ビジネス系専門学校って何が学べるの?🤔

ビジネス系専門学校って何が学べるの?🤔

「ビジネス系」と言われても、あまりピンと来ない人も多いと思います。

ですが、選択肢の一つとして人気のビジネス系専門学校。
「どんなところなんだろう?」「何が学べるんだろう?」と気になる方も多いでしょう。

今回はビジネス系専門学校ってどんな所?などの点について、一緒に見ていきましょう!

そもそも「ビジネス系専門学校」とは?

世の中には多くの専門学校があるのに、その中で「ビジネス系」とは?と思う人も多いでしょう。

ビジネス系専門学校とは、ビジネスに必要とされる多様な技術を取得するための学校のことです。

一般的には、事務、IT、簿記、経理、販売、外国語など。色々な資格を取得したり、スキルを磨いたりして、就職、もしくは来る転職を有利に進められる様にしよう、という学校です。

ビジネス系専門学校ってどんなところがある?

筆頭には、「本気になったら大原」のCMで有名な大原専門学校があります。

特に大原は大原情報ビジネス専門学校、大原簿記学校、大原法律専門学校など、ジャンルに合わせて多くの種類があります。

また、企業が技術者を育成するために運営されている専門学校や、情報、メディア系の専門学校、経営、会計などの学校もあります。その数は全部で100を下りません。150を超えるかもしれません。

ビジネス系専門学校の学費は?

まずは受験料に1校あたり1万円から3万円ほどかかります。

また、1年目は入学金、学費合わせて100万円ほどかかります。これは、授業料だけでなく、実習費、設備費用などの出費が多くなるからです。

もちろん、2年目以降は入学金がなくなりますから、1年にかかる金額は20万円ほど安くなります。
「高っ!」と思うかも知れませんが、これでも4年制の大学よりはかなり安いです。

ビジネス系専門学校には何年通う?

基本的には2年のところが多いですが、医療系の学校になると、3年間になることもあります。

奨学金を活用しよう!

国、自治体、民間企業の奨学金

「日本学生支援機構」って聞いたことありますか?

国の独立行政法人で、奨学金の事業をしています。公的な奨学金で、組織としてはとても安心。
国家予算や、過去の卒業生の返還金によって運営されています。

「第一種」は利息なしで返せる奨学金で、「第二種」は利息が発生するものです。それぞれ学力や、家計のレベルなどで借りられる金額が異なります。

もちろん借金なので、長い期間つきまとう物でもあります。しっかりと吟味して選ぶ様にしましょう。

また、都道府県や地方自治体の奨学金もあります。

学校独自の奨学金

奨学金には「給付型」と「貸与型」があります。

給付型は、文字通りお金が貰えるもの。返済の必要はありません。貸与型は借金なので、返済の必要があります。
また、学費一部免除、全額免除などの規定もあるので、確認してみてください。

ビジネス系専門学校で学べること

こんなことを言ってしまうと元も子もないですが、学校によって全然違います。

これは、もちろんジャンルが全然違うというのもそうですが、同じジャンルであっても、例えば同じ「情報」という単語がついた専門学校であっても、
その学校によって、学べることは全く違うんです。

ですが、どの学校にも共通しているのは、資格を取得して、多様な技術を積み上げ、ビジネスの世界で即戦力として活躍できるようにするのを目指しているということ。

「ビジネス系専門学校」は別名、「総合専門学校」とも呼ばれます。

「これだけでいいや」「他のことは興味ないや」では、今の時代は生き残っていくことは難しいと言えます。

専門学校でも、幅広い知識が要求されます。

もちろん、一つの技術を100目指して磨いていくのは、とても大事なことです。ですが、いろいろなことを60にすることも、とっても大事なことなんです。

ですから、例えば自動車の知識を学びながら、英語の授業がある学校もあります。

ビジネス系専門学校のまとめ

いかがでしたか?

ビジネス系専門学校は、世界で羽ばたく事のできる可能性を育める場所です。

自分の将来に向けて、一つの選択肢に入れてみてください!