ゲーム会社に就職するのにおすすめの学校は?🎮

ゲーム会社に就職するのにおすすめの学校は?🎮

今や私たちの生活に欠かせないものとなった「ゲーム」。
たまには利用するだけでなく、開発する側に回りたいと思っている人もいるのでしょうか。

そもそもゲーム業界ってどんな仕事があるの?

ゲーム作りを監督する側

ゲーム作りを監督する仕事としては、
ゲームのコンセプトを考え、それを形にする「ゲームプランナー」と、
スケジュールの管理、製作者の監督が主な仕事である、ゲーム作りの現場監督「ゲームディレクター」と、
予算やスケジュールや広告の打ち方など、全体を見て管理するのが「ゲームプロデューサー」があります。

実際にゲームを作る側

ゲームのストーリーを作る「ゲームシナリオライター」と、
ゲームを実際に形作る「ゲームプログラマー」と、
ゲーム内のキャラクター、背景などのグラフィックを作る「ゲームグラフィックデザイナー」で、
BGMや効果音を作る「サウンドクリエイター」などがあります。

高卒でゲーム会社に就職するという方法

高校を卒業した後すぐにゲーム制作会社に入社する人もいます。
ゲーム会社の中には、ゲーム作りの研修を丁寧にしてくれるところも多いでしょう。
そこで勉強すれば、高卒でも十分にゲーム会社に就職できます。
ですが、そもそも「就職する際にハードルが高い」という点と、
「経験者と一緒にゲームを作らなければならない」という点と、
「すべてのことを働きながら覚えなければならない」という点から、
専門学校、大学から進学する人より不利になってしまいます。

大学を卒業してからゲーム会社に就職するという方法

普通の大学、短大からゲーム制作会社を目指す人もかなり多くいます。
まず、大手企業に就職することを狙っているなら、圧倒的に大学に進学するべきです。大手企業は、ゲーム制作の技術はもちろんのこと、総合的に物事を俯瞰する力、そしてクリエイティブな能力を求めている場合が多いでしょう。
ですから、どちらかというと「実際にゲームを作る側」よりも、「ゲーム作りを監督する側」としての仕事の方が多いと思います。
もちろん一筋縄ではいきませんが、うまくいけばゲームディレクター、ゲームプロデューサーの職に「出世」も見えてきます。常に広い視野を持って動けるのが、大卒のアドバンテージであると広く認識されています。

専門学校に通うという方法

専門学校に通えば、ゲーム関連のすべての職種を目指すことが可能です。
例えば「プログラミングを中心的に教えます」という学科や、「企画を中心的に教えます」という学科、「グラフィックを学びましょう」という学科など、分野に合わせて学科が用意されています。これは大きな魅力ではないでしょうか。
また、個人では学びにくい技術を教えてくれます。例えば、C言語など。
コンピューターの世界では超ポピュラーな基本言語ですが、自由に使いこなせるという人はほとんどいないのではないでしょうか。
また、グラフィックアプリの使い方や、コンシューマハード(家庭用ゲーム機)の開発機材を使い、ソフトを作らせてもらえる場合もあります。
また、同じ目標を持った人が集まるため、お互いを意識しながら切磋琢磨し合えること、
情報を共有することで、自分の将来の選択に役立てられること、
独学では一人でゲームを作っていかなければなりませんが、
専門学校ではチームでゲームの制作ができるというのも、強みなのではないでしょうか?
そして、ゲーム業界のコネクションも大きいといえます。就職のハードルがうんと下がります。

良いことばかりじゃない

大前提として、専門学校には当たりもハズレも大きいといえます。入ってみたら、自分とは全く合わなかった…なんていうことも。
資料請求したり、オープンキャンパスに参加するなどし、事前にしっかりと情報を集める様にして自分に合った専門学校に進学するようにしましょう!