことや、人と人とのつながりを大切にするところだと思います。
    技術も学びましたが、心も成長した2年間でした。

    全文を見る
  • 本気で学ぶ人に応えてくれる学校

    数藤 美優さん

    数藤 美優さん(卒業生)

    イラストレーター
    【マンガ科卒業(2019年度) 横浜デザイン学院高等課程出身】

    マンガやイラストの制作は、一人で集中してやることが多いですが、学校では人に見てもらい、意見を聞く機会が多く、ハッとすることが沢山ありました。
    在学中にWebの雑誌にデビューできたのもアドバイスしてくれる先生がいたからだと思います。
    本気で学ぶ人に応えてくれる学校だと思います。

    全文を見る