【2022年最新】クリエイターになるには? | 未経験からなれるの?必要な資格やスクール、将来性、年収について紹介!

【2022年最新】クリエイターになるには? | 未経験からなれるの?必要な資格やスクール、将来性、年収について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

クリエイターとは自分の持っているスキルを目に見えるものとして形にする仕事です。
その種類は様々ありますが今回はゲームクリエイターやデザイン CG などを主に用いるクリエイターについて深く紹介していきたいと思います。

未経験でもクリエイターになれる?

クリエイターには未経験からなることができるのでしょうか ?

まず結論から言うと、クリエイターには未経験からでもなることができます。その理由として職種によっては未経験者を積極的に募集しているというのと、基本的に クリエイターという職業は常に人材不足だからです。

慢性的な人材不足を抱えるので未経験でも積極的に採用している企業が多いです。
また、しっかりと技術を身につけてもらい活躍してもらうことでやりがいをもってもらい、長く勤めてもらうためにもしっかりと技術取得をサポートしてくれる企業が多いです。

面接の際に熱意が伝わり、やりがいを持って業務に取り組むことができれば、未経験でもクリエイターとして活躍することは十分にできます。
クリエイターを目指せる学校を探してみる

クリエイターの業務内容は?

ここからはクリエイターの中でもゲームクリエイターに絞ってご紹介していきます。

ゲームクリエイターは基本的に
・ゲームプランナー
・デバッガー
・プログラマー
・キャラクターデザイナー
・ディレクター

に分けられゲームプランナーはゲームの企画や構成を行い、ストーリーなどの設定も行います。
デバッカーはゲームのバグのチェックなどをプレイをしながら行います。

プログラマーはゲームプランナーやプロデューサーが作成した仕様に沿ってゲームのプログラミングを行います。

ゲームプログラマーには二種類あり、ユーザーの目に触れるフロントエンドプログラマーと主にユーザーの目に触れないサーバー上のやり取りを行うサーバーサイドがあります。

キャラクターデザイナーはゲームに登場するキャラクターや技のエフェクトなどを中心にデザインをしていきます。
特に3 D のゲームにおいては3Dモデルを作成する必要もあるので、キャラクターデザイナーの役割は非常に大きいです。
そしてディレクターです。
ゲーム制作の全てにおいて責任を負うプロジェクトの管理者で、ゲームに関する知識はもちろんマーケティングやチームのメンバーのマネジメント力も必要とされるので、非常に重要な役割です。

デザイン部門のクリエイターはコンテンツのデザインに係る全ての職業を意味します。
ファッションデザイナーやグラフィックデザイナーなど様々な種類がありますが、基本的にはデザインに関わる全ての職業をデザイナーと呼びます。

CGクリエイターはその名の通り専用のソフトを使ってコンピュータグラフィックスを作成する職種のことです。
業務内容としてはチームで役割分担を行いモデラーアニメーターなどの役割に分けてソフトを用いてあらゆる工程に集中して取り組むのが役目です。
求められるスキルとしてはモデリングのための観察力やデッサン力をはじめとしたカメラワークなどの映像に関わるスキルや、イラストレーターフォトショップなどのAdobe 製品を扱うことも必要とされます。
クリエイターを目指せる学校を探してみる

クリエイターになるために必要な資格や専門学校は?

クリエイターには様々な資格がありますが、担当する業種によって資格を取得することをおすすめします。
例えば、CGクリエイターなら「CGクリエイター検定」などが挙げられます。
その他にもマルチメディア検定など幅広い分野における知識が必要とされる資格は、就職の際にクリエイターとして優秀であることを証明できるので、ぜひ学習の指針の一つとして受験を検討してみてはいかがでしょうか。

クリエイターを目指す方には専門学校への進学をおすすめします。
クリエイティブなことをすべて学ぶことができる専門学校もありますが、クリエイターにはここでは紹介しきれないほど様々な種類があり、その全てを学ぼうと思うと、膨大な時間がかかってしまいます。
そこでクリエイターの専門学校の中でも、自身が目指したいクリエイタースキルに特化した専門学校を選ぶことをおすすめします。
クリエイターを目指せる学校を探してみる

クリエイターの将来性、年収は?

クリエイターの将来性ですが、近年隆盛を極めるIT業界においてクリエイターは切っても切り離せない存在になっており、非常に需要のある仕事ですので、将来性が非常に高いと言えるでしょう。

クリエイターの年収についてですが、ゲームクリエイターの平均年収は300万円から500万円と IT業界において平均的な数値となっています。

デザイナーの平均年収は300万円から800万円と非常に幅があります。
これはデザイナーと言う職業には様々な分野があり、一概にデザイナーの平均年収を出すことができないからです。

CGクリエイターの平均年収も300万円から500万円ほどと、一般的なIT企業の正社員の平均的な数値となっています。
しかしCGクリエイターは非常に需要が高く、将来性も高いので今後は平均年収の向上も期待できます。
クリエイターを目指せる学校を探してみる

まとめ

ここまでクリエイターの業種や平均年収や業務内容についてご紹介してきました。
クリエイターは今後さらに需要の高まる仕事だと思いますので、興味のある方はぜひ一度専門学校のホームページなどを見てみてはいかがでしょうか。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
クリエイターを目指せる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種