【高校生必見】スポーツ業界で働くには? | どんな職種があるの?資格、学校、将来性について紹介!

【高校生必見】スポーツ業界で働くには? | どんな職種があるの?資格、学校、将来性について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

この記事は、将来スポーツ業界で働きたい高校生にお役立ていただけます。
以下、スポーツに関わる職業について調べていきます。

スポーツ業界の仕事紹介

スポーツ業界で仕事をするには、企業や店舗などに就職することが必要です。
以下どのような職種があるか紹介します。

プロスポーツ選手

プロスポーツ選手になるには、ある特定のスポーツで結果を残すことが必要です。
特定のチームに所属したり企業のスポンサーを付けて活動したりします。
日本だけではなく、国際的に結果を残す方もいます。

スポーツ用品メーカーで働く

学校卒業後、スポーツ用品を扱っているスポーツ用品メーカーに就職します。
大手のスポーツメーカーは新卒の就職先として人気です。

様々なスポーツ用品を扱っているスポーツ用品メーカーもあります。
特定の種目に限定して扱っている用品メーカーもあります。

営業職として働けば、得意なスポーツに関する知識を生かした仕事ができます。
営業が苦手という場合は事務職として働く方法もあります。
スポーツ用品の受・発注、請求書や領収書の発行、従業員の給与管理などをします。事務職の面からスポーツに関わることができます。

スポーツ用品販売店で働く

スポーツ用品店は、様々なメーカーで製造されたスポーツ用品を販売します。
学校卒業後、スポーツ用品店に就職します。

全国にチェーン展開している販売店の場合は、福利厚生が手厚い会社もあります。
複数のメーカーのスポーツ用品の最新作もいち早くチェックできます。
自分の趣味でスポーツを続けているという人にもおすすめです。

スポーツ雑誌編集者

スポーツ雑誌の編集者になるには、雑誌を編集する会社に就職します。
特集記事を組んだりインタビューを行ったりした結果、選手やチームに関する情報に関わる仕事がしたいという人におすすめです。

具体的には、読者に選手やチームの魅力が伝わるような情報を提供します。
ライターやカメラマンなど複数の職種と関わる必要があります。
調整能力に長けていたりコミュニケーション能力が求めたりする仕事です 。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、スポーツ技術指導が仕事です。
スポーツジムでマシンの使い方を教える。
フィットネスクラブでダンスのレッスンをする。
スイミングスクールで泳ぎを教える。
以上のような様々なスポーツ分野や場所で働いています。

スポーツインストラクターになるために特別な資格や必須の学歴はありません。
ジムやクラブなどの選考試験に合格して就職します。
民間資格がありますが、必須ではありません。ただし、資格を持っていれば就職に有利です。

一般的には大学や短大などを卒業した後、選考を受けます。
また、インストラクターの専門学校もあります。

スポーツプロモーター

スポーツプロモーターは、スポーツイベントや大会を企画・運営をする仕事です。
一般的にスポーツプロモーターになるにはイベント会社や広告代理店に就職します。
または、企業やスポーツ団体や行政機関に所属 します。
スポーツ業界で働ける学校はこちら

スポーツ関係の仕事の収入は?

スポーツ業界では一般的に収入が安定しない業種が結構あります。
プロスポーツ選手は、種目によっては選手として活躍できる方は限られています。

スポーツインストラクターは一流の方は年収1,000万を超える方もいます。
しかし、これはレアケースです。
以下、収入に関して安定したスポーツ業界の職種を紹介します。

収入が安定しているスポーツ関係の仕事

大手のスポーツメーカーは大企業です。そのため、就職先として安定した給料をもらえます。
メーカー勤務になれば、スポーツ用品やウエアの開発に関わる場合もあります。

また、イベントを企画運営してスポーツ選手をゲストとして迎えることもあります。
ただし、ネームバリューがあるメーカーほど競争率は高く、入るのも至難の技です。

スポーツ用品店も収入が安定しています。
特に様々なスポーツ用品を取り揃えた大型のスポーツ用品販売店は大企業です。

そのため給料が安定していて、福利厚生も整っています。
スポーツプロモーターは様々なイベントに関わります。

その収益が企業を成立させています。そのため収入が安定しています。
日本からスポーツがなくならない限り、とても安定した仕事です 。

フィットネスクラブのスタッフ・トレーナーも安定しています。
健康志向の強い日本では若者から高齢者までトレーニングを行う方が増えています。
そのため収入は安定しており福利厚生も整っています。
スポーツ業界で働ける学校はこちら

まとめ

スポーツ業界には様々な業種があります。
必ずしも収入が安定しているわけではありませんが、自分の好きなことを仕事にすることは代えがたい喜びもあるでしょう。

夢を叶えるためには、自分に合った進路や学校を見つけることが大切です。
皆さんの夢を応援しています。

スポーツ業界で働ける学校はこちら
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種