【保育士になるには】短大と専門学校どっちがいい? | メリット&デメリット、保育で有名な短大を紹介!

【保育士になるには】短大と専門学校どっちがいい? | メリット&デメリット、保育で有名な短大を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

短大と専門学校どちらに進学するか悩んでいる方は多いと思います。

そこで今回は短大と専門学校のメリット、デメリットをご紹介しつつ保育で有名な短大などについてもご紹介していきたいと思います。

おすすめの大学・専門学校を探してみる

専門学校のメリット&デメリット

専門学校のメリットはやはり「学べるジャンルが幅広い」ということでしょう。

大学や短大にはない学科や専攻を設けている学校も多く、その点は専門学校ならではのメリットと言います。

実習など実務に直結する教育内容が魅力であり、就職後の実務に直結する知識や技術が学べるように実習施設が充実していたり、現場のプロが教員を務めていたりすることも魅力です。

また専門学校は特定分野への就職を目指す学生が集まるので、同じ目標を持つ仲間ができるというのも大きなポイントです。

短期間で効率的に資格取得を目指せるので、大学よりも効率的に資格を目指せることをメリットに感じている方も多いです。

しかし一方で在学中に軌道修正ができないというのは、専門学校のデメリットです。

途中で興味は目標が変わった時に軌道修正がしにくいです。

なにより自由な時間がないというのも専門学校のデメリットです。
毎日授業が詰め込まれているので、大学と違って自由な時間を取りにくいというのもありますし、何よりサークルが充実していないので、なかなか他の学科の方たちと関わることがないというのも専門学校のデメリットと言えるでしょう。
おすすめの専門学校を探してみる

短大のメリット&デメリット

短大のメリットはやはり2年間で集中的に学ぶことができるという点でしょう。

早い段階で社会に出ることができるので、学費を少しでも抑えたいという方、早く就職したいという方にお勧めです。

また、少人数でアットホームな雰囲気が魅力という声も多くあります。

大学と比べると短大は小規模で少人数のことが多く、そのぶん教員との距離も近く、高校時代と同じような学習環境が自分に合っていたという方も多いです。

また、地元での就職に強いのも大きなポイントです。

2年と短い学生生活なので、大学より学費総額は安くなっていますし、なにより地域に密着している短大が多いので、地元就職に有利な場合があります。

しかし一方で短大も専門学校と同じく、自由な時間があまりないというのがデメリットですし、て軌道修正こそ専門学校よりはしやすいものも、あらゆる分野を深く学んだり、将来について考えたりするには2年は短いという意見もあります。

何より一般教養などの科目も大学などと比べた場合は少し見劣りしてしまうので、色々と学びたいという方は大学に進学した方が良いかもしれません。
おすすめの大学・短大を探してみる

保育で有名な短大7選

ここからは保育で有名な短大について7つご紹介していきたいと思います。

貞静学園短期大学

貞静学園短期大学は専門知識や技術だけでなく、短大ならではの教養が身に付きますし、先生と距離が近いので何でも相談できるというのもおすすめポイントです。

また、同じ目標の仲間と真面目に楽しく頑張れる大学であり。伝統と実績がある学校だから実習にも非常に強いです。

アクセスが抜群で、都心の明るいキャンパスで落ち着いて学ぶことができるのでおすすめです。
貞静学園短期大学を詳しく調べてみる

フェリシアこども短期大学

フェリシアこども短期大学は保育だけでなく外国語についても学ぶことができるコースが用意されています。

3年間で幼稚園教諭免許状と保育士の資格はもちろんのこと、カナダのアシスタント保育士資格の取得を目指すコースもあり。語学力も向上させることができます。

国際子ども教育専攻科でも短期留学などを行い、語学力アップを目指すことができるので、外国について学びたいと考えている方にもお勧めできる大学です。
フェリシアこども短期大学を詳しく調べてみる

小田原短期大学

小田原短期大学は子どもの心を理解しながら、子供が成長できる環境の創造を目指すことのできる保育学科が用意されており、保育士を目指す方にとって非常に魅力的な環境が整っている大学です。
小田原短期大学を詳しく調べてみる

横浜女子短期大学

横浜女子短期大学の保育科も非常に魅力的です。

保育士資格や幼稚園教諭二種免許状はもちろんのこと、乳幼児応急手当認定資格やおもちゃインストラクター認定資格、食育インストラクター3級など様々な資格を取得することができるのが大きなポイントです。

外国語科目や保健体育科目なども設けられているので。様々な興味の知識欲を満たしたいという方にもお勧めできる大学のひとつです。
横浜女子短期大学を詳しく調べてみる

秋草学園短期大学

秋草学園短期大学では保育士を目指すことができます。

幼稚園教諭二種免許状や保育士資格、そして社会福祉主事任用資格を卒業と同時に取得できるカリキュラムが組まれているので、2年間で集中的に取り組みながら必要な免許資格を取得し、卒業後はすぐに即戦力の保育者として働くことができるというのも大きな特徴となっています。
秋草学園短期大学を詳しく調べてみる

埼玉東萌短期大学

埼玉東萌短期大学では実習をとても大切にしており、保育実習もちろんのこと、教育実習にも行くことができ、現場の保育者から様々なことを教わることができます。
埼玉東萌短期大学を詳しく調べてみる

植草学園短期大学

植草学園短期大学では子供との触れ合いの中での学びを大切にしており学内に子育て支援や教育実践センターがあり親子と遊び、子供と触れ合うことから学びをスタートすることができます。

キャンパスにある広大な森全体が様々な活動の場となっているので子供達と田植えや稲刈り、竹を使っての遊びや工作など自然を生かした活動ができます。また特別支援教育に関する学びも大切にしているので、障害のある子達などの保育の知識や実戦能力も養うことができます。
植草学園短期大学を詳しく調べてみる

まとめ

今回は大学と短大と専門学校どちらがいいのかについて説明するとともに、保育で有名な短大についてご紹介してきました。

短大は大学などと比べると2年や3年で卒業できるところが多く、集中的に実践的な力を養うための教育が行われている印象でした。

どの大学も魅力的な大学ですので、ぜひ本記事を参考に志望校を検討してください。

おすすめの大学・専門学校を探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種