【高校生必見】美容業界で成功するには? | 美容師が開業して成功するまでの流れを紹介!

【高校生必見】美容業界で成功するには? | 美容師が開業して成功するまでの流れを紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

この記事では、美容業界の今後について徹底解説します。

美容師は、常に小学生女子のなりたい職業ベスト10に入っています。
ただし、美容師は開業したからといって必ずしも成功するとは限りません。

実際には、毎年8000件の美容室が廃業しています。                       
今回は美容師の開業における成功のポイントについて紹介します。

美容業界で成功するには?

美容師が安定して経営を続けるためには、ポイントが多々あります。
これを、おろそかにしてしまうと失敗する確率が非常に高くなります。        

美容室は開業、廃業を繰り返すという現状です。実際に、美容室は毎年1万軒が新しく開業し毎年8000軒が廃業しています。           

一年で2000件の美容室が増える一方で、8000件の美容室が廃業しています。       
開業して1年以内に廃業する美容室の割合は38%、3年以内は62%、5年以内は74%です。                                     

経営能力の必要性

美容師はクリエイティブで職人的な職業です。
主な業務はお客さんに、最適なヘアスタイルを提供する事です。

特に腕に自信がある美容師は、ヘアスタイルに関する知識を豊富に持っています。
自分の世界観を表現することを得意としています。

ところが美容室を開業すると、お店を長期的に運営営業する経営能力が求められます。
美容師の仕事と経営の仕事は全く別物です。

どんなに腕の良い美容師でも開業してすぐに経営的な力は発揮できません。
美容室経営は美容技術だけでなく美容室経営ノウハウも必要になってきます。
経営の知識がなければ開業した美容室を維持していくことはとても難しくなります。
美容師になれる学校はこちら

美容室の開業前に必ず知っておきたいこと

これらの失敗ケースから、美容室を開業するには、美容師の腕だけでは難しいです。
確実に成功させるため、美容室を開業する前に知っておくべきことがあります。

資金調達について

美容室を開業する際には、ある程度のまとまった開業資金が必要です。
通常は、開業するということはゼロの状態から始めることになります。

店舗となる物件取得費用美容室の内装施工費用美容器具などの資金調達が必要です。
最初からすべての資金は自分で用意するのは難しいかもしれません。

金融機関から融資を受け美容室を開業した後、その売上から返済するのが一般的です。
もちろん確実に返済能力があると判断されなければ金融機関は融資をしてくれません。
そこで金融機関に事業計画書を提出することになります。

事業計画書の内容は、主に以下の通りです。

①創業動機や経歴
②サービスの内容や取り扱う商品を具体的に書く
③取引先は取引関係を具体的に書く
④スタッフの状況
⑤設備費用や運転費用など必要な資金
⑥創業から軌道に乗る後までの事業の具体的に数字でシュミレーションする

どのような美容室にしたいかをイメージしながら書くと良いでしょう

市場調査の重要性

次に美容室の候補地を決めるための市場調査を行います。
今後の全ての方向性は候補地によって決まります。

契約したら後戻りはできませんので、テナントの候補地を決める市場調査は重要です。
市場調査とは開業する候補地の売上市場や現状をデータ化します。
これから美容室を開業して行っていいかどうかを把握するための調査です。

市場調査が済んだら物件情報を入手します。そして、物件を契約します。

各種届出の 手続き

美容室の開業には様々な手続きが必要です。
手続きには時間がかかります。
そのため届出でオープン日を遅らせるとならないようにします。
オープン日から逆算して計画的に進める必要があります。
美容師になれる学校はこちら

美容業界の今後について

厚生労働省「平成27年生活衛生関係営業経営実態調査」に、「経営上の問題点別施設数の割合」を調べたデータがあります。
これを見ると79.9%が「客数の減少」を課題に挙げています。

続いて「施設設備の老朽化」が35.2%「客単価の現象」が26.8%です。
目指すべきは多くの顧客を獲得することです。

重要なのは来店動機となる口コミです。
予約を入れる際、検索予約サイトやアプリのオンラインサービスを使用しています。
サイトには実際に美容室を利用した方の口コミが掲載されています。

お客様は、口コミを見て評判良さそうな美容室を予約するのです。
そのため、口コミで高評価の美容室になるには清潔感と居心地の良さが必要です。

また、従業員が楽しく働いてくれるかも重要です。
明るく良好な職場環境であればお客様にとっても居心地の良い店舗となります。
美容師になれる学校はこちら

まとめ

美容室の年間売上高は堅調に推移しているものの店舗間の競争が激化しています。
インターネットを上手に活用し効果的な集客につなげることも常識となっています。

サービスの多様化に伴い、最近のトレンドを抑えた施術サービスの提供が必要です。
お客様の満足を得て、客単価をあげて、競争に勝っていかなければなりません。
美容師を目指す皆さんが成功することを応援しています。
美容師になれる学校はこちら

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種