高校生のうちにとっておいた方が良い検定資格

高校生のうちにとっておいた方が良い検定資格

受験や就職試験で重視されるものの一つに「資格」があります。

資格は、専門的な知識の証明のみならず、その分野の勉強をする意欲があることをアピールできます。

志望する専門学校・大学によっては入試の際に学科免除や加点をもらえることもあるのです。

また、AO入試や推薦入試の際にも他の人と差をつける事ができる一つのポイントでもあります。

まずは有名な資格をご紹介

英検(実用英語技能検定)

目安:準2級(高校中級程度)・2級(高校卒業程度)

将来的に履歴書にも記載できます。

英検1級を持っていれば授業料の免除がある専門学校などもあります。

TOEIC

社会人になり履歴書に書くというイメージも強いTOEICですが、

大学や短大、専門学校でも推薦・AO入試で出願の際にアピール要素となります。

学科試験がある学校では、定められたスコアを満たしている場合には英語科目が免除されることも。

漢検(日本漢字能力検定)

目安:準2級(高校在学程度)・2級(高校卒業程度)

英検と並んで馴染みのある漢字検定。大学入試などでは試験の一部免除や、加点などで有利になる場合も多いです。

数検(実用数学技能検定)

目安:2級(高校2年・数学Ⅱ数学B程度)・準1級(高校3年・数学Ⅲ程度)

数検は、英検・漢検と並んで多くの人が耳にしたことが有る資格でしょう。

特に2級以上を取得しておくのがオススメ!大学によっては入試で加点してもらえる場合も。

あると便利な資格

簿記検定

推薦・AO入試で優遇されることがあるのは「日商簿記」と「全商簿記」 です。

志望する大学の入試で簿記を活用した優遇制度があるかどうかを調べてみましょう。ちなみに、全商簿記のほうが合格率は高いですが、

大学生や社会人が取得するのは日商簿記です。

基本情報技術者試験

こちらの資格は、パソコンの仕組みからプログラムまで情報技術に関する基礎的な知識が問われます。

大学によってはこの資格を持っていれば、入試で優遇されます。また、基本情報技術者試験だけでなく、

下位資格の「ITパスポート試験」、上位資格の「応用情報技術者試験」といった資格所有者も優遇の対象となります。

注目の資格

ニュース時事能力検定(N検)

目安:準2級・2級

この検定は、時事問題を様々な視点から見て、的確に理解する能力を問われます!

問題は、検定日1ヶ月前頃までのニュースを5つの分野(政治・経済・暮らし・社会と環境・国際)に分類し、出題されます。

この資格を持っていれば、入試の際に学科試験が免除されたり出願書類で加点されたりすることも!

小論文などにも時事問題はよく使われるもの。身につけておいて損はありません!

 

資格は一度とったらそれきりでは有りません。

一度身につけた資格は必ずどこかで役立つことがあります。

入試や就職のためだけではなく人生を豊かにしたり、自分の可能性を広げるためにもどんどんチャレンジしてみましょう♪