【2022年最新】ビッグデータって何? | メリット、身近な活用事例を簡単に紹介!

【2022年最新】ビッグデータって何? | メリット、身近な活用事例を簡単に紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

「ビッグデータ」という言葉を聞いたことはありますか?
ビッグデータは大量のデータという意味だけではありません。

ビッグデータとは

ビッグデータとは次の3つの要素からなるデータです。
データの量(Volume)、データの種類(Variety)、入出力や処理の速度(Velocity)です。
ビッグデータは3つのVが重要な要素です
様々な形をした、様々な性格を持った、様々な種類のデータのことを指します。

ビッグデータを活用するメリット

ビッグデータの活用でこれまで集約できなかったデータを扱えるようになりました。
同時に、様々なデータ同士を掛け合わせることも可能になりました。
これにより、 今までにない新たな視野の有益なデータが創出されるようになりました。新たなシステムやビジネスが次々に生まれています。
ビッグデータが学べる学校はこちら

ビックデータの活用例

ビッグデータの活用範囲は非常に広く、
・高精細かつ膨大なサンプリングで改名する巨大科学・研究。
・新型コロナが地域経済に与える影響を可視化する政府のV-RESAS。
・地域の産業、人々の暮らしを支援する行政のオープンデータ。
・企業の新たなビジネスの創作するビジネスインテリジェンス。

など多岐に渡ります

防犯カメラ

防犯カメラは膨大なビッグデータを集める手段として注目されています。
以前は映像を記録するだけのものでした。

しかし、現在では
「手に取ってすぐ店に戻したもの」
「かごに入れたけど棚に戻したもの」
など購入至らなかった商品のデータ分析に使われています 。

N システム

Nシステムは「自動車ナンバー自動読取装置」のことです。
これは警察が設置した監視システムです。
走行中の車のナンバーを全て読み取ると同時に手配車両のナンバーと照合します。
このシステムは犯罪捜査だけではなく、渋滞の予測やドライバーへの警告などにも利用されています。

IC チップ付きの交通カード

駅の改札で使うICチップ付きの交通カード(Suicaなど)です。
このカードは利用客が電車に乗る際の支払いに使われるだけではありません、
タッチした際の情報が、鉄道会社に送られ、自社内システムで利用されています。

これらのカードを使って買い物をすると、誰が何を何回買ったのかがわかります。
これらが、自動的にビッグデータとして蓄積されていきます 。

選挙速報

選挙速報でよく見る出口調査も、ビッグデータの例と言えます。
出口調査は投票所から出てくる人に誰に投票したかを聞いて行います。

調査対象者は無作為に選ばれますがその数は調査投票区の人口密度で決まってきます。
最近では出口調査による予測よりもかなり前に選挙結果を予測できます。
ヤフーは、2013年の参議院議員選挙の結果を驚異的な精度で予測しています。 Yahoo 検索のデータや過去の投票数の結果などから選挙予測を行っています。

データドブリン導入プロセス

データドブリンとはデータの収集分析を行い、そのうえで様々な課題に対して判断、意思決定を行うことです。

データの収集蓄積

データを収集し蓄積する基盤が必要です。
企業の業務システムや基幹システム、 Web サーバー サーバー、IoTデバイス、外部サービス、他社ツールなどから収集するのが一般的です。

データの可視化

膨大なデータの中の内容を、客観的に把握する必要があります。
そのため、情報を整理し、可視化します。

データの分析解析

それぞれの問題に応じて分析解析を行います。
最大最小値といった定量的なデータから、変化や傾向までのデータを導き出します。

なぜビックデータが普及したのか

ビッグデータが普及したのは、コンピューターやインターネットの発達です。
具体的には、「三つの流れ」があります。

第一の流れは「データのデジタル化とコンピューターの高速化」。
第二の流れは「インターネットの発展」。
第三の流れは「ビッグデータ時代の始まり」です。

第三の流れに拍車をかけたのが、Hadoobpと呼ばれる技術です。
大量のデータを複数のマシンに分散して処理できるプラットフォームのことです。
これによりペタバイトレベルのデータの超高速処理が可能になりました。
Hadoobpの登場で、大量の情報を低コストで分析することができるようになりました。
ビッグデータが学べる学校はこちら

まとめ

ビッグデータとは様々な種類によって構成された巨大なデータ群のことです。
ビッグデータを活用することで、意思決定に必要な情報がえられます。
これによって、高精度の予測を行うことが可能になりました。

ビッグデータは様々な課題解決に用いられています。
今や、データの利活用は、ビジネスの成功を左右する大きな要素になりつつあります。

将来性のあるビッグデータについて学ぶためにも、自分に合った専門学校や大学を見つけてみてください。
ビッグデータが学べる学校はこちら

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種