【高校生必見】ドローンパイロットになるには? | 仕事内容、将来性、年収について紹介!

【高校生必見】ドローンパイロットになるには? | 仕事内容、将来性、年収について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

2010年代から普及し始めたドローンは、空の産業革命とも言われています。
レースから空撮、農業、建築、物流、災害対応など幅広い分野で活用されています。

ドローンパイロットとは

ドローン操縦士(ドローンパイロット)とは、ドローンを操縦する仕事です。
無人航空機・ドローンを使って、様々な業界の業務をサポートする仕事です。

ドローンは、個人用の小型ドローンから、大きいものまであります。
大きいものは、産業・軍事用の巨大ドローンまで色々なものがあります。
ドローンの操縦士は、求められる状況に応じて、様々な業界の業務に貢献します。

ドローンは普及して間もない技術です。
そのため、現時点では、プロのドローン操縦士の数はそれほど多くありません。
これからさらに開拓されていく分野です。
需要もますます伸びていくことが予想されるので、将来性の高い仕事と言えるでしょう。
ドローンパイロットになれる学校はこちら

ドローンパイロットの仕事内容

ドローンは、ラジコンのようなリモコンを使い操縦をします。
プロのドローン操縦士として、高い操縦技術が求められるのはもちろんです。

ドローンパイロットは、ドローンに関連する法律知識も求められます。
ドローンは、どこででも飛ばせるものではありません。
飛行に許可が必要だったり、絶対に飛ばしてはならない場所が存在したりします。
そのため、ドローン操縦士としては知っておくべき法律や規制もあります。
必ずそれらを守る必要があります。

また、ドローンは、現在幅広い産業での活用が進められています。
その代表例をいくつかご紹介します。

農業

農業分野では、農薬散布にドローンが活用されています。
農薬の入ったタンクを、ドローンに積み、広い農場に農薬を散布します。
大幅な業務効率化に繋がっています。
農場の範囲を、プログラミングし、自動散布する技術も進んでいます。

建築

高層ビルや橋梁、工場など、人が容易に点検できない場所にドローンを飛ばします。
建物の亀裂や、傷の状況を点検するのにドローンが活用されています。
高機能のカメラを搭載し、高所や狭所などの建物の状態を確認できます。
カメラを搭載したドローンを使うことで、人の目と同じように確認できます。
また、高温だったり有害物質があったりする危険な場所でも対応できます。
人の安全を確保する上でもドローンは有益です。

測量

センサーやカメラを搭載したドローンで空間の距離を測る測量の技術もあります。
従来の測量手法よりも、広範囲をカバーできます。
そのため、ドローンは業務効率化に貢献しています。
またドローンで撮影したカメラで3D モデルを作成することもできます。
そのため、測量後の業務フローの効率化にも繋がります。

物流

離島に物資を届けたり、住宅街に宅配したりとすることが研究されています。
物流面でのドローンの活用が現実化しつつあります。
将来的にドローンから荷物を受け取るようになる可能性があります。

災害対応

ドローンで被災状況を確認したり、 建物の崩壊状況を確認したりします。
津波や土砂崩れなどで、入ることが難しい場所にもドローンを活用します。
このように、災害対応にもドローンが用いられています。
また緊急物資を届けるのにドローンが使われることもあります。

空撮

テレビ番組やCMなどの空撮映像の撮影でもドローン操縦士が活躍しています。
地上カメラでは表現できないダイナミックな映像でクリエイティブに貢献します。
ドローンパイロットになれる学校はこちら

ドローンパイロットになるには

現時点ではドローンパイロットに必須の資格はありません
民間資格として「ドローン検定」や「JUIDA無人航空機操縦士]などがあります。
今のところドローンの技術を証明することは民間資格だけです。

2022年12月ドローンの操縦ライセンスが 国家資格として導入予定です。
これまでの民間資格と、共存する予定となります。
今後は、国家資格であるライセンスを取得する必要が出てくる可能性があります。
国家資格を取ると、ドローンを飛ばすための手続きが楽になる予定です。
国家資格についてはまだ検討段階であるため最新情報をチェックしていきましょう。

ドローンを安全に操縦するには操縦技術や関連法律など専門知識が必要です。
そのため、ドローンの専門学校でスキルを磨くのがよいでしょう。

そのうえで、ドローン操縦士を募集する企業に就職するのが一般的と言えます。
ドローン操縦士としての実績を積みましょう。
さらに、独立してフリーランスとして活躍することも期待できます。
ドローンパイロットになれる学校はこちら

まとめ

ドローンパイロットの求人は決して多いとは言えません。
しかしその需要は急速に高まっています。
そのため将来性は大いに期待できます。
ドローンに興味がある方の将来の夢を応援します。

ドローンパイロットになれる学校はこちら
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種